「高品質で、唯一利用料を想定内に収めてくれた」ことが導入の決め手 患者様の満足度向上に繋がった入院セットでスタッフの業務負荷も大幅軽減

投稿日 2021.08.10 / 更新日 2022.04.13
投稿者:森 章也

埼玉県狭山市で急性期病床54床、慢性期病床99床を有する精神科単科の狭山ヶ丘病院では、株式会社エランのCSセット(入院セット)を導入しています。精神科単科であり長期入院の患者様が多い狭山ヶ丘病院ならではの「洗濯や日用品の補充、管理」に関する悩みと、それを解決したエランのCSセットについて、総務課長の杉山義明さんにうかがいました。
※撮影時のみマスクを外していただきました。

かつては洗濯に日用品の買い物、持ち物管理、関係者全員が疲れ果てるシステムだった

エランのCSセットを導入する前は、どのように患者様の身の回りを管理していたのですか?

患者様が身に着ける衣服については、患者様やそのご家族が洗濯をしたり、ご家族が着替えを差し入れたりしていました。これは患者様にとっては大きな負担です。患者様全員が自分で洗濯をできるわけではありません。ご家族の協力が必要不可欠ではありますが、ご家族も病気であったり、高齢であったりするとご家族に迅速に対応していただくことは難しいケースも多々あります。ご家族がいない患者様もいらっしゃいます。

また体液や食べ物等で汚れた衣服は私たちが一次洗浄を行う必要がありました。一次洗浄で完全にきれいな状態になるわけではありません。ご家族が衣服を取りに来たりご本人が洗濯したりするまでの期間は、その衣類を病院で保管しなければならず不衛生になってしまいます。

患者様は「着替えがなくなるかもしれない」と不安を抱え、私たちスタッフは患者様の衣類の洗濯に追われる日々でした。


シャンプーや歯磨きといった日用品はどのように入手していたのですか?

当院の患者様は原則として現金を持つことができない規則ですので、入院する際に、貸金庫を作ってそこにお金を預けていただくことになっています。日用品の買い物が必要な場合は、貸金庫の残高の範囲内でスタッフが買い物代行をします。使用したお金の管理も私たちの仕事。患者様の日用品の買い物は頻繁に発生しますので、スタッフは患者様の買い物代行とお金の管理業務に多くの時間を割いていました。


患者様の私物の持ち込みにルールはありますか?

当院に入院していただく際は、患者様の安全を守るため、紐状のものや紐が付属したパーカー等の衣服、刃物は持ち込めない規則となっています。これらのアイテムは患者様の命を危険に晒します。したがって入院する際やご家族が衣服・日用品を差し入れる際に、病棟スタッフによる全品チェックが必須です。

エラン社のCSセットのサンプル
CSセットの一部。衣類やタオルを提供します。

エランのCSセットへのバナー

患者様やご家族の協力なしでも安心して暮らせる病院にしたい

エランのCSセットを導入した理由を教えてください。

単身者の患者様も多く、またご家族が高齢というケースも増えてきて、患者様とご家族の努力、スタッフによるサポートに頼って衣服を管理する仕組みは早晩立ちゆかなくなると感じていました。日用品の管理や、衣服等の差入れのチェックも然りです。スタッフの負担も大きなものですし、なによりも患者様の精神的なプレッシャーにもなっていました。私たちも、洗濯や買い物に時間を割くのではなく、患者様のケアに注力したいと考えていたことも大きいですね。

そこで定額で利用できるCSセットの導入を決めました。セット内容は入院中の衣類やタオル、日用品のレンタルサービス。CSセットを導入すれば、衣類の洗濯や着替えの差入れ、日用品の買い物は不要になります。入院する患者様全員がゆとりをもって暮らせる病院、そしてスタッフがゆとりを持って働ける病院にしたいと考えてのことです。


エラン以外の選択肢はありましたか?なぜその中からエランを選んだのでしょうか?

衣類や日用品を組み合わせた入院セットを取り扱っている業者は複数ありました。しかしながら私たちが想定する利用料金内で、希望した条件を満たすことができるのはエランさんだけでした。一人当たりの着替えの数量や、バリエーションの多さ、日用品の品質などの当院が示した条件をクリアした上で予算内におさめていただきました。


CSセットで患者様がのびのびと過ごせて、スタッフの心にもゆとり

CSセットを導入したことで、患者様にどのような変化がありましたか?

衣類や日用品の在庫を気にせず暮らせることは、患者様の精神状態にとっても素晴らしいことだと思います。「着替えがあと少しでなくなる」と在庫を気にする必要はありません。

汚れたらすぐに清潔な服に着替えられるので、のびのびと暮らせます。CSセットは毎月一定金額を支払っていただくことになりますが、料金については患者様に十分にご理解いただけていますね。全体の8割から9割ほどの患者様がCSセットを利用されています。CSセットのおかげで、多くの患者様が入院治療に専念できているように感じます。

また入院生活の質も向上しているのではないでしょうか。CSセットを契約すると、オプションで安全な電気シェーバーをリーズナブルな価格で購入可能です。通常はひげ剃り、ムダ毛ケアのためのカミソリを院内に持ち込むことはできません。患者様のヒゲやムダ毛のケアまではスタッフの手が回りませんでした。お顔のヒゲについては、出張理容師に有料で剃ってもらえましたが、お金がかかりますし全員がお願いすることは理容師さんの作業量としても無理があります。その点CSセットの電動シェーバーは、患者様の体を傷つける心配がないため安全にご利用いただけて、患者様ご自身でのケアが可能。ヒゲやムダ毛を自分で処理できて、キレイな状態で暮らせることは患者様にとっても心地よいものです。

またCSセット利用者は、一般のドラッグストアで扱いのある化粧水や乳液もオプション品として購入いただけます。基本のセットには有名メーカーのシャンプーやマウスウォッシュも含まれており、仮住まい感がなくゆったりと暮らしていただけているように感じます。

エラン社の魅力を語る杉山さん

スタッフの労力やストレスの軽減にも繋がりましたか?

CSセット導入前の病棟スタッフは、毎日のように洗濯や買い物、家族への連絡などに追われていました。CSセット導入後は、それらの業務からほぼ開放されて、各病棟1人ずつ、3病棟で3人分の労働量が減ったように感じています。その分患者様のケアに時間をかけられるようになり、スタッフの肉体的な負担だけでなく精神的負担も軽減されました。

CSセットの衣服は週に3回、専用の洗濯業者が納品と回収を行ってくれます。在庫も十分にありますので、これまで衣服の在庫が切れたことはありません。汚染された衣服等も予洗いをしておけば、回収してクリーニングしてもらえます。

災害で物流が遮断されたとしても、しばらくは持ちこたえられるだけの在庫を確保していただいていますので、万が一の際の備えとしても助かっています。

エランのCSセットへのバナー

臨機応変な対応と心地よいカスタマーサービスに感謝

CSセットの内容はオーダーメイド可能でしたか?

患者様のQOLを向上するために導入した日用品は、当院の特別なオーダーに応えていただいたものが多いですね。エランさんは決まったセットを納入するだけでなく、病院側の要望に応えたオーダーメイドのセットを用意してくれます。当院の場合は、安全性が担保された電気シェーバーや、紐が短い浴衣、それに有名メーカーのマウスウォッシュやシャンプー、歯ブラシに歯磨き粉です。これらのアイテムがあるからこそ、患者様の入院生活が豊かになっています。

特に感謝をしているのが、患者様の私物洗濯サービスです。CSセットには、普段着からパジャマ・浴衣、肌着まで含まれているものの、「肌着だけは自分のものを使いたい」、「羽織るものはお気に入りのものを」といった患者様は少なくありません。患者様の私物は家庭用衣料品で、工業洗濯に耐えられません。工業洗濯とは、家庭の洗濯機とは異なる業務用の洗濯機で洗濯することをいい、衣料品にダメージを与える可能性があります。ほつれてしまったり、破れてしまったりといったリスクがつきものです。

ところが、エランさんは私たちの要望に応えてくれて、患者様の私物も洗濯してもらえることになりました。私物を洗濯できるネットをひとりずつにお配りして、その中に洗濯物を入れるフローです。CSセットをご利用いただければ、患者様は洗濯から解放されるといって過言ではありません。


アフターフォローはしっかりとなされていますか?

こちらから用事があって電話をすると、すぐに対応いただけますし、定期的にご連絡いただけるので、その都度情報交換も行っています。アフターフォロー体制もしっかり整っていると思いますよ。大きなトラブルが発生したことはほとんどありません。小さなトラブルが起きたときの対応も迅速かつ丁寧ですよね。エランの担当者は誠意をもって解決にあたってくれるので、患者様にもご納得いただけている状態です。

エランは人と人の繋がりを大切にする会社だなと思っています。初代の担当者は、仙台に転勤になってからも、時折連絡をくれるんですよ。


今後もCSセットを使い続けますか?

CSセットを使い始めて6年になりますが、CSセットなしの病棟運営は考えたくないほどです。今後も使わせていただきたいと思います。 患者様には「裸で入院していただいても大丈夫です」とお伝えしているほどなんですよ。スタッフはもちろんのこと、患者様も洗濯や買い物に煩わされることなく治療に専念していただけるので、ご満足いただけています。他の業者では実現できないサービスを患者様の負担にならない価格で提供していただいているので、これからもぜひ継続していきたいですね。

杉山さんとエラン社の初代担当の高橋さん
杉山さん(左)とエラン初代担当の高橋厚史さん

狭山ヶ丘病院の外観

<狭山ヶ丘病院プロフィール>

1963年に精神科の専門病院として開業。小規模専門病院ならではの「顔の見える医療」を目指している。外来、入院による診療だけでなく、訪問診療・看護、退院後の通所リハビリテーションなど切れ目のない医療を提供する。

法人名:医療法人狭山ヶ丘病院
理事長・院長:守屋 雪夫
住所:〒350-1317 埼玉県狭山市水野1026
URL:https://sayamapsy.or.jp


<株式会社エランプロフィール>

1995年2月設立。全国の病院・介護施設などにCSセットを展開する。契約施設数は1627施設、月間利用者数は293899人(2021年3月末時点)。患者様・入所者様やご家族様の「手ぶらで入院・入所」「手ぶらで面会」「手ぶらで退院・退所」を実現する。

企業名:株式会社エラン
代表:櫻井英治
本社住所:〒390-0826 長野県松本市出川町15-12
URL:https://www.kkelan.com


エランのCSセットへのバナー


株式会社こゆ記|代表取締役

大学時代は中世日本史を専攻し、史料の解析・分析を学ぶ。
商社と損害保険会社で働いた後、2012年にライターとして独立。現在は書籍や雑誌、webサイトに掲載する記事などを執筆している。


総合病院

URL:https://twitter.com/dr_shinpaku

呼吸器専門医、指導医、総合内科専門医、研修医指導医、医学博士。総合病院勤務医として臨床または研究に従事し、若手指導にあたりながら、これまで培った経験を生かして医師ライターとしても大手医療メディアなどで多数の記事作成を行っている。また専門知識を生かして監修や編集、Webディレクターとしても活動している。
最近は予防医学、デジタルヘルス、遠隔医療、AI、美容、健康、睡眠などに関心を広げデジタルヘルス企業に関する記事の連載も行っている。
正しい医療知識の普及や啓蒙のために日本語又は英語で発信を行いながら様々な企業との連携やコンサルティングも経験し、幅広い分野での貢献に努めている。
複数の学会に所属し、論文執筆、国内・国際学会発表による研鑽を積んでいる。