看護師の特定行為研修 e-ラーニング

【無料デモ実施中】共通科目、区分別科目、領域別パッケージをご用意!指定研究機関になるための申請も学研が無料でサポート!

e-ラーニング看護師の特定行為研修

 

特定行為に関するお悩み
「看護師の特定行為研修」がお手伝い

 

看護師の特定行為研修4つの特長

共通科目、区分別科目、領域別パッケージをご用意!
研修機関になるための申請もサポート
現場で役立つ講義内容! 演習、実習、OSCEもばっちりサポート
お求めやすい価格!

 

1. 特定行為の制度について

2015年10月から開始された制度で、共通科目と区分別科目、領域別パッケージからなる研修です。研修を受講することで一部の医行為を手順書のもと、診療の補助(特定行為)として行えるようになります。特定行為研修は、今後の急性期医療から在宅医療等を支えていく看護師を、計画的に養成することを目的としています。学研メディカルサポートは、複数の団体とともに本制度の普及に努めております。

タイムリーなケアの提供が可能に!

受講前と受講後の比較

特定行為研修を実施するには

■カリキュラムに沿った教育計画と教材、研修体制を用意する:特定行為研修は必須科目である共通科目(250時間)と、特定行為ごとに指定されている区分別科目(5~32時間程度)と領域別パッケージがあり、講義、演習、OSCE、実習などの形式が定められています。
■指定研修機関になる:特定行為研修を自施設で行うためには、厚生労働省(地方厚生局)に申請を出し、指定研修機関の認定を受ける必要があります。

 

2. 指定研修機関になるための申請も学研が無料でサポート!

特定行為研修は厚生労働大臣が認定する「指定研修機関」で行います。病院・施設・組織は地方厚生局に申請を行うことで、指定研修機関になることが可能です。この申請では、多くの申請書類の作成が必要になるほか、地方厚生局の担当者による実地調査および面接により施設要件や指導者資格を評価されます。これらすべてを豊富な経験をもとにていねいにサポートします。

指定研修機関になるための流れ

指定研修機関になるための流れ

 

学研ではこんなサポートをしています!

●申請に必要な書類の提供:指定申請書、研修計画、カリキュラムと進度表など

申請に必要な書類

●実地調査・面接に向けての情報提供とフォロー:豊富な事例をもとに実地調査や面接のポイントをお伝えします。また、申請後もお電話や訪問にて、e-ラーニングの使い方や研修・管理の方法などをフォローします。

 

3. 研修に必要な教材をすべてご用意しています

学研では、共通科目、区分別科目、領域別パッケージの研修に必要な教材をすべてご用意しています。厚生労働省が定めた研修時間数および学習概要を満たした講義、確認テスト、演習教材、 実習教材、OSCE教材、修了試験など、受講者のための質の高い教材に加え、OSCEの課題や評価表、実習のチェックシートやオンラインでの評価判定機能など、指導者のためのツールも充実しています。

研修の流れ

研修の流れ

講義はe-ラーニングを、演習・実習はすぐに使えるワークシートや動画教材を用意しております。「研修修了後、現場に出たあと見返しても役立つ」と、繰り返しご利用いただいております!

また、共通科目は各疾患の症状や臨床推論、フィジカルアセスメントなど看護知識のアップデートに役立つ情報が数多く含まれておりますので、生涯学習のサポートとしてご導入いただいている施設様も数多くあります。

無料デモ実施中
学研の教材をお試しください

 

5. 必要な書類がすべて揃った教材をお求めやすい価格で!

共通科目、区分別科目、領域別パッケージのいずれも、ID発行や申請サポートもすべて込みでの価格となっております!
研修受講者や受講予定者などご利用方法にあわせてIDを発行します。
※学校法人など複数施設でご利用いただく場合、ご契約について別途ご案内しております。

共通科目

病床数料金(税別)学研ナーシングサポートをご利用中の場合(税別)
199床以下34,800円/月5,000円/月
200~399床49,800円/月10,000円/月
400~599床59,800円/月10,000円/月
600床以上69,800円/月10,000円/月

※共通科目は年度契約のみとなります。年度途中からのお申し込みも可能です。
※指導者用IDは病床数に応じて発行します。

 

区分別科目

区分名料金(税別)
呼吸器(気道確保に係るもの)関連各10,000円/月
呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
心嚢ドレーン管理関連
腹腔ドレーン管理関連
栄養に係るカテーテル管理(中心静脈カテーテル管理)関連
栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連
創部ドレーン管理関連
透析管理関連
術後疼痛管理関連
循環器関連各20,000円/月
胸腔ドレーン管理関連
ろう孔管理関連
動脈血液ガス分析関連
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
血糖コントロールに係る薬剤投与関連
皮膚損傷に係る薬剤投与関連
呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連各30,000円/月
創傷管理関連
感染に係る薬剤投与関連
循環動態に係る薬剤投与関連
精神及び神経症状に係る薬剤投与関連

※区分別科目は月単位のご契約が可能です。

 

領域別パッケージ

領域別パッケージ名料金(税別)
在宅・慢性期領域パッケージ40,000円/月
術中麻酔管理領域パッケージ50,000円/月
救急領域パッケージ50,000円/月
集中治療領域パッケージ50,000円/月
外科系基本領域パッケージ60,000円/月
外科術後病棟管理領域パッケージ80,000円/月

※領域別パッケージは連続した3か月以上の契約となります。4か月目から月単位での契約が可能です。

同じIDで学研メディカルサポートの他サービスもご利用いただけます(一部除く)。

 

 

ご利用病院様の声

【修了生】特定行為研修の活用をめざして

医療法人 浄仁会 大泉記念病院

医療法人 浄仁会 大泉記念病院
看護部 副部長 佐藤 美賀子

私が受講し修了した科目は、「創傷管理関連」「在宅・慢性期領域パッケージ」です。特定行為研修を修了してからは、「気管カニューレの交換」、「褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去」、「創傷に対する陰圧閉鎖療法」、「胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテル又は胃ろうボタンの交換」、「脱水症状に対する輸液による補正」の5つの特定行為が可能となりました。
研修を受けたことで、医師の作成した手順書をもとに処置ができるようになり、病棟での患者様のスケジュールが立てやすい、褥瘡管理においては、壊死組織の除去をタイムリーに実施できることで、その後の治癒がスムーズに進んだ、などのメリットを実感できています。また、共通科目では、医学的な基礎知識や理論を改めて学ぶことができ、看護実践への自信につながっていると感じています。今後は、在宅や介護施設などでも特定行為を活用していただけるように実践を重ねていきたいと思います。

 

【指導者】実践的でリアリティあふれる効果的な学研の特定行為研修プログラム

国立大学法人 長崎大学病院

国立大学法人 長崎大学病院
看護師長 戸北 正和

当院は、看護師特定行為研修を実施するにあたり、研修に使用する教材を探していたところ、「看護師の特定行為研修」があることを知りました。学研の教材は共通科目と区分別科目のなかに、演習や実習が組み込まれています。演習や実習ではよく練られた症例が提示され、実践に近い内容がリアルかつ詳細に設定されていると感じました。症例と設問は特定行為に求められる実践的な理解力、思考力、判断力を鍛えられることに加えて、高度かつ専門的な知識および技能を結びつけ、研修生の「考える力」を引き出してくれる内容となっています。
現在は特定行為研修生が計画的に受講できるよう、e-ラーニングの管理機能を用いて進捗状況を確認しながら指導、教育を行っています。

 

【管理者】e-ラーニングを活用した特定行為研修を終えて活躍する修了生

社会医療法人 愛仁会本部

社会医療法人 愛仁会本部
左:看護統括部長 井上 裕美子 様  右:看護部長 倉本 孝子

当法人は2016年より特定行為研修の指定研修機関となり、学研のe-ラーニングの活用によって現在12区分25行為、在宅・慢性期、術中麻酔管理、救急の3領域のパッケージから受講選択ができるようになりました。自らの勤務状況に合わせて働きながら受講できるというメリットがあり、これまでの修了者は50名を超えました。急性期、回復期の各病院、訪問看護ステーション等で、学んだ知識と技術を駆使して特定行為を実践し、ケアの質向上に貢献しています。

 

【管理者】特定行為研修の指定研修機関をめざして

医療法人 済恵会 須藤病院

医療法人 済恵会 須藤病院
副院長・看護部長 佐藤 明美

当院は、2021年4月より特定行為研修の指定研修機関として研修を開始しました。当院の患者層は高齢者が多く、脱水や肺炎などで経口からの栄養摂取が難しい症例が大半を占めています。そこで末梢留置型中心静脈栄養法を第一選択とすることで、早期からの介入が可能となり、よりよい治療・予後につながると考えました。また当院の看護職員のモチベーションアップにもつながると考え、自院での特定行為研修「栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連」「栄養及び水分管理に係る薬剤投与」の2区分を導入することとなりました。
指定研修機関となるための申請については不安が大きかったのですが、書類作成から地方厚生局からの施設に対する質問の対応まで学研メディカルサポートの適切な支援をいただき、安心して手続きをすることができました。現在も引き続き区分別科目の追加申請などの相談にのっていただいており、大変心強く感じています。これからもよろしくお願いします。

 

詳しくは下記ボタンよりお問い合わせください