ウォーターベッド型リラクゼーション器『アクアヴィーナス V-3600』

全身型ウォーター・リラクゼーションベッドで 深いリラクゼーションへ。

全身型ウォーター・リラクゼーションベッドで 深いリラクゼーションへ。

Aqua Venus V-3600 とは?

筋膜リリースとリンパドレナージュによる深いリラクゼーション

 

 

アクアヴィーナスV-3600は人体振動理論がエビデンスの水圧振動刺激による全身型ウォーター・リラクゼーションベッドです。

 ハイパーノズルより発生する水圧振動刺激は、深部筋、深筋膜に作用し、筋膜リリースとリンパドレナージュを促します。

 

 

 


Aqua Venus V-3600の特徴

 

ターボファン技術による新型特殊ノズルは大量の水を噴射させ効率よくハイパワーを発生させます。
この技術を応用し100Vでも大きなパワーを生み出すことが可能です。

<ターボファン技術>
回転運動からエネルギーを取り出すため効率よくパワーを得ることができる。
元々、航空機エンジンの技術でジェット旅客機のエンジンにも使用されている。

 

ウォーターベッド型では最軽量の本体質量142kgで、最小の水量110リットルで済みます。キャスター付可動型なので、室内の移動が簡単です。永久設置型ではありません。

 


「人体振動理論」が証明した深い
リラクゼーションのメカニズム

アクアヴィーナスV-3600の水圧振動周波数は人体固有の振動リズムである「上半身3~6Hz」,「下半身10~15Hz」と一致しており、人体リズムと共振して深部に到達し、筋膜リリースによる深いリラクゼーションが得られます。しかもこのリラクゼーション効果には「人体に長く残留する」特徴があります。

<人体振動理論>
仰臥した人体の各部位には、安静時に固有の振動数があり、(安静時・暗振動のグラフ参照) 部位ごとの知覚する振動知覚特性や振動知覚閾値が存在します。また、振動時の伝達過程においては固有の共振周波数が存在しますので、部位ごとにも固有の共振と増幅を示す、と言われています。

安静時・暗振動

●人体各部位への振動伝達特性を実証
下肢と上半身からの入力振動と人体各部位の振動伝達を明らかにするため、部位での測定実験を行い実証させた。 [振動計測器:IMV社製VP-7002]

 

 

 

独立した8基のハイパーノズルによるプログラム動作