太陽光パネル・蓄電池制御システム ミニマムグリッド

よく晴れた日には電気を自給自足し、 火力・原子力などの大規模な発電所に頼る時間を減らします。

よく晴れた日には電気を自給自足し、 火力・原子力などの大規模な発電所に頼る時間を減らします。

ミニマムグリッドの概要

「ミニマムグリッド」は、よく晴れた日には電気を自給自足し、
火力・原子力などの大規模な発電所に頼る時間を減らす、という考え方。
自然エネルギーから電気をつくる 小さな拠点が増えていけば、
災害にも柔軟な社会づくりに繋がっていくと 私たちは考えます。

 

ミニマムグリッドの仕組み


導入のメリット

蓄電池の導入で2日間程度の電力消費を賄う。
※災害時の避難拠点としても活用可能に

※BCP(Business Continuity Plan)
いつ未曾有の自体が生じても事業・業務を継続していくためのBCP対策の中で
災害レジリエンスとしての「非常時電源」の確保が急務になってきている。

 

外部要因による電気代上昇が経営を圧迫するリスクになりうる。
 備えておくことが中長期的な固定費のカットにつながる。

社会的要因だけでなく
 季節性需要・災害等様々に要因で電気代は上下する

 

 

SDGs (持続可能な開発目標) 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」 
17のゴールの中に「クリーンエネルギー」「気候変動対策」を明記。

 

 

 

地球温暖化を食い止め、低炭素社会への移行を実現するため、 
事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを 目標に
掲げる企業が加盟するイニシアチブ 世界中で232社の企業が加盟。(2020.4時点)

 

 

「Environment Social Governance」 環境(E)社会(S)ガバナンス(G)の経営を重視した企業かどうかが、機関投資家や株主の投資判断に。

 

負荷シフトのイメージ