当ページは国内の医療関係業務従事者を対象にお届けするコンテンツです。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご注意ください。

院内がん登録解析ソフト『CanStat-R』

眠っている「がん登録データ」を価値ある2次活用へ!国立がん研究センターが提供している院内がん登録ソフト「HosCanR Next」にも対応。

 

眠っているがん登録データを

価値ある2次活用へ!

 

 

「CanStat-R」は、国立がん研究センターが提供している院内がん登録ソフト「HosCanR Next」のデータを活用するためのソフトです。移行されたHosCanR Nextのデータをデータベースとして、検索・集計(一次元・二次元)、統計解析、生存率の計算と検定、多変量解析ができます。

 

機能のご紹介


<検索・集計機能>

検索・集計機能
文字、数字、選択肢、日付、コードなど各データを複合した高度な検索が可能です。検索で絞り込んだデータを母集団にして、任意の項目で一次元集計、二次元集計ができます。 検索結果ファイルや項目を自由に選択して、データを表示できます。

 

<一般統計>

一般統計
検索機能で絞り込んだ任意の対象群を母集団として、統計解析が可能です。基礎統計量・t検定・順位和検定・カイ二乗検定ができます。t検定・順位和検定では「対応なし・対応あり」が選択できます。

 

<生存率の計算と検定>

生存率の計算と検定
検索機能で絞り込んだ任意の対象群を母集団としたり、その母集団の中で条件付けをしたもので生存率の計算・検定ができます。生存率計算は生命保険数理法およびKaplanMeier法が選択でき、生存率の検定方法はZ検定、Mantel-Haenszel検定、ログランク検定、一般化Wilcoxon検定、Cox-Mantel検定が選択できます。

 

<多変量解析>

多変量解析
検索機能で絞り込んだ任意の対象群を母集団としてCox比例ハザード重回帰分析、ロジスティック重回帰分析ができます。結果は、係数・標準誤差・Z値・p値・リスク値・95%信頼区間の計算結果とKaplanMeier法累積生存率・生存関数グラフ(Cox比例ハザード重回帰分析)が表示されます。説明因子間の相関係数との因子チェック機能、説明因子間の積による因子追加が可能になっています。

 

ご注文の流れ

注文

弊社より、見積書提示

医療機関様 → 御注文書をお送りください(FAX・メール可)

納品

弊社納品、HosCan-R用解析ソフト+ライセンス+マニュアルを送付します。

医療機関様 → PCへインストール+ご利用開始

利用

運用のご不明点、ご質問は電話サポートいたします。

医療機関様 → 豊富な解析・分析にご活用ください。