当ページは国内の医療関係業務従事者を対象にお届けするコンテンツです。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご注意ください。

がん登録解析ソフト『CanStat』

がん臨床研究に携わるドクターのデータ「分析」「解析」に便利ながん登録解析ソフト!

がん臨床研究に携わるドクターのデータ「分析」「解析」に便利ながん登録解析ソフト!

Can Statとは

『がん登録・解析ソフト CanStat』は、全国の国立病院・県立病院の研究・学会で利用されているBeccel(MS-DOS)版からの実績があり現在の利用ニーズに合わせたWindows対応用に改良し、多変量解析など追加機能を満載させたソフトウェアです。
データベースとデータ分析(一般統計・生存率解析・多変量解析)が一体化した、がん臨床研究に特化した分析解析が可能です。
医局・ドクターの研究にご活用ください。


Can Statの機能


登録機能

各項目に症例のデータを登録します。各項目は、文字、数値、選択コード、年月日など自由に入力する内容によって、
自由にデータの型を設定することができます。あらかじめ登録された数式による計算結果を書き込むことも可能です。
※登録項目内容は、ご要望に対応いたします。(また、項目追加・修正が可能です。)

 

検索機能

性別や年齢、各検査値など複数の検索条件をかけ合わせて、該当する症例を検索できます。
検索条件および検索された症例は「検索群(母集団)」としてファイルに登録できます。
複数の検索群の和(or)や積(and)を取って、新たな検索群を作ることもできます。

 

一覧表示機能

任意の項目を選択して、一覧表を作成します。出力対象として「検索」で絞り込んだ群を選択する
ことができます。特定の項目をスクロールしないように固定したり、並べ替え(ソート)や書式の設定、印刷のプレビューもできます。

 

集計と一般統計機能