介護見守りセンサー

専用器具を装着せずに見守ることができ、利用者の負荷が無く 部屋の広範囲を見守り、事故を未然に防ぐ安心・安全な見守りシステム。

専用器具を装着せずに見守ることができ、利用者の負荷が無く 部屋の広範囲を見守り、事故を未然に防ぐ安心・安全な見守りシステム。

ブイセンが提供する見守りセンサー

従来の異常発生を検知し通知するシステムとは異なり、電波センサーにより
計測データを収集、蓄積し、集まったデータを解析することで
異常の発生を事前に検知することを目指したシステムです。

 

弊社の見守りセンサーが選ばれる3つの理由


機能紹介

 

モバイル端末との連携が可能

 異常を検知するとスマートフォンに通知を送信
 メールまたはSNS(LINE,Wechat)で通知を受け取ることができます。

 

通報システムのイメージ

 

センサーの状況確認

通知メッセージのリンクから現在のセンサーの様子や過去の履歴データを閲覧することができます。

 

活動レベルの確認

活動レベルの履歴を時系列グラフで確認可能

・活動レベルとは室内での人間の総移動距離の推定値
・安静にしているときは低い値、活発に動いているときは高い値がでる
・外出中の値は0

 

レポートの作成

活動レベル、呼吸数(参考値)、ステータス情報(発生時間・回数等)などの計測データからレポートを作成することが可能

 

各部屋情報の一括表示

センサーが設置された部屋の状態を一つの画面で監視することが可能
(一覧画面はクラウドサーバ上で確認できます)


導入事例

 

ベッドルーム

 

ダブルサイズのベッドの場合、
ベッド上にいても「転倒」と判定される場合があります。
※ シングルベッドは200cm x 90cm の寸法と仮定

 

リビング

壁や棚にセンサーを設置することで広範囲の見守りが可能

レーダーを人がよく通る場所に設置すると実態に沿った活動レベルを計測できます。

 

トイレ

壁への寄りかかり、便器前方での転倒・うずくまりの検知


導入事例