全国医療機関・薬局・介護サービスデータベース『ウェルネス情報(WDB)』

膨大な医療施設データから最適な情報を提案するオーダーメイド データベース。

膨大な医療施設データから最適な情報を提案するオーダーメイド データベース。

ウェルネス情報(WDB)とは

■専業として29年の実績
平成3年の創業以来、カスタマサービスの元情報として、電話健康相談サービスなど、直接患者さんに触れる情報として信頼を得ながら利用されてまいりました。今日では、自治体をはじめとする公的機関や大学病院をはじめとする医療機関でも広くご活用いただいております。その他、シンクタンク、信用調査会社、医療関連会社の顧客管理マスタとして、また、データベースプロバイダーの元データベースとしてもご採用いただいております。

■カスタマ視点の情報構築
調査部門にて、独自情報の調査およびDB構築体制をもっております。自治体や学会の調査などの実績を通して積み上げたノウハウで、公開されている情報以外に、時代ニーズや、様々な利用シーンで必要とする方のプロファイルや状況に応じて、必要な情報を収集構築・分析し、分かりやすくご提供します。    

■即時更新による最新データベース
メンテナンス専門スタッフが日次更新を実現しております。できうる限り最新の状態でご提供できるよう日々データベース運用の改善に取り組んでおります。

■共通IDによる各施設情報の一元管理
施設番号については、 保険請求に使う「医療機関コード」「保険薬局コード」「介護事業者番号」の他に、「法人番号」、独自のユニークな共通ID体系(WELLNESS.NO:ウェルネスナンバー)を持っていますので、各施設の情報が一元的に管理することができます。