ME機器管理システム『CEME Web(シーイーエムイーウェブ)』

医療機器の安全運用・最適な更新計画の立案をサポートします!

医療機器の安全運用・最適な更新計画の立案をサポートします!

CEME Web(シーイーエムイーウェブ)とは?

CEMEの目的は、臨床工学技士の業務の一つであるME機器(医療機器)の管理業務である、ME機器の貸出返却・所在管理・点検管理・故障管理・修理管理など、ME機器を安全に、かつ効率的に行う医療機器・ME機器管理システムを提供する事です。
ME機器(医療機器)の適正配置だけでなく、ME機器(医療機器)を利用されている患者様に、安全に使用していくための、必須のシステムとなるように、常に改善し、進化していくシステムであり、病床数に関わらず、多くの施設にご利用いただけるよう様々なプランを提供しています。


導入のメリット


選ばれる4つの理由

 

■運用構成に合わせてプランの選択ができます。

スタンダードアローンPC1台のみ利用可
ネットワーク(院内サーバー)ベーシックプラン
ネットワーク(クラウドサーバー)導入コスト大幅削減

安定運用とサーバー管理コストを削減するためにはクラウドサーバーが最適です。クラウドサーバープランは月額料金で開始できるため、サーバーの購入などの初期コストがかからないため、イニシャルコストを大幅に削減できます。


■マルチデバイスサポート

利用端末の種類に制限はありません。タブレット、ノートパソコン、デスクトップなどの対応するウェブブラウザで、デバイスを選ばず自由にご利用いただけます。

 

 

■病院規模に規模に対応した価格を設定(※クラウドプランは除く)

病院規模により医療機器の台数も大きく異なります。多くの医療機器の台数も大きく異なります。多くの医療施設にご利用いただけるように
するために100床単位で価格を設定しています。

 

 

■カスタマイズに制限はありません。

基本的に無料でカスタマイズが可能です。
・共通機能として利用できるカスタマイズは基本的に無料です。ただし、カスタマイズの規模が大きい場合は有料になる場合もあります。
・共通機能としてカスタマイズされた機能は保守ご契約中の場合、随時無料で配布されるため、常に最新環境をご利用いただけます。


■循環型開発(常に新機能を展開)

循環型開発を採用し、利用者からのご意見をフィードバックしていきます。保守ご契約中の場合、新機能が展開されるたび無料でアップデートを提供していきます。

 

 

ME業務からCE業務へ進化していきます。RST(呼吸サポートチーム)支援機能から提供予定です。


主な機能

 

所在管理

ME機器を運用するにあたり、機器の所在を正確に把握することがとても大切になります。貸出や返却処理、または病棟移動によって機器の所在は常に変化しています。その所在の変化を正確に管理できるかどうかが、効率的で安全なME機器の運用に繋がります。

 

保守点検機能

ME機器は適切な点検が欠かせません。シリンジポンプや輸液ポンプ等の貸出前に行う使用前点検はとても大切な点検です。使用前点検に限らず、定期点検や定期メンテナンスを正確な時期に適切に行う事で、機器の寿命を延ばすとともに、ME機器の安全な運用に繋がります。

 

故障修理機能

ME機器の故障はできるだけ防ぎたいものです。故障を防止するための最善策は適切な管理ですが、故障が発生した場合に、故障の原因を管理し、運用で防止できる故障である場合は防止策が必要になります。
また、メーカーへ修理を依頼する場合、修理費用の管理も重要になります。ME機器管理システムに求められる機能は故障を正確に管理し、修理コストの管理です。

 

安全管理機能

ME機器は人体に関与するため、常に安全な運用が求められます。まず、大切なのは新しい機器を導入した場合に、機器の運用方法や注意事項を研修会を開催し、使用者に適切に説明し理解してもらう必要があります。
どの機器に対して、どのような研修会を実施したのか、また、その研修会に誰が参加したのかは記録として残しておく必要があります。CEMEでは研修記録として研修会の登録や使用データの保存等、研修管理機能を有しています。また、日々の運用でも安全な運用ができるように貸出規制による危険の防止策が施されており、システム的に安全チェックを実施しています。


利便性向上機能

ME機器管理システムを導入しても、マスタ登録が難しかったり、不要な登録が必要になったりすると継続した運用が難しくなります。
CEME WebではMEDISマスタを活用することにより、マスタ登録の簡略化や院内バーコードやGS1-128による運用の簡略化ができるようになっています。

 

報告書機能 

ME機器管理の業務は外部からなかなか分かりにくい業務の一つです。ME機器が安全に利用できるのは適切な管理をしているためですが、一般的は安全に利用できて当然という認識を持たれているのが現状です。
CEME WebではME機器管理の作業の見える化を行い、ME機器管理業務における病院内での経費節減にどれだけ貢献できているかを報告書として作成できます。


価格構成


■スタンドアローン(1台のみで利用)※ご自身のパソコンでのみ利用可能です

  概算 備考
ライセンス料 150,000円 PC1台のみ
年間保守費用 15,000円 1年間
その他
(導入費・操作説明)
 100,000円~ 応相談(ハード費は別途)

※価格は変更される場合があります。

 

■ネットワーク(院内サーバー設置)※院内にサーバーを設置します

  概算 備考
ライセンス料 600,000円 施設ライセンス:病床数100以上、
         200未満(参考)
年間保守費用 60,000円 1年間:病床数100以上、200未満(参考)
その他
(導入費・操作説明)
 100,000円~ 応相談(ハード費は別途)

※価格は変更される場合があります。

 

■ネットワーク(クラウドサーバー利用)

※上記の運用構成は基本構成です。
※運用構成はご要望に応じて対応いたします。
 

  概算 備考
使用料(1年間) 336,000円 施設ライセンス:保守費用含む(参考)
その他(操作説明) 50,000円~ 応相談(訪問する場合)
   ※電話やメールでのご相談は無料です。

 端末その他のハード費は別途

※価格は変更される場合があります。


導入までのながれ