当ページは国内の医療関係業務従事者を対象にお届けするコンテンツです。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご注意ください。

排尿計測記録システム

ウロバックの尿量・血尿計測を自動化!看護スタッフの業務負担を軽減◎安価なウロバックへの切り替えでコスト削減も!

ウロバックの尿量・血尿計測を自動化!看護スタッフの業務負担を軽減◎安価なウロバックへの切り替えでコスト削減も!

 

排尿管理業務を自動化できる

 

 

 

 

 ●看護スタッフの目視による尿量・血尿計測を自動化します。

 尿量は重量センサー、血尿はチューブ中の尿をLEDセンサーで計測し記録しています。

 ●従来の目視による計測・記録が不要になるため、業務の省力化につながります。

 

 


 

医療現場での使いやすさを徹底追及

 

01

ポータブル

あらゆる場所に取り付け可能。3日間連続の電池駆動、AC電源にも対応です。

傾きを検知して重量を補正します。

 

02

汎用性

様々なメーカーのウロバッグを使用可能。

高価な精密尿量計付きウロバッグを安価な汎用ウロバッグへスイッチできます。

 

03

データ参照

尿量・尿中ヘモグロビン濃度の連続したデータを記録し、情報連携を可能に。

※搭載予定


 

安全面とコスト面でもこんなメリットが

 

 

安全面

ウロバッグと接触する機会を減らせるため、感染に対する安全対策に効果的。

 

 

コスト面

 専用のウロバッグを必要としないため、汎用製品の使用が可能になります。

精密尿量計付きウロバッグを使用する必要がなく安価なバッグへの切替が可能です。

 


 

現場の問題を解決

 

STEP01

STEP02

 

STEP03

看護師が目視で排尿量と血尿を計測看護スタッフが計測結果を
電子カルテへ入力
医師が処置・治療を判断

 

 

STEP01

 

 

STEP02