検温顔認証機器『Quick Hygiene Terminal』

素早く・正確な検温で施設内の感染対策に。入口に置くだけだから検温担当者も不要。検温記録も自動で集計されます。

素早く・正確な検温で施設内の感染対策に。入口に置くだけだから検温担当者も不要。検温記録も自動で集計されます。

 

楽々設置で高精度の検温が可能です
~Quick Hygiene Terminalとは?~

 

瞬時に顔認証を行い、検温スクリーニングを行うサーモグラフィー搭載の非接触タブレット型の顔認証検温機器です。
類似商品と比べ、遠隔でのデータ管理ができる点が強み。
顔認証システムを利用して、顔写真とIDを登録すると、いつ誰が入室したのかを管理することが可能です。


 

ピストル型検温器との機能比較

 

 

 

Quick Hygiene Terminalピストル型検温機
計測距離〇 35-60cm△ 5 - 15cm
安全性〇 利用者が自ら測定できるため、測定者のリスクが減少。なれれば測定者は不要に。△測定時の濃厚接触リスクあり
効率性〇人材コスト削減(測定する人が不要)
測定所要時間:1秒~3秒
体温記録時間:0秒(データ保存には別途設定が必要)
△ 測定する人材のコスト
測定所要時間:5秒~10秒程度
体温記録時間:15秒~20
拡張性〇データ管理機能・顔認証利用者管理△ 特になし
メリット〇人材コスト削減、個人情報のDB化が容易△ 機器本体が安価
デメリット△コスト(補助金利用が可能な場合があります)△ 測定する人材が必要、データ管理がアナログになる
最適な利用環境入場管理(医療機関、公共施設)、出退勤などプライベートの利用

 

温度検知の仕組み

 

顔認証で正確な顔の位置を検知し、顔で一番温度の高い部分を測定結果として表示します。

従来のピストル型:点で検

顔認証型:面で検温し最高点を表示

ピストル型よりも誤差が小さく、より体温に近い結果を表示。

 

〈Quick Hygiene Terminalの動作イメージ〉

 

※登録した従業員や顧客の入場管理データを一元管理できる入場管理ソフトウェア『QHT Device Manager Version 1.4.5』も、無料でお使いいただけます。登録した人が顔認証をすると、従業員情報や打刻時間などのデータが自動で保存されるため、打刻システムとしてもご利用いただけます。もちろん、体温記録もデータで確認いただけます。


 

検温データを遠隔チェック

 

〈クイックハイジーンサーバー〉
サーバーを介して検温データを遠隔かつリアルタイムで確認ができるサービスです。

①検温データの遠隔チェック②複数カ所で管理可能複数の検温器の管理可能
 設置場所から離れていても、どこからでも検温データをチェックできます。 1台の検温器データを複数のパソコンやスマホで確認できます。 複数支社や多店舗経営の企業様でも不便なくご利用いただけます。
 ◆インターネットにつながる環境があればどこからでも、入室時間・検温結果・顔写真をパソコンやスマートフォンから確認ができます。入室管理として、出勤管理として是非ご活用下さい。
◆非接触タブレット型の顔認証検温機器、Quick Hygiene Terminal(クイックハイジーンターミナル)をご購入/ご利用中のお客様は、利用料無料でご利用いただけます。
※サーバー代は初年度無料。次年度は利用者数により異なるが月額1000円程となる予定
 

 

実際の利用イメージ

 


 

お客様の声

 

〈製造メーカー様〉