医療用フィルム電子化サービス

保管・管理に困る医療用フィルムを電子化!患者様情報も、保管スペースも有効活用◎欲しい情報へすぐにアクセス!

保管・管理に困る医療用フィルムを電子化!患者様情報も、保管スペースも有効活用◎欲しい情報へすぐにアクセス!


医療用フィルムの保管や管理に困っていませんか?

 

 

 

 


 

レントゲンフィルムとシネフィルムの電子化

 

 
 
 レントゲンフィルムシネフィルム 

 

 レントゲンフィルムとシネフィルム*を電子化することにより、DICOM規格にてPACSでの一元管理と保管スペースの削減が可能になります。それにより診察データの有効活用と、必要な患者様情報への素早いアクセスが実現します。 

 

 

シネフイルム・・・

「内視鏡シネ撮影」や「心臓カテーテル検査の冠動脈造影」に使用。8mm/16mmシネフィルはもちろん、35mmシネフィルムのデジタル化にも対応しています。

 

 

 

 

 

運用イメージ
 

フィルムレス化、データの一元管理

 


 

万全のセキュリティ対策

 

各種認証機関より認証を受けています。

 

JIS Q 15001

個人情報保護マネジメントシステム

ISO 27001

情報セキュリティマネジメントシステム

ISO 9001

品質マネジメントシステム

 

 


 

紙カルテのスキャン電子化もおまかせください

 

 

紙カルテのスキャン電子化サービスの詳細こちら

 


 

ご利用の流れ

 

 


 

よくあるご質問

 

Q1 スキャン後のフィルムはどうなりますか?
作業完了後、機密情報扱いで処分することが可能です。ご希望の場合は、返却もいたします。
 

 

Q2 費用はどうなりますか?
スキャン枚数や保管状況に応じて費用が異なりますので、その都度お見積りを提出いたします。