動画付き患者情報共有システム『Y'sBridge(ワイズブリッジ)』

【ソフト不要】病院・施設・患者様の「三方良し」を実現する情報共有システム◎病床回転率の向上・スムーズな施設入居で業務効率アップ!

【ソフト不要】病院・施設・患者様の「三方良し」を実現する情報共有システム◎病床回転率の向上・スムーズな施設入居で業務効率アップ!

 

病院・施設間でシームレスな情報共有

Y'sBridgeのイメージ図

 

ワイズブリッジは
病院・患者様・施設
3方向へのメリットを生みます

臨床現場では、治療を終えているにもかかわらず退院調整に時間がかかってしまうため「不必要な入院期間」が存在します。これが医療費肥大の一因となってしまいます。

そこで弊社は「患者動画」が付加された患者情報共有システムを構築しました。ソフトをインストールすることなく、インターネットがあればすぐに利用できます。このシステムを利用していただくことで、病院・施設間におけるシームレスな連携を実現します。

 


 

導入のメリット

病院施設
病院アイコン
施設アイコン
 01.病院支援業務効率向上01.「動画情報」を入居審査に活用
02.平均在院日数短縮02.効率的に空室を埋めることが可能
03.平均診療単価向上03.入居後、利用者様とのトラブルを予防
04.病床回転率向上04.スタッフの業務効率向上
 患者様 
 
患者様アイコン
 
  01.施設とのマッチング 
  02.入居後のトラブル予防 
  03.入居後、速やかに適切な介護サービスを受けることが可能 
  04.スムーズな施設入居サポートでストレスを軽減 

 


 

病院のメリット

 

質の高い地域連携を目指して! 

患者様の受入れ施設を探す際、病院支援業務が多岐にわたるため、マンパワー不足は深刻な問題です。

受入れ施設へ正確な患者情報をいち早く伝達することで、平均在院日数を短縮。平均診療単価・病床回転率の向上を促進します。
 

仕組み

Y'sBridgeの仕組み

患者様が施設へ入居される方針が確定後、患者様の状況や希望施設を入力します。

患者様の状態を動画で撮影して共有できます。

複数の施設へ受入れを要請。希望施設より入居の可否が通知され、その中から最終決定。

 


 

施設のメリット

 

安心した入居の受入れが可能に!

病院から患者様の入居希望があった際、情報収集に多大なマンパワーとコストが必要になります。

当システムでは、入居申請患者様の情報を細かく閲覧できるため、受入れまでを円滑に行うことができます。


仕組み

患者様の入居希望通知

病院から患者様の入居希望通知が入り、患者情報を元に受入の可否を判定します。

患者情報をプリント

患者情報はプリントアウトもできるので、入居審査の際にも活用していただけます。

その入居審査の判定を元に、病院にて受入れの最終決定が行われます。

 


 

患者様の状況把握がスムーズに!

患者様イラスト

 

主なサービス

 

01. 動画情報