介護予防筋力トレーニングシステム『リハトレーナー』

利用者の運動データを自動で作成保存!スタッフの負担を軽減して業務効率アップ◎分かりやすいレーダーチャート式の報告書も

利用者の運動データを自動で作成保存!スタッフの負担を軽減して業務効率アップ◎分かりやすいレーダーチャート式の報告書も

 

リハトレーナーとは?

リハトレーナー画像

4つのマシンとコンピュータで構成された先進トレーニングシステムです。

利用者ひとりひとりのデータを個別に作成し、保存することができます。

また、利用者の登録からトレーニングの参加・実施までを簡単に設定し管理することも可能です。

リハトレーナーによってスタッフの作業負担を大幅に軽減効率的な管理や運営が叶います。利用者の方も自分の身体機能に適したトレーニングをすることができ、満足度アップにつながります。

単体販売を行っているので1台からの購入も可能です。

CGTのトレーニング内蔵

東京都健康長寿医療センター研究所が高齢者向け介護予防として考案した運動理論=「CGTトレーニング」をマシンに内蔵。

エビデンスのある運動プログラムをご提供します。
※CGTのトレーニング効果は、マシン4種が必要になります。

 

4分で分かるリハトレーナー

 


 

導入のメリット

 

 

スタッフの作業負担を軽減

 

錘交換や運動記録作業の自動化により現場でのスタッフの負担が大幅に軽減され、その分営業活動や事務処理などに時間を割くことができます。
 

 

経営の効率化

 

リハトレーナーを導入することで最小限のスタッフで施設を運営することが可能になり、人件費をはじめとするコスト削減につながります。介護報酬引き下げに伴う人件費のコストアップに対し、軽減効果をもたらします。

 

 

データの標準化・共有化

 

正確で定量性のある運動データを記録・保存できるため、複数の施設を展開してもデータ の標準化が図れ、共有化することができます

 

 

パーソナル対応で満足度アップ

 

利用者は自分の身体機能に適したトレーニングが可能です。またレーダーチャート化した報告書などにより、トレーニングの効果を目で見て実感することができます。

 


 

リハトレーナーの魅力

 

利用者のデータを個別に作成・保存

 

下肢全体の筋肉を強化する「レッグプレス」、腰まわりの筋肉を強化する「ヒップアブダクション」、広背筋・菱形筋を強化する 「ローイング」、大腿四頭筋の筋力を強化する「レッグエクステンション」。

これら4つのマシンをコンピュータに接続し、利用者個々 の運動能力に即したマシンの設定を自動的に行うとともに、1人1人の運動記録や運動履歴を個別に自動保存(データベース化) することができる先進のトレーニングシステム、それが「リハトレーナー」です。

 このデータベースを基に、利用者1人1人の能力に合わせた運動プランを作成できるほか、レーダーチャート化した報告書を簡単 に作成できるのも、「リハトレーナー」の大きな特長となっています。

 

リハトレーナーシステム図

リハトレーナーシステム図

 

利用者1人1人に最適な負荷を設定

 

高齢者を対象としたマシンによるトレーニングは、介護予防の有効な手段であることは間違いありません。しかし、トレーニングに おける最適な負荷の見極めは、介護スタッフ(運動指導員)の評価に依存しているケースがほとんどです。

つまり、マシンの負荷の 設定は、介護スタッフの熟練度に左右されると言っても過言ではありません。

「リハトレーナー」は、信頼性の高い「包括的高齢者運動トレーニング理論」(CGT)に基づいた運動プログラムを採用しており、 利用者1人1人の身体能力に合わせ、マシンの負荷を500g単位(レッグプレスは1kg単位)で最適に自動調整します。した がって、利用者は無理なく効果的に筋力トレーニングを行うことができ、介護スタッフの負担も大幅に軽減することができます。

 

利用者の登録からトレーニングへの
参加・実施までを簡単に設定・管理

 

「リハトレーナー」の中枢をなしているのが、トレーニング管理ソフトです。新規利用者の登録をはじめ、トレーニングに参加する 人やトレーニングを実施する人をモニター画面上で選択・登録しながら、トレーニング開始へと導きます。

利用者の新規登録については、氏名・年齢・身長・体重・心拍数・血圧・実施設定(トレーニング内容の初期値)といった基本情報や既往歴などをきめ細かく入力します。ですから、登録した利用者の情報はカルテの役割も果たすことになります。

また、トレーニング参加者を曜日や目的別にグループ化するスケジュールファイルを作成することができるため、参加メンバーの呼び出しがスムーズに行えます。「リハトレーナー」が単なるトレーニングマシンにとどまらず、“トレーニングシステム”として認知されている のは、このような優れた機能を搭載しているからにほかなりません。

 

 

4つのマシンをご紹介

 

1.レッグエクステンション

大腿四頭筋(太もも前面)の筋力強化

階段昇降の安定性、歩幅の広げなどの向上

 

 

2.ローイング

広背筋・菱形筋の筋力強化

猫背防止、肩可動範囲を柔軟にさせます

 

 

3.レッグプレス

下肢全体の筋力強化

立ち上がる、歩く、座るなどの基本動作

 

 

4.ヒップアブダクション

中殿筋(腰まわり)の筋力強化

歩行時の安定性、ふらつき防止

 


 

リハトレーナーだけの機能

 

動的バランス測定

ファンクショナルリーチ測定(動的バランス)

レッグプレスを使用してファンクショナルリーチ測定を行うことができます。利用者がレッグプレスのシートを前へ押し、動いた分の距離を測定し記録します。測定方法が一定なため、どの施設でも共通して測定でき、そのデータを比較することができます。

柔軟性測定

長座位体前屈測定(柔軟性)

ローイングを使用して長座位体前屈測定を行うことができます。ローイングのハンドルが前方へ移動した分の距離を測定し記録します。 測定方法が一定なため、どの施設でも共通して測定でき、そのデータを比較することができます。

筋力測定

膝伸展測定(筋力)

レッグエクステンションを使用して膝伸展測定を行うことができます。利き足で膝を 上げるたびに1プレートずつ自動的に負荷が追加され、限界負荷(膝が上がらなくなった時点)に達すると最大挙上量が表示されます。 測定方法が一定なため、どの施設でも共通して測定でき、そのデータを比較することができます。

判定

負荷の見極めは介護スタッフ(運動指導員)と利用者の主観に委ねていましたが、運動の測定データを波形処理し、その形状をベースに「スムース度(%)」として表示することにより、運動状況を客観的に判断することができます。また、見極め評価の結果による負荷増減(プレート交換)を、自動的に切り替えることができます。

判定結果

 


 

製品価格・仕様

 

レッグエクステンション

レッグエクステンション
最大負荷~31.5kg(0.5kg単位設定)
906mm
奥行き2145mm
高さ1142mm
重量320kg
価格(税込)¥1,870,000

 

ローイング

ローイング
最大負荷~31.5kg(0.5kg単位設定)
930mm
奥行き1570mm
高さ1434mm
重量200kg
価格(税込)¥1,793,000




レッグプレス

レッグプレス
最大負荷~63kg(1kg単位設定)
1181mm
奥行き1822mm
高さ1080mm
重量260kg
価格(税込)¥1,958,000

 

ヒップアブダクション

ヒップアブダクション
最大負荷~31.5kg(0.5kg単位設定)
906mm
奥行き1743mm
高さ1002mm
重量260kg
価格(税込)¥2,134,000

※管理ソフト一式(ノートPC、プリンター) 価格(税込):¥715,000


 

設置例

 

単体設置イメージ

単体設置イメージ

 

複数台設置イメージ

複数台設置イメージ

 

複数台設置イメージ
(パソコン1台で最大8台のコントロールが可能)

複数台設置イメージ