当ページは国内の医療関係業務従事者を対象にお届けするコンテンツです。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご注意ください。

テレメトリー式脳波計『スリープグラフ』 

睡眠の質を見える化!小型で軽量ながら高い精度での測定を実現☆患者さまにとっても負担が少なく安全に使用可能◎

睡眠の質を見える化できる脳波計「スリープグラフ」

 

睡眠の質を見える化

 

スリープグラフ
 スリープグラフは、脳波、及び脳波検査に関連する生体信号(筋電図)を測定する装置です。小型で軽量ながら、高い精度での測定が可能です。測定した結果は、専用の自動解析システムによって、レポートとして出力が可能です。 

 


 

スリープグラフの特徴

 

小型

高品質でありながら、小型・軽量を実現。

 

高精度

医療機器として、高い安全性と高い精度を保証。

 

安全

被験者の負担を大幅に軽減。容易に持ち運びも可能。

 


 

計測方法

 

 電極(ディスポ電極)を4箇所に貼り付けます。
(脳波用2か所、筋電用2か所)
 
計測方法

 

 

【計測の流れ】

電極を貼り付け、送信機を体に装着します。

電源スイッチをONにすると、計測データを無線で受信機に送信し、メモリカードに記録されます。

 

 

サービスの流れ

 

お客様が計測された脳波データを、

専用の自動解析システム『スリープダイバー』

用いて睡眠判定レポートを作成いたします。

※スリープダイバーを導入しない場合外部の専門技師による解析を行います。

 

スリープダイバー

 

スリープダイバーとは?
スリープ ダイバーはテレメトリー式脳波計「スリープグラフ」で記録した睡眠脳波データをパソコンからクラウドサーバーへアップロードすると、自動解析します。専門医師がクラウドサーバーにアクセスし承認を行った結果を、睡眠評価報告書として患者様へご提供できるサービスです。これにより、スピーディに高精度な解析結果をご提供することが可能となります。

 


 

活用シーン