ICTを活用した感染症対策 コンタクト・トレーシング (密防止、近接履歴取得)

密状態を検知するとアラートを発報、履歴を取得します。安全な職場環境の構築と感染症発生時の迅速な対応に有用です。

 

 Wi-Fi、BLEを利用した密防止、近接履歴取得アプリケーション 

 現場のみなさまが安心して働ける職場環境の構築 

 

ブザー音がなるタグを装着する

 

濃厚接触の条件を満たす状況を検知するとアラートを発報し、近接履歴を取得するコンタクト・トレーシングアプリケーションです。

ワクチンの接種が始まりましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大防止にはソーシャルディスタンスの確保・密状態の回避が引き続き重要な対策となります。
スタッフやゲストにタグを装着していただき、お互いが2m以内の距離になるとブザー音、LED、振動で通知し、タグの内部に近接履歴を記録。感染症発生時には、取得した近接履歴をもとに濃厚接触者の有無や発生場所を確認し、業務への影響を最小限に抑えた迅速な対応を行うことができます。

タグを使った際のイメージ

 

 

       コンタクトトレーシングイメージビデオ       

※音が出ます。ご注意ください。

 

 

 

近接履歴レポートにより、COVID-19と診断された個人と濃厚接触状態にあった全ての人を追跡・特定できます。

Wi-Fiによるリアルタイム位置検知により、濃厚接触が発生した場所の特定もできます。

 

               近接履歴レポート(サンプル)               

 

近接履歴レポートは必要な時にいつでも作成・閲覧ができます。

 

               Tagを使うメリット               

      ・小型、軽量、業務の邪魔にならない

      ・機密エリアへの持ち込みが可能 (カメラやボイスレコーダー非搭載)

      ・検知精度が高く、信頼度の高いデータが取得できる(スマホの場合、機器の種類により動作や性能が異なる)

      ・装着者のプライベートに配慮できる (不必要なプライバシー搾取の防止)

 

 

                機器・システム構成                

 

システム構成

 

 

詳細や価格につきましてはお問合せください。