緊急集合要請サービス『ACES』

【緊急時のスタッフ招集にお困りの医療機関様へ】迅速かつカンタンにスタッフへ集合要請をだせます!災害時の初期対応の許可にも◎

簡単・迅速・柔軟な緊急連絡を実現する緊急集合要請サービスACES

 

真夜中の事故など、

病院内でスタッフの手が足りなくなった時

集合要請はどのように行っていますか?

 

 

従来の電話による呼出しの問題点

・ 呼び出しは一人ずつしかできない

・ 個別に説明の手間や時間も必要

・ 人員や稼働時間の調整も必要

その問題は、
ACESが解決します!
 

緊急集合要請サービス『ACES』サービスイメージ
 救急患者の収容依頼は時折重なり、人手不足で対応が困難となる場合があります。院外に手の空いているスタッフに簡単に連絡できれば解決できることがあると思い、本サービス(ACES)を開発しました。必要な人数に対して一斉に呼び出しが可能です。他の人の状況も共有可能なため、受け入れ依頼を断わらずに済みます。 


 

ACES導入のメリット


メリット 01
必要な人数に対して一斉に呼び出しが可能

メリット 02
他の人の状況も共有可能

メリット 03
受け入れ依頼を断わらずに済む


 

製品紹介動画

 


 

主な機能と特徴

 

病院に特化したシステム

病院に特化
 医師が代表の弊社ならではの、病院に必要な機能を考えたシステム現役の大学病院の救命救急医である代表が、多くの医師、看護師など医療従事者の意見を取り入れて開発したシステムならではの、充実したシステムとなっています。 

 

多彩な緊急連絡手段

多彩な緊急連絡手段
 オンコールのように電話での連絡が一般的だったものを、クラウドシステムを導入することにより、対象者のスマートフォンなどにSNSやメール、LINE(別途LINEの契約が必要)にて一斉配信が可能。 

 

応答が出来る

応答が出来る
 電話以外の連絡方法を導入することで、対応の可否や病院到着時間をワンクリックで返信可能。電話と違い出られなくても残るので、気が付いたタイミングでの回答が可能です。 

 

簡単な導入

簡単な導入
 クラウドシステムであるSmart:DRは導入が非常に簡単です。申し込みさえすれば、直ぐに利用可能です。病院側にはインターネットに繋がったパソコン、スタッフは普段お使いのスマートフォン、タブレットなど様々デバイスで利用が可能です。 

 

導入事例

 

関西医科大学総合医療センター

 

国立国際医療研究センター

 

島根大学医学部付属病院

 

りんくう総合医療センター

 

千葉大学医学部付属病院

 


 

導入にかかる費用
 

 費用備考
初期費用¥100,000サーバーの基本設定など、導入先で利用されるための基本的な設定を行います。オリジナルのカスタマイズをする場合は、別途お見積りでの対応となります。
月額費用¥30,000 (※)サービスの性質上、最低契約期間は1年間となります。使用される人数やパソコンの台数などによって、変動いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

※ 1ライセンス@¥1,000×30ライセンスより

 


 

導入までの流れ

 

STEP 01STEP 02
お申し込み
トライアル

お申し込み

弊社ホームページの「無料デモ体験申し込み」
からお手続きをお願いします。

 

トライアル利用

サービスをお試しいただける環境をご用意します。

 

STEP 03STEP 04
利用開始
ご契約後

利用開始

導入から利用開始まで当社スタッフがサポートいたします。

ご契約後

すぐに利用が可能です。

おすすめの製品・サービス

POINT1.安否確認のパイオニア POINT2.LINE通知にも対応 POINT3.アプリインストール不要
安否確認システム

確認作業を自動化「安否LifeMail」

POINT1.安否確認のパイオニア POINT2.LINE通知にも対応 POINT3.アプリインストール不要

株式会社コム・アンド・コム

どこよりも安く・便利に・安全に!完全クラウド型「安否確認&連絡網サービス」 多くの企業、病院、ホームで導入実績あり
安否確認システム

バーズ安否確認+(プラス)

どこよりも安く・便利に・安全に!完全クラウド型「安否確認&連絡網サービス」 多くの企業、病院、ホームで導入実績あり

株式会社MAZULAND