労働保険事務委託:労災保険特別加入

労働保険事務の委託で事務負担軽減、経営者も労災保険に加入することができます

TSC(厚生労働省認可 労働保険事務組合)に労働保険事務の委託をすると

 ◎煩雑な事務処理の負担が軽減できます。

 ◎本来、労災保険に加入出来ない経営者(事業主・法人の役員・家族従事者等)も労災保険に

  加入がすることができます。

 ◎事業主のリスクヘッジと従業員の福利厚生を兼ねた【上乗せ労災】を民間保険に比べ安価に

  かけることができます。

 ◎労務等各種ご相談もできます。

 

 

◆煩雑な労働保険事務の負担軽減

煩雑になりがちな労働保険事務について、労働保険事務組合に委託をすることによって、事務の省力化を図ることができます。

TSCでは、労働保険の新規適用にはじまり、入退社の手続き、各種変更手続き、労災の申請書類作成等、事業主やご担当者様に代わって

行う事ができますので、手間が省け、安心して本来業務に注力していただくことができます。

※有資格者等による定めのある業務については、有資格者が行います。

 

◆経営者も政府管掌:労災保険に加入することができます

経営者(事業主・法人の役員・家族従事者)の方々は、従業員とは異なり、本来、労災保険の対象とはならず、業務災害や通勤災害については、公的な補償を受けることが出来ず自己負担となってしまいます。しかし、従業員と同様の業務に従事し、業務の実態や災害の発生状況などからみて労働者に準じて保護されるべき方々に対して、労災保険制度本来の建前を損なわない範囲で特別に任意加入を認めているのが、労災保険の特別加入制度です。

◆リスクヘッジと福利厚生に最適の【みらいふ労災共済(上乗せ労災)】も利用可能です

休業を伴ったり障害が残る様な重大な業務災害が発生した際に、被災労働者から、国の補償(労災)を受けるだけではなく、損害賠償的な補償を求められる事象がここにきて増加してきております。また、従業員がより安心して就業出来る体制作りをされている企業様も増加してきております。TSCでは、事業主様のリスクヘッジと、従業員の満足度向上を主眼とした福利厚生として、上乗せ労災【みらいふ労災共済】をご用意しております。