再生医療支援サービス

再生医療を始めるクリニック様をサポート!再生医療等委員会の面倒な申請手続きや幹細胞(塊)の加工をお任せください。

再生医療を始めるクリニック様をサポート!再生医療等委員会の面倒な申請手続きや幹細胞(塊)の加工をお任せください。

再生医療を開始するためには、厚生労働省に認可された「認定再生医療等委員会」の審査を受ける必要があります。また、自己組織由来幹細胞を用いた再生医療(幹細胞治療)を行う場合は、患者様の脂肪などから抽出した幹細胞を培養する必要があります。それには細胞加工施設を用意し、再生医療等委員会の認可を受ける必要があります。しかし、規模の大きい病院ではともかく、クリニックでは人員の余裕が限られており、これらの対応が難しいところも少なくありません。

そこで弊社は、これから再生医療に着手されようとするクリニックをサポートするサービスをご提案します。

再生医療を始める際の課題

 

再生医療の提供を開始する場合、事前に「再生医療等委員会」へ申請をする必要があります。ただ、多くのクリニックでは申請方法が分からなかったり、申請に向けた手続きが煩わしい。

ほとんどのクリニックでは細胞を加工するための設備を持っていなかったり、細胞等加工物の用意が難しい。


これらの課題を抱えるクリニック様に向けて
シムスバイオでは二つのサービスを提供します。

 

① 認定再生医療等委員会申請支援サービス

クリニックが再生医療を開始するための認定再生医療等委員会の審査手続きをサポートします。弊社は審査手続きに精通しているため、ポイントを押さえた申請書作成の支援が可能です。
 

 

 

 

② 細胞等加工支援サービス

弊社は再生医療の分野でトップレベルのクリニックと提携しています。PRP療法や脂肪由来幹細胞治療に向けた、PRPや幹細胞、幹細胞塊の加工、保管についての委託契約のコーディネートを行っています。
幹細胞塊の加工は他ではない特徴になります。

 


診療領域治療名
内科系

脂肪内幹細胞を用いた自己免疫疾患治療

脂肪内細胞を用いた認知症治療

脂肪内幹細胞を用いた糖尿病治療

脂肪棒内幹細胞を用いた心血管病治療

脂肪内幹細胞を用いた肝硬変治療

形成外科系脂肪内幹細胞を用いた豊胸術
整形外科系

脂肪内幹細胞を用いたリウマチ治療

脂肪内幹細胞を用いたスポーツ外傷治療

脂肪内幹細胞を用いた変形性関節症治療

皮膚科系脂肪内幹細胞を用いたしわ、たるみ治療
口腔外科系脂肪内幹細胞を用いた歯科インプラント治療

 

脂肪由来幹細胞治療(幹細胞塊治療)

■治療対象
変形性膝関節症、皮膚のしわ・たるみ、アトピー性皮膚炎、肝臓病、脳梗塞後後遺症、潰瘍性大腸炎など

■幹細胞の採取に脂肪を用いるメリット
 自分自身の志望から採取した脂肪幹細胞は、発番性リスクや副作用の心配を回避できるメリットがあります。『クリニックちくさヒルズ』で採用している手法は、ごく少量の脂肪(ex.0.02g)から短時間で大量に幹細胞を増やすことが可能であり、脂肪採取時の傷が残らないなど、お客様の体への負担も少なくて済むことが特徴です。

■幹細胞の保存
① 脂肪の採取(貴クリニックにて)
② 培養
③ 凍結保存(10回分保存1年間)
④ 1回分の細胞の解凍
⑤ 細胞の調整
⑥ 患者様へ細胞の投与(貴クリニック)