『手指衛生管理システム 3HS』

日々の消毒液消費量を自動で記録し管理!ICカードをタッチするだけで簡単計測☆手指衛生の遵守に向けて課題を把握

日々の消毒液消費量を自動で記録し管理!ICカードをタッチするだけで簡単計測☆手指衛生の遵守に向けて課題を把握

 

手指衛生管理システム

 

手指衛生の遵守は、
多くの研究で実証された
感染拡大防止に有用な手段です。


接触感染プロセス

接触感染プロセス

 

手にはウイルスが付着していることを前提に、なにかを触った後、体に触れる前の消毒が大切

 


 

多忙な医療現場では、
手指衛生の遵守が難しいことが調査結果から伺えます。

 

外来医師の手指衛生製剤の使用頻度


 

病棟看護師の手指衛生実施率

 


 

手指衛生の遵守状況を
向上させるには、状況を観察し、
課題を抽出することが重要です。


手指衛生遵守率向上のポイント

1
手指衛生の遵守状況を観察する
2
観察した結果・遵守率をフィードバックする
3
課題を洗い出し対策・教育を行う
4
介入結果を観察しフィードバックして取組により改善が可能であることを示す

出典元※1 第35回⽇本環境感染学会学術集会「無線センサーによるリアルタイム・モニタリングを⽤いた、内科外来診察室における⼿指衛⽣剤の使⽤状況」(2020年)
横浜市⽴⼤学附属病院 感染制御部1)、横浜市⽴⼤学附属病院 看護部2)、株式会社ケアコム3) 加藤英明1)、武⽥理恵2)、出野義則3)、佐野加代⼦1)、鈴⽊智代1)、中村加奈1,2)

出典元※2 第35回⽇本環境感染学会学術集会「消化器外科病棟における時間帯別⼿指消毒の実態-⼿指衛⽣モニタリングシステムを通して-」(2020年)

福井⼤学医学部附属病院 加藤早紀、⾼⼭裕喜枝、南部久美⼦、近江咲菜、室井洋⼦

 


 

だから…

⽇々の消毒液消費量を
⾃動で記録し管理

 

手指衛生管理システム
 ICカードをタッチして消毒剤を計量することで、ポンプ重量の差から、スタッフ別にその日の消費量を自動算出。手動で計測・集計する手間なく、状況が把握できます。 

 

運用フロー

 

導入のメリット
月次比較表

 

従来の消費量管理と手指衛生管理システムとの違い

 消費管理のタイミング日ごとの消費量管理日ごとの消費量計測精度計測値の集計入力フィードバックのタイミング
消毒剤の払い出し量による管理払い出し時---月単位
消毒剤の目盛りで管理日ごと可能手作業 月単位
消毒剤の重量で管理日ごと可能手作業 月単位
手指衛生管理システム 3HS日ごと可能自動1日~週単位可能

 

システム別機能一覧

 消費量管理フィードバック実施者実施時間実施場所実施回数
手指衛生管理システム 3HS1日単位---
手指衛生モニタリングシステム 3HS-AIリアルタイム

※消毒剤ポンプを個人ごとに携帯する場合

 


 

モニターの声

120分かかっていた集計時間が解消されました
某国立大学病院
感染管理のリンクナース Kさん


今まではスタッフ44名が毎日計測して手書きで記録し、月に一度、パソコンに入力・集計していました。

システムを使うことで120分かかっていた入力・集計作業時間が、ゼロに!

実施状況は必要なタイミングに確認でき、現場へのフィードバックにも役立っています。