在庫管理・発注の自動化『スマートマットクラウド』

棚卸しや発注業務の負荷を減らして本来の業務へ集中◎在庫の消費期限切れを防止しコスト削減にも!累計導入600社/16,000台☆

 

ゼロクリック在庫管理・発注の
スマートマットクラウド

スマートマット
 在庫の重さを検知して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

ありそうでなかったシンプルな仕組みを利用して、管理画面から実在庫の自動記録、確認が可能。

面倒な棚卸の手間を解消、自動発注もできる感動を是非ご体験ください!
 

 

スマートマット サービス紹介
1

 

2
【自動】
在庫の残量を通知
【自動】
在庫数の見える化+通知
一定の頻度で残量計測。インターネット経由でクラウドにデータ保存Web管理画面で在庫残量・数を見える化。基準値未満になったらアラートで通知
 
3
 
 【自動】発注機能 
 メール・FAX・Web発注(Amazonなど)に対応。タイミング・文面なども簡単に設定 

 

 製品仕様、価格などの詳細は
下記の資料請求ボタンから!
 

スマートマットクラウドの公式ホームページはコチラから ≫


 

あらゆる場所に対応、
日々の在庫管理業務を劇的に改善

 

 医薬品、医療材料やコピー用紙などの事務用品など、あらゆる環境に対応。スマートマットを商品の下に置くだけで、日々の作業を劇的に楽にします。 
 サイズはA3、A4、A5の3種類

1グラム~100グラム単位で計測が可能

複数台の利用で数百キロの商品も計測

Wifiで接続、電池で3年稼働(1回/1日計測)
 

 


 

医療介護現場の在庫管理

在庫のイラスト
 医療機関(病院・クリニック)では、さまざまな種類の膨大な物品・備品などの在庫管理を行う必要があります。 
 医薬品
医療材料
検査薬
マスク・手袋・ガーゼ・包帯・注射針等医療消耗品
医療機器
入院患者用寝具・寝巻き
事務用品
 
 医療現場では緊急時の対応があり在庫切れで治療ができないという事態は許されません。医療現場の在庫管理は、正確さや慎重さが求められる重要な業務です。

老人ホーム、福祉施設など介護現場では、
 
 入所者が常用している医薬品
紙オムツ・マスク・手袋・ガーゼ・包帯・口腔ケアなどの医療消耗品
入所者のリネン類やシャンプー、石鹸などの備品
事務用品
食品や飲料品
 
 など、さまざまな種類の膨大な物品・備品などの在庫管理を行う必要があります。それらが保管されている場所も倉庫や事務所、滅菌室など多岐にわたることも多いため、どこに何が保管されているかをしっかり把握するのも大変です。 

 


 

メリット

 

 スマートマットクラウドを用いることで、医療現場における在庫管理や受発注業務の自動化が可能です。圧倒的に人手不足に悩む現場を手軽に自動化することで、医療従事者(看護師・用度係)の負担を軽減し、その分患者のケアに時間を充てることができ、医療ミスの撲滅にも資することが可能です。 

 

業務効率化
 総務部門が在庫管理・発注業務を忘れて重要業務に集中できる
実際にチェックする時間だけでなく、常にチェックしなければならないストレスからも開放される
 

 

配送・補充の最適化
 遠隔から各拠点の残量をチェックできるため、従来のルート営業が不要に
事前に残量を見て、病院への補充タイミング・ルートを最適化可能。新規営業にも時間を割けるように
 

 

採用力アップ離職率ダウン
 医療介護現場における働き方改革に貢献
スタッフの採用が進みやすくなるうえ、現場の残業も低減できる
 

 

医療事故の防止
 洗浄液が順調に減っていることを消費履歴のデータから分析
異常があったらアラートで知らせることで、洗浄クオリティを担保することができる
 

 


 

導入実績

※パートナー企業を含む

累計導入600社/16,000台の実績がございます。

導入企業

 


 

よくあるご質問

Q.  電池寿命はどれくらいですか?
1日4回計測で1年間が目安です。
Q. マットから商品がはみ出しても利用可能ですか?
商品の荷重がすべてスマートマットにかかっている状態であれば問題ありません。
Q. 重複して注文されませんか?
重複発注防止機能がございます。

 

 製品仕様、価格などの詳細は
下記の資料請求ボタンから!
 

スマートマットクラウドの公式ホームページはコチラから ≫

導入事例