介護ユニフォームの人気・おすすめメーカー9選【徹底比較】

投稿日 2022.09.14 / 更新日 2022.09.16
投稿者:豊田 裕史

介護施設で働くスタッフの服装はさまざまです。ポロシャツにチノパン、ジャージという施設もありますが、施設で統一したユニフォームを使用しているところも少なくありません。ユニフォームを導入する際には、オンライン通販サイトで購入することも可能です。

購入時はメーカーと法人契約すると、多くのメリットを得られるでしょう。当記事では利用シーン別、デザイン面など複数の観点からおすすめの介護服メーカーを紹介していきます。介護施設でユニフォームの導入を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

介護服選びの専門知識・時間が無い方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。

時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

介護施設でユニフォームを購入するメリット

多くの介護服メーカーは、自社直販よりも全国の代理店やオンラインストア経由でユニフォームを販売しています。各企業のオンラインストアや、企業を横断した通販サイト経由での購入がおすすめです。

個人でユニフォームを購入するよりも、施設全体で購入することで「法人割引」や「サンプル試着」といったメリットを得ることができるでしょう。ここからは、介護施設でユニフォームを購入するメリットを解説していきます。

法人割引を受けられる

最初のメリットは、法人割引を受けられるという点です。施設単位でユニフォームをそろえると、個人でユニフォームを購入するよりも注文数が多くなります。もちろん、スタッフが個々にユニフォームを用意することも可能です。

しかし、一般的には通販で個人が購入するより、法人で大量に購入・契約することで割引価格を提示される可能性が高いでしょう。せっかく購入するのですから、少しでもお得に購入できればそれに越したことはありません。介護施設でユニフォームを購入することで、法人割引を受けられるかどうか介護服メーカーに確認してみましょう。事前に複数社に見積もりを依頼すると、費用の比較がしやすくなります。

サンプル試着対応

次のメリットは「サンプル試着対応」してくれる介護服メーカーもあるという点です。通販での購入の場合、現物を試着することができません。届いて現物を合わせてみたら、サイズが合わなかったなどのトラブルが発生するケースもあるでしょう。

その点ユニフォームを一度に多量で購入すると、事前に試着期間を設けてくれることもあります。試着してから購入することで、スタッフひとりひとりに合ったサイズのユニフォームを用意できるでしょう。

介護施設向けユニフォームの選び方【目的・ニーズ別】

介護施設向けのユニフォームを選ぶときに、チェックしたい5つのポイントは下記の通りです。

  1. 総合おすすめ|導入実績や機能がトップクラスのメーカー
  2. 機能性|スポーツメーカーも参入
  3. デザイン|キャラクターコラボやオリジナルデザインも
  4. 取扱い種類数
  5. 価格

ここからは、それぞれのチェックポイントを具体的に解説していきます。

総合おすすめ|導入実績や機能がトップクラスのメーカー

まずは、総合的にみて、導入実績や機能がトップクラスの介護服メーカーを選びましょう。導入実績が多いということは、それなりに導入するメリットや他のメーカーと比べたときに優れた点があるということです。検討する余地は十分にあるでしょう。

ナガイレーベンは、導入実績がトップクラスのメーカーです。ストレッチ性に優れた製品や、吸汗性の高い素材を使ったユニフォームなど、機能も充実しています。どの施設にも共通しておすすめできるメーカーといえるでしょう。

機能性|スポーツメーカーも参入

次にチェックするべきポイントは「機能性」です。介護施設のスタッフは仕事の際に連絡用のスマートフォンやメモ帳など、多くのアイテムを持ち運ばなければなりません。そのため、特にポケットの数や深さは着眼するべき点といえるでしょう。

たとえば、ナガイレーベンでは小分けポケットやPHSポケットのついたユニフォームを展開しているのでおすすめです。さらに、ミズノルコックスポルティフなどスポーツメーカーも参入しており、動きやすさには定評があります。抱きかかえたり前かがみになるなど、介護の現場に必要なハードな動きもサポートしてくれるでしょう。

デザイン|キャラクターコラボやオリジナルデザインも

「デザイン」もしっかりチェックしておくべきポイントです。毎日くたびれた服装で働くのでは、スタッフもモチベーションが上がりません。機能性にばかり気を取られ、ついついデザイン性を軽視しがちですが、スタッフのモチベーションを上げるためにも大切にしたいポイントです。

たとえば、フォークでは黄色やピンクなど、さまざまなカラーバリエーションのユニフォームが用意されています。ワンポイントの入ったデザインのユニフォームもあり、普段着のようなだらしない印象を与えません。プロとして気を引き締めるためにも、フォークのデザイン性の高いユニフォームはおすすめです。

また、住商モンブランは、セミオーダーのデザインも受け付けています。そのため、コンセプトに合わせたオリジナルのユニフォームを作ることが可能です。施設のイメージを聞きながら、デザインを描きあげていきます。その後、サンプルを作成した後に、製品を作るという流れです。

さらに、ナガイレーベンはミッフィーとのコラボ製品も取り扱っています。袖の部分に小さなミッフィーが描かれており、ミッフィー好きの職員だけでなく施設の利用者さんも楽しい気分になれることでしょう。女性が多い職場におすすめしたいユニフォームです。

取扱い種類数

介護服ユニフォームにはポロシャツやTシャツ、エプロン、スクラブ、ジャージ、パンツなどさまざまな種類があります。服だけでなくシューズやサンダル、バッグなどに対応する企業もあるので、要望に合わせて選びましょう。

動きやすさ、利用者からの反応など、チェックしなければならない要素にはさまざまなものがあります。しかし、大抵の介護服メーカーでは複数の種類に対応しているものです。メーカーで用意されたカタログを見るなどして、希望の種類のユニフォームを選ぶようにしましょう。多くの種類のユニフォームを取り扱っているメーカーなら、それだけ選択肢も多くなります。

価格

最後のポイントは「価格」です。ユニフォームは日々着用するものなので、使い捨てと割り切って価格で選ぶという方法もあります。特にVネックで半袖タイプのデザインが主流の「スクラブ」と呼ばれるタイプのユニフォームは、一着の価格が安く揃えやすいでしょう。

スクラブは洗っても生地がへたりにくく、比較的耐久性にも優れています。カジュアルなイメージで、威圧感も抑えられるでしょう。各社の価格情報をインターネットで確認し、分からない場合は複数の介護服メーカーで見積もりをとるなどすると、価格の比較がしやすくなります。

介護施設向けユニフォーム比較一覧表

メーカー ナガイレーベン フォーク カゼン サーヴォ 住商モンブラン ミズノ ルコックスポルティフ アイトス チトセ株式会社
対応分野 医療介護 医療介護 医療介護 医療 医療介護 医療介護 介護 医療介護 「医療、介護、医療介護」から選ぶ
特徴 医療介護で60%以上の国内シェア、年間600万着以上を開発・販売 職種に合わせたユニフォームの選び方から無料お直しサポートまで 身体のどんな動きにも追従するカッティングテクノロジー、動体裁断を採用 幅広い分野に対応する2,000種類以上の豊富な品種 プロの仕事を支える、快適な機能性とスタイリッシュなデザイン 医師の発想で生まれたクリーン技術ハイドロ銀チタンで細菌の増殖を抑える オリジナルの技術「MOTION 3D」でハードな動きをよりスムーズ・快適に カラフルなカラーバリエーションで気分に合わせて選べるユニフォーム 色の豊富さ、刺繍などオーダーの自由さ
ユニフォームの種類 ウエア、ボトム、エプロン、シューズ、ルームウェア ウエア、ボトム、エプロン、シューズ、医療用品 ウエア、ボトム、エプロン、シューズ ウエア、ボトム、エプロン、シューズ ウエア、ボトム、エプロン、シューズ ウエア、ボトム、エプロン、シューズ ウエア、ボトム、シューズ ウエア、ボトム、インナー、エプロン ウエア、ボトム、エプロン、ポーチ、シューズ

介護施設用ユニフォーム9選

ここからは、おすすめの介護施設用ユニフォームを紹介していきます。

ナガイレーベン株式会社

ナガイレーベン株式会社

出典:ナガイレーベン株式会社 https://www.nagaileben.co.jp/webcatalogue/

ナガイレーベンは創業100年以上の歴史ある会社です。スクラブはもちろん、白衣やエプロン、受付・事務のオフィスウェア、患者衣なども扱っています。日本各地に取扱店があるので、通販だけでなく直接取扱店で購入することも可能です。

先述したようなミッフィー柄だけでなく、リバティ柄など豊富なデザインのユニフォームを展開しています。また、肩回りの動作をストレスフリーにし、衣服内の空気を循環させて低下させる「プロファンクション」というシリーズもあります。施設の形態やスタッフの要望に合わせたユニフォームを用意できるでしょう。

ナガイレーベン株式会社の比較ポイント

  • デザインが豊富
  • 縫製にもこだわり丈夫で長持ち
  • 透けにくい素材を使用したスクラブも

製品情報

会社名 ナガイレーベン株式会社
対応分野 医療介護
特徴 医療介護で60%以上の国内シェア、年間600万着以上を開発・販売
ユニフォームの種類 ウエア、ボトム、エプロン、シューズ、ルームウェア

フォーク株式会社

フォーク株式会社

出典:フォーク株式会社 https://www.folk.co.jp/

フォーク株式会社は、1903年創業のユニフォーム製造メーカーです。スクラブや健診衣だけでなく、医療用品やソックスなどのアイテムも販売しています。購入前だけでなく、購入後までさまざまなサポートが用意されており、安心して使用できるのが特長です。

また、素材にもこだわっており、シリーズに合わせて使われている素材が異なります。肌触りや速乾性、ストレッチ性など、重視したい機能に応じて素材を選ぶことができるでしょう。さらに、シナモロールやハローキティなどのキャラクターの刺繍を入れてもらうことも可能です。

フォーク株式会社の比較ポイント

  • 刺繍やプリントを入れてオリジナルユニフォームが作れる
  • こだわった素材や生地を採用
  • ユニフォームの補修・修理も無料でできる

製品情報

会社名 フォーク株式会社
対応分野 医療介護
特徴 職種に合わせたユニフォームの選び方から無料お直しサポートまで
ユニフォームの種類 ウエア、ボトム、エプロン、シューズ、医療用品

株式会社カゼン

株式会社カゼン

出典:株式会社カゼン https://kazen.online/

カゼンは昭和27年に白衣を作ることから始まった、ユニフォームを作る会社です。医療介護用の衣服だけでなく、食品工場用の衣服や衛生アイテムなど、幅広い製品を展開しています。

動きやすさを重視したストレスフリーな生地素材だけでなく、吸汗性や制電、スケ防止などにもこだわっているのが特長です。ポケットやループも多いので、快適にアイテムを持ち歩けるでしょう。さらに、機能だけでなく、多彩なカラー展開でデザイン性も兼ね揃えています。

株式会社カゼンの比較ポイント

  • 利便性や快適性を兼ね揃えたデザイン
  • 心が一瞬で華やぐようなさまざまなカラーバリエーション
  • 素材が持つ機能性で動きやすさや過ごしやすさをサポート

製品情報

会社名 株式会社カゼン
対応分野 医療介護
特徴 身体のどんな動きにも追従するカッティングテクノロジー、動体裁断を採用
ユニフォームの種類 ウエア、ボトム、エプロン、シューズ

株式会社サーヴォ

株式会社サーヴォ

出典:株式会社サーヴォ https://www.style-ist.jp/

サーヴォはユニフォームの企画から管理、運用までを一環して行っている「ユニフォーム総合メーカー」です。メーカー直販の公式オンラインストアがあり、カタログ表示価格よりもお得な価格で購入できます。

さらに、当日発送などにも対応しており、すぐにユニフォームを導入したい施設にもおすすめです。カタログにも掲載されていない、大きなサイズを作成してもらうこともできます。また、購入する枚数に応じたまとめ買い値引きもありますので、購入を検討中の方はぜひ見積もりを依頼してみましょう。

株式会社サーヴォの比較ポイント

  • さまざまなニーズに合わせたラインナップ
  • コストパフォーマンスの高いオリジナルユニフォーム
  • 取扱店舗でサンプルを見ることも可能

製品情報

会社名 株式会社サーヴォ
対応分野 医療
特徴 幅広い分野に対応する2,000種類以上の豊富な品種
ユニフォームの種類 ウエア、ボトム、エプロン、シューズ

住商モンブラン株式会社

住商モンブラン株式会社

出典:住商モンブラン株式会社 https://www.scmb.co.jp/

住商モンブランは大阪府大阪市に本社を構える企業です。「即納体制」「品質保証」「商品開発」を柱とした、独自のオペレーションシステムを構築しています。海外工場も含め出荷数や生産数も細かく管理しているため、製品を迅速に出荷してくれるでしょう。

また、豊富な専門知識と経験をもとに、それぞれの要望やコンセプトに合わせたオリジナルユニフォームの作成も可能です。デザインだけでなく、納期やコスト削減などの相談にも応じてもらえるのでぜひ問い合わせてみましょう。

住商モンブラン株式会社の比較ポイント

  • 多角的な視点でスピーディな品質チェック
  • 国内外約30社の縫製工場と提携し供給の安定化
  • セミオーダーシステムも導入

製品情報

会社名 住商モンブラン株式会社
対応分野 医療介護
特徴 プロの仕事を支える、快適な機能性とスタイリッシュなデザイン
ユニフォームの種類 ウエア、ボトム、エプロン、シューズ

ミズノ株式会社

ミズノ株式会社

出典:ミズノ株式会社 https://www.mizuno.jp/mizuno_catalog/flashbook/2022_medical/book/#target/page_no=1

ミズノでは100年以上にわたって人間の身体動作を探求し、これまで多くのアスリートを支えてきました。人体の動きを知り尽くすミズノならではの豊富な技術とノウハウで作られたユニフォームが、ミズノの大きな特長です。

股繰り部分や脇部分に「ダイナモーションフィット」という機能を取り入れ、動きやすいように作られています。さらに、動きやすい肩回りや、邪魔にならないように設計されたポケットなど細部にまでこだわりが施されているので現場スタッフも動きやすいでしょう。

ミズノ株式会社の比較ポイント

  • 作業の効率に配慮した設計
  • 動きやすさを生むウエア設計ダイナモーションフィット
  • 数多くの病院への導入実績あり

製品情報

会社名 ミズノ株式会社
対応分野 医療介護
特徴 医師の発想で生まれたクリーン技術ハイドロ銀チタンで細菌の増殖を抑える
ユニフォームの種類 ウエア、ボトム、エプロン、シューズ

ルコックスポルティフ

ルコックスポルティフ

出典:ルコックスポルティフ https://akashi-suc.jp/uniform/carestaff/lecoq/index.html

「ルコックスポルティフ」は1882年に生まれたフランス国内最古のスポーツブランドです。スポーツメーカーとしてさまざまな競技経験から得た豊富なノウハウが、介護服に活かされています。アスリートと同じテクノロジーで、ハードな介護の仕事をサポートしてくれるでしょう。

身体の丸みに合わせて作られたパターンにより、ツッパリ感を軽減してくれるのが特長です。また、スポーツブランドらしいデザインに優れており、スタッフだけでなく施設の利用者も元気になることでしょう。

ルコックスポルティフの比較ポイント

  • フランスで生まれた伝統あるスポーツブランド
  • 腕の上げ下ろしや患者さんの抱きかかえを快適サポート
  • 負荷がかかりやすい膝部分を立体的なつくりに

製品情報

会社名 ルコックスポルティフ
対応分野 介護
特徴 オリジナルの技術「MOTION 3D」でハードな動きをよりスムーズ・快適に
ユニフォームの種類 ウエア、ボトム、シューズ

アイトス株式会社

アイトス株式会社

出典:アイトス株式会社 https://www.aitoz.co.jp/item/medical/

アイトスは大正6年に創業された企業です。医療介護用ユニフォームだけでなく、オフィスウェアやタオルなども展開しています。現場の声を取り入れ、次々に新しいユニフォームの開発も行われています。

介護服においては、カジュアルでフレンドリーな印象を大切にしたデザインが特長です。豊富なカラーバリエーションやスポーツテイストを取り入れたラインナップで、介護の現場を元気にできるでしょう。吸汗速乾に優れたポロシャツも、介護医療現場に人気のあるユニフォームのひとつです。

アイトス株式会社の比較ポイント

  • スポーツテイストなユニフォーム
  • 幅広いワークシーンへの適応
  • カラフルな選択肢

製品情報

会社名 アイトス株式会社
対応分野 医療介護
特徴 カラフルなカラーバリエーションで気分に合わせて選べるユニフォーム
ユニフォームの種類 ウエア、ボトム、インナー、エプロン

チトセ株式会社

チトセ株式会社

出典:チトセ株式会社 https://www.uniform-chitose.com/

チトセは1952年に創業したユニフォームの会社です。デザイン性と機能性だけでなく、革新的なアイデアで常に新しい製品を作り上げています。たとえばファッションディレクターである榎本実穂氏とのコラボ製品や、とても軽くエアリーな着心地を追求したユニフォームなど、オリジナル性に富んだ製品が特長です。

製品の中には、殺菌+抗ウイルス、抗カビ加工を施した製品もあります。菌の持ち込みを避けたい介護施設においても、魅力的な機能といえるでしょう。また、スマホポケットや調整のしやすいウエストアジャスター、インクにじみ防止機能なども、チトセの人気の秘訣です。

チトセ株式会社の比較ポイント

  • 刺繍・プリントオーダーも可能
  • 高感度で高品質なユニフォーム
  • 鮮やかなカラーと美しいシルエットでスタイリッシュに

製品情報

会社名 チトセ株式会社
対応分野 「医療、介護、医療介護」から選ぶ
特徴 色の豊富さ、刺繍などオーダーの自由さ
ユニフォームの種類 ウエア、ボトム、エプロン、ポーチ、シューズ

まとめ

介護施設でユニフォームを使用することで、施設全体の統一感を高めると同時にスタッフのプロ意識を高めることができます。個人で買うよりも、施設全体でまとめ買いすることで、法人割引やサンプル試着といったメリットも得られるでしょう。

介護施設向けのユニフォームを選ぶ際は、機能性や価格だけでなく、デザイン性や導入実績、取扱いアイテムの種類数などもチェックしましょう。自施設に必要な機能を見極め、現場で働くスタッフの仕事をサポートし、働きやすくなるユニフォームを見つけてください。

介護服選びの専門知識・時間が無い方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。

時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。