【2024】クリニック・病院におすすめのPOSレジ13選|選び方まで

更新日 2024.02.09
投稿者:豊田 裕史

クリニックや病院におけるレジ業務は、とても煩雑です。会計を待つ患者さんのためにも素早い処理が求められるものの、煩雑さゆえにレジ業務担当者に大きな負担がかかっているのも事実です。

本記事では、クリニックや病院がPOSレジを導入するメリットと、POSレジの選び方を解説します。また、おすすめのPOSレジを13点紹介しますので、クリニックや病院での業務を効率的に行いたい方は参考にしてみてください。

クリニック・病院向けのPOSレジ選びでお困りではありませんか?
  • 「製品の数が多くてどれを選べばいいのか分からない」
  • 「POSレジを導入したいけど、どこに問い合わせたらいいのか分からない」
  • 「会計業務を効率化したい!お釣り間違いをなくしたい!」
上記のお悩みに当てはまる方は、ぜひ当社コンシェルジュにご相談ください。
  • 対応件数1,000件以上!医療機関・介護施設の業者選定をサポートしてきたコンシェルジュが対応
  • メーカーや医療機関さまからの情報にもとづき、価格相場もお伝えします
  • ご希望内容に対応できるメーカーからの連絡もお取次ぎします
コンシェルジュに相談(無料)

POSレジとは?

POSレジとは、POSシステムを採用したレジのことです。POSシステムのPOSは「Point of sale」の頭文字をとったもので、販売時点情報管理を意味します。商品の販売や支払いが行われた時点で、その商品の商品名や価格、販売時間などを単品単位で収集・記録するシステムです。

クリニックや病院の場合に例えると「いつ・誰に・どんな医療行為をして・いくらかかったか」などを個人単位で記録してくれるということですね。

情報の詳細を記録するので、収集したデータを基にさまざまな分析が行え、経営に活かせます。また従来のレジは手打ちするため、時間がかかったりミスが発生したりするリスクがあります。一方、POSレジはバーコードやセルフレジの機能が搭載されており、担当者の業務負担が大幅に軽減されるでしょう。

POSレジとは

クリニック・病院のPOSレジの選び方、導入のポイント

POSレジの導入を検討する際、何をポイントに選んだらいいのか迷ってしまいますよね。ここでは、いくつかのポイントに絞って選び方を解説します。

求める機能があるかどうか

自院に必要な機能が、過不足なく揃っているかどうかも大切なポイントです。せっかくPOSレジを導入したのに欲しい機能がなかったり、逆に機能がありすぎて持て余したりすると、勿体無いですよね。

まずは、絶対に必要な機能は何なのかを整理しましょう。機能を最大限に活かし費用を無駄にしないためにも、医師をはじめそれぞれの担当者に要望をヒアリングして決定するといいかもしれません。

価格

POSレジには初期費用や月額費用、オプション費用や保守費用などがかかります。製品によって異なりますが、初期費用の相場は0~100万円、月額費用の相場は5000~2万円程度です。導入する際に発生するコストと、自院の予算感が合っているか確認することが重要です。予算をオーバーしてしまう場合は、機能を最低限に抑えたり補助金を活用したりといった方法があります。

POSレジの価格についてはPOSレジの価格を徹底比較|一番安いのはどの製品?でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

小規模から導入できるか

POSレジは機能が増えるほど価格も高くなります。高機能なPOSレジを導入したものの、結局活用できていない…という状況は避けたいものです。小規模・低価格から導入できるPOSレジを選ぶことで、後から必要だと思った機能を追加していくことができます。大がかりな入れ替えが発生しないため、結果的にかかるコストを少なくできるでしょう。

サポート体制の有無

POSレジには多くの機能が備わっており、ときには使い方がわからなくなってしまったり、機器の調子が悪くなったりということが起きるかもしれません。万が一の際、素早く対応してもらえる体制が備わっているかどうかは、POSレジを選ぶ上で非常に大切なポイントです。

初回導入時に使い方のレクチャーを行ってくれる企業もあるため、検討する際の基準にしてもいいでしょう。 参考として、株式会社スマレジは導入時のサポートを行ってくれるオプションがあります。また、オンラインのサポートであれば料金が50%オフになるプランも準備してあり、状況に応じた選び方が魅力の企業です。

キャッシュレス決済の導入も検討

大量の現金を持ち歩く必要がなく、家計管理も簡単に行えるキャッシュレス決済は幅広い世代に支持されています。非接触での支払いが可能なため、衛生的な観点からも今後ニーズは高まるでしょう。現金受け渡しの時間も短縮され、業務の効率化が図れるメリットもあります。

また、若い世代ほど、キャッシュレス決済ができるかどうかでクリニック・病院を選ぶ傾向があります。多くの患者さんが来院するクリニックや病院は特に、キャッシュレス決済の導入を検討してみるといいでしょう。

外部システムと連携できる拡張性があるか

クリニックや病院では、POSレジと電子カルテやレセコンを連携することで大幅な業務効率化がはかれます。現在使用している電子カルテやレセコンと連携が可能なPOSレジを選ぶことで、会計ミスの防止やスムーズな受付会計作業につながるでしょう。その他、今後導入予定のシステムがある場合も、POSレジとの連携が必要か確認しておくのがおすすめです。

クリニック・病院におすすめのPOSレジ13選

ここからは、クリニック・病院におすすめしたいPOSレジを紹介します。それぞれの特長を見比べて、ぴったりのものを探してください。

POS+(ポスタス)|ポスタス株式会社

ポスタス株式会社

出典:ポスタス株式会社 https://www.postas.co.jp/service/postas-healthcare/

POS+ healthcare は、iPadを活用したクリニック・整体院向けのクラウド型POSレジです。データ入力などの導入時の初期設定は担当サポートが対応いたします。365日電話サポートや、トラブル発生時全国駆けつけサポート(※一部地域は別途費用が発生します)、初めて導入する方にも安心な万全なサポート体制を整えています。

ポスタス株式会社の比較ポイント

  • クリニック・整体院向けに開発されたPOSシステム
  • 導入がカンタン&スムーズ
  • 初めて導入する方にも安心な万全なサポート体制

ポスコ|株式会社ポスコ

株式会社ポスコ

出典:株式会社ポスコ https://www.posco.co.jp/

ポスコは30年以上の経験と実績を基に、病院やクリニックの各診療科に最適なプランを提案してくれます。レセコン・電子カルテの連動や請求金額の計算など、機能が充実しており効率化が図れるため、患者さん・医療従事者双方の負担が軽減されるでしょう。

また、業界に精通したコンサルタントがシステム構築を担当し、導入後の変更や追加などを柔軟に行えるのも嬉しいポイントです。導入するシステムを最適化するため、初期費用や月額料金については要問い合わせとなっています。

株式会社ポスコの比較ポイント

  • 30年以上にわたる経験と実績
  • 既存管理システムとデータの共有が可能
  • 柔軟なカスタマイズ力

スマレジ|株式会社スマレジ

株式会社スマレジ

出典:株式会社スマレジ https://corp.smaregi.jp/

スマレジは、iPhoneやiPadに対応したタブレットのPOSレジです。クラウド型で高機能ながらも低価格を実現しています。基本的なレジ機能がついたスタンダードプランは0円で使用でき、POSレジを導入したいけれどコストが気になる場合にもおすすめ。

もちろん、クリニックや病院に必要な各種レセコン・電子カルテと連携できる機能なども多数あり、自院に最適なプランが選べます。また業界唯一のサービス品質保証制度を導入しており、サーバーの月間稼働率99.95%を保証しているので、安心して利用できますね。「スマレジのオンライン相談・ショールーム予約はこちら」での導入相談を受け付けていますので、気になる方はご検討ください。

株式会社スマレジの比較ポイント

  • 「スマレジ検定」に合格したエキスパートのみで構成されたサポート体制
  • アクティブ全国38,000店舗への導入実績
  • 業界唯一のSLA(サービス品質保証制度)

BCPOS|株式会社ビジコム

株式会社ビジコム

出典:株式会社ビジコム https://www.busicom.co.jp

ビジコムのPOSレジは、スタンダードなタイプからキャッシュレス決済が端末1台で行えるタイプまで、各種揃っています。月額制で機器を使用できるサブスク型と補助金にも対応している買取型があり、幅広い選択肢の中から選べるのが魅力です。

使用中のソフトをバージョンアップすると最新機能が使えるので、カスタマイズ費が不要。また自動釣銭機と合わせた販売もあり、人手不足解消や釣銭ミスの防止に役立てたい場合はぴったりな機能といえるでしょう。

株式会社ビジコムの比較ポイント

  • サブスク型と買い切り型から選択可能
  • 自動釣銭機と合わせた販売形態
  • バージョンアップで最新機能の利用可能

ハヤレジ|ハヤレジ株式会社

ハヤレジ

出典:ハヤレジ https://hayaregi.com/

ハヤレジはセミセルフ対応のクリニック・薬局向けPOSレジです。請求データの連携は「電子カルテやレセコンと連動」「バーコード運用」の2パターンから選択できます。自動釣銭機と連動することで、お釣りの渡し間違いを防止することができます。オプションでクレジットや電子マネーにも対応可能です。

ハヤレジの比較ポイント

  • 電カル・レセコン連動とバーコード運用の2種類から選べる
  • オプションでオンライン決済端末と連動可能
  • 同シリーズの自動精算機も用意

NOMOCa-Stand (ノモカスタンド)|株式会社GENOVA

NOMOCa-Stand (ノモカスタンド)

出典:NOMOCa-Stand (ノモカスタンド) by genova https://nomoca.net/

ノモカスタンドは、自動精算機の中で業界最小サイズを誇っており、高齢の患者さんでも簡単に利用できる操作性の高さが魅力です。1台で会計はもちろん自動再来受付も行うことができ、96.5%のレセコンとデータ連携が可能です。「高さ1420mm×幅460mm×奥行298mm」という、クリニックでも導入しやすいコンパクトなサイズも特徴です。

クリニック向けPOSレジシステムの比較ポイント

  • 17インチの大型タッチパネルで誰でも簡単操作
  • 患者さんひとりで会計ができる
  • 自動再来受付オプションを搭載

FIT-B for Clinic|株式会社アルメックス

株式会社アルメックス

出典:アルメックス https://www.almex.jp/products/detail/p-mc-fitb.html

FIT-B for Clinicはクリニック向けセミセルフレジとなっており、安全でスムーズな窓口オペレーションに対応可能な設計になっています。バーコードをスキャンするだけで精算が可能なセルフレジで音声アシスト機能も付いているので利用者も簡単に精算ができます。

FIT-B for Clinicの比較ポイント

  • バーコードによる精算金額入力
  • セミセルフとフルセルフの切り替えが可能
  • 24時間365日安心のサポート体制

テマサックPro|株式会社カワニシバークメド

テマサックPro

出典:アルメックス https://www.almex.jp/mc/products/adjustment/th-x.html

テマサックProは、クリニック、歯科、薬局向けの自動精算機です。分かりやすい操作性と、見やすいタッチパネルが備わっているのが特徴です。また、スタイリッシュなデザインに加えて1000色以上の豊富なカラーバリエーションがあるため、自院の空間にあわせて選ぶことができます。さらに、キャッシュレス決済や多言語表示に標準で対応しているため、追加費用をかけずに患者さんからのニーズに応えられます。

テマサックProの比較ポイント

  • 医院・歯科・薬局・動物病院・美容に対応
  • キャッシュレスや多言語に標準対応
  • 1000色以上のカラーバリエーション

Clinic POS|株式会社クリニックキオスクBIZ

Clinic POS

出典:Clinic POS https://clinickiosk.biz/service/clinicpos/

Clinic POSは、クリニックや歯科クリニックでの利用を前提に開発されたPOSレジで、電子カルテやレセコンとの連携に標準で対応しています。会計を行った時点で履歴が記録できるため、レジ締め作業の負担を軽減します。また、全国に支店があるため、万が一レジに不具合や故障があった場合はすぐに専任スタッフが駆けつけてくれます。

Clinic POSの比較ポイント

  • クリニック・歯科専用のコンパクト設計
  • 電子カルテやレセコンに標準で連携
  • 安心の全国サポート体制

クリニック向けPOSレジシステム|日本リテイルシステム株式会社

日本リテイルシステム株式会社

出典:日本リテイルシステム株式会社 https://www.alljrs.co.jp/solution/medical/

日本リテイルのPOSレジシステムは、レセコンや自動釣銭機、キャッシュレス端末と連携できます。レセコンとのバーコード連携に対応しており、領収書に印刷されたバーコードをレジのスキャナで読み取って会計することができます。導入後も24時間365日コールセンターでの対応を受け付けており、安心のサポートを受けられます。

クリニック向けPOSレジシステムの比較ポイント

  • 家族の会計も一度に対応できる
  • 自動釣銭機との連携でセミセルフ対応可能
  • セミセルフレジ運用は対面型と分離型から選べる

ユビレジ|株式会社ユビレジ

株式会社ユビレジ

出典:株式会社ユビレジ https://corp.ubiregi.jp/

ユビレジは基本的なレジ機能に加え、売上向上を実現するための機能に優れています。患者さんの年齢や保険適用区分など、分野ごとの売上分析によりデータのみえる化が可能です。

導入前後には専任のコンサルタントがつき、操作方法を電話や訪問で行ってくれるので、安心して導入することができるでしょう。また汎用タブレット端末を用いることで、レジ機能を低価格で利用できるのも魅力の1つです。

株式会社ユビレジの比較ポイント

  • 導入前後のサポートが充実
  • 患者情報をリアルタイムで把握
  • 多通貨・多言語に対応

Square POS|Square株式会社

Square株式会社

出典:Square株式会社 https://squareup.com/jp/ja

月額固定利用料を設けておらず、キャッシュレス決済が発生した際に手数料のみを負担するシステムになっています。初期費用も無料なので安価での運用が可能となり、非常に導入しやすいです。

アカウント登録もネットから全て完結でき、最短で申し込み翌日から使用ができるのも魅力的です。各国であわせて200万以上の事業所が利用している実績があります。基本的には、キャッシュレス決済のみを扱っているので導入の際は注意しましょう。

Square株式会社の比較ポイント

  • 手数料はキャッシュレス決済が発生したときのみ
  • 自動釣銭機と合わせた形でのセット販売にも対応
  • 決済方法は基本的にキャッシュレス決済のみ

Airレジ|株式会社リクルート

株式会社リクルート

出典:株式会社リクルートhttps://airregi.jp/

リクルートライフスタイル提供のPOSレジは、2022年6月時点でアカウント数663000を誇る、利用店舗数No.1のPOSレジです。

シンプルな機能で直感的な操作が可能なため、誰でも簡単にPOSレジを導入できます。初期費用や月額料金は驚きの0円。基本的なレジ機能をはじめ、管理・分析・サポート全般も無料なのでわからないことがあっても安心ですね。

また、会計ソフトとの連携も可能で日々の売上計上を行ってくれるので、業務負担が大幅に軽減します。

株式会社リクルート(Airレジ)の比較ポイント

  • 利用店舗数No.1のPOSレジ
  • シンプルな操作性で誰でも利用しやすい
  • 低コストで利用できるため経営にも優しい

クリニック・病院のPOSレジに必要な機能一覧

POSレジには会計管理・売上管理・顧客管理など、さまざまな機能が搭載されています。せっかくPOSレジを導入するのであれば、過不足のない最適なものを選びたいですよね。

ここでは、クリニックや病院に必須の機能やあったら便利な機能一覧を紹介します。

電子カルテ・レセコンとの連携機能

通常クリニックや病院では患者さんの診察後、診察内容や検査内容、処置内容などを確認してカルテに入力します。続いて、保険点数を計算して患者さんに診療費を請求する必要があり、会計業務は複雑さを極めているといっても過言ではありません。

POSレジには、電子カルテとレセコンを連携できる機能がついている機種があります。この2つを連携させることによって素早く情報の参照ができるので、明細書作成のスピードが格段に上がり、ミスの防止にもつながるでしょう。

また、修正や追加・変更などがあった場合も、片方を差し替えるだけで完了するため業務がスムーズに行えます。日頃の会計業務でどの程度複雑さを感じているかによって、電子カルテとレセコンの連携が必要か否かを判断すると良いでしょう。

予約管理機能

予約管理機能が搭載されたPOSレジを導入すれば、別途予約システムを導入することなく一括で管理することができます。クリニックや病院には継続的に通う患者さんが多いため、予約状況の確認や管理ができると受付業務の負担軽減に役立ちます。

キャッシュレス決済など非接触で使える機能

クリニックや病院は体調に不安を感じて来院される方が多い場所なので、感染対策も欠かせません。キャッシュレス決済など非接触で会計が行えるPOSレジがおすすめです。キャッシュレス決済は衛生面以外にも、普段現金を持ち歩かない患者さんにとって嬉しいポイントです。決済方法の豊富さは、患者満足度にも貢献するでしょう。

商品・在庫管理機能

サプリや化粧品などを扱うクリニックや病院は、商品・在庫管理機能のあるPOSレジを採用すると良いでしょう。商品の販売状況や在庫状況をリアルタイムで把握できるため、売れ筋商品や商品発注のタイミングなどが一目でわかります。

今後、どのような商品を取り扱うと売り上げが伸びるのかといった分析につなげることが可能で、業績アップも期待できます。効率化と業績アップが同時に見込める商品・在庫管理機能は、物販を行うクリニック・病院におすすめです。

クリニック・病院のPOSレジを導入するメリット

これまで「POSレジとは何か」「クリニック・病院に必要なPOSレジの機能」を紹介してきました。ここからは、POSレジを導入するメリットを掘り下げて解説していきます。

業務効率化

コンビニやスーパーで商品を購入するのとは違い、クリニックや病院におけるレジ業務は患者さんによってパターンが違うため、複雑な工程が多くあります。POSレジを導入して医師側とレジ業務担当者側で情報を共有することで、入力項目が減り大幅な業務効率化が期待できるでしょう。

また、窓口負担額を全部回収できなかった場合に起こる、未収金の管理も容易になります。 POSレジのデータベースで管理するため未収金が一目で把握でき、回収が追いつかないという心配がありません。日々激務の医療関係者にとって、業務の効率化は非常に重要なメリットといえます。

顧客満足度の向上

医療関係者側の業務効率化を図ると、結果的に顧客の満足度アップにもつながります。診察が終わったあとの患者さんは、医療費の支払いを終わらせて早く自宅に帰りたいと思っているもの。

POSレジを導入すれば、保険点数を自動で算出してくれるなど会計業務がスムーズになるため、患者さんの待ち時間が軽減されます。正確かつ素早い対応をしてくれるクリニック・病院に対して、顧客満足度はきっと向上するでしょう。

POSレジにあわせて自動釣銭機の導入もおすすめ

POSレジを検討する際には、あわせて自動釣銭機を導入してセルフレジ化を視野に入れることをおすすめします。理由としては、レジ業務担当者が釣銭を数える必要がないため、ミスが軽減されるからです。レジ締め作業時の負担も減り、業務をスムーズに行えるでしょう。

また、釣銭が自動で素早く出てくることで患者さんの待ち時間が少なくなり、混雑回避にもつながります。POSレジや周辺機器を上手に活用すると、医療関係者にとっても患者さんにとってもメリットが多くありますね。

今回紹介したPOSレジはサポート体制が整っている企業ばかりなので、ぜひ自動釣銭機も検討してみてはいかがでしょうか。

クリニック・病院向けのPOSレジ選びでお困りではありませんか?
  • 「製品の数が多くてどれを選べばいいのか分からない」
  • 「POSレジを導入したいけど、どこに問い合わせたらいいのか分からない」
  • 「会計業務を効率化したい!お釣り間違いをなくしたい!」
上記のお悩みに当てはまる方は、ぜひ当社コンシェルジュにご相談ください。
  • 対応件数1,000件以上!医療機関・介護施設の業者選定をサポートしてきたコンシェルジュが対応
  • メーカーや医療機関さまからの情報にもとづき、価格相場もお伝えします
  • ご希望内容に対応できるメーカーからの連絡もお取次ぎします
コンシェルジュに相談(無料)

中小企業診断士
セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.
URL:https://note.com/2ndlabo/n/n949eaa3e9d69

北海道大学を卒業後、医療機器の営業として6年間勤務。外科、整形外科、泌尿器科領域を中心に民間・国公立の病院を担当。2020年よりセカンドラボ株式会社に入社。医療福祉施設の課題解決プラットフォーム「2ndLabo」にて各種ITツール、医療機器の導入支援、クリニック開業支援に従事。

2ndLaboのサービスを通じて、これまで1,000件を超えるサービス導入支援・開業支援を担当。得意分野は、電子カルテ、介護ソフト、各種医療機器。


フリーランスWEBライター
URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事

PAGE TOP