統合型電子カルテシステム『ハヤブサ』

診療科にあわせて柔軟にカスタマイズ可能!過去カルテの参照や、各種連携もすべてがスムーズ◎ドクターの高度なご要望にも「No」と言わない電子カルテ。

診療科にあわせて柔軟にカスタマイズ可能!過去カルテの参照や、各種連携もすべてがスムーズ◎ドクターの高度なご要望にも「No」と言わない電子カルテ。

 

ハヤブサ

統合型電子カルテシステム


豊富な導入実績・事例をもとに、
診療科ごとのカスタマイズ、 提案が可能です。

ハヤブサ

 

 

先生方の高度なご要望に対して「No」と言わない

 内科での院内検査機器からの数値自動取り込み、小児科での成長曲線・インフルエンザ予防接種等の診療予約管理、整形外科での関節可動域等の複雑な部位別所見入力テンプレート、脳神経外科での脳神経チャート入力、精神科での自立支援医療診断書・手帳診断書作成等々、先生方の高度なご要望に対して「No」と言わない電子カルテです。 

 


 

選ばれる3つのポイント


 

Point 01
洗練されたデザインと直感的な操作性

 

 画面展開数を最小限に抑え、少ない操作でのスピーディーなカルテ入力を実現しています。 

 

Point 02
受付/会計・診察室とも操作は全て共通
 マニュアルいらずの直感的な操作性と、レセコンいらずなので医師が掌握しやすいシステムです。 

 

Point 03
診療科・運用に合わせて様々なオプションをご提供
 PACS・オンライン診療・WEB予約・在宅医療介護SNS等、ハヤブサならではの製品群の利用が可能です。 

 


 

機能のご紹介


 

院内の画像データーを一元管理
(※オプション)

 

院内の画像データーを一元管理
 院内のさまざまなモダリティと連携し、画像データの一元管理が可能です。また、電子カルテ端末にPAXISビューワを同居させることにより診察室にパソコンを2台設置する必要がありません。所見欄に画像をドラッグにて貼りつけるなど、シームレスな連携と導入コストも大幅に削減できます。 

 

 

iPadで問診/初見入力
(※オプション)

 

iPadで問診データ

 

3つのポイント

1. マウス・キーボードが不要。タッチ入力で簡単に入力できるのでストレスを感じません。

2. 内容もデザインも、iPad用問診テンプレートは用途に合わせてカスタマイズが可能です 。

3. 入力した内容は、電子カルテ『ハヤブサ』所見欄に自動で反映させることが出来ます。

 

 

戦略的患者管理システム
-集患・増患対策、経営戦略に-

 

 
昨年にインフルエンザの予防接種を受けた患者さまを抽出し、DM発行用のタックシールを印刷 特定の検査の結果、基準値を超える患者さまのリストを検査結果と共にCSVにて出力

 

 

昨年インフルエンザワクチンの予防接種を受けた患者様を抽出し、筆まめ等の市販ソフトに取り込みDM等を発行できます。来院動機、地区別、疾患別、広告媒体などの情報を集計し、患者様の動向分析を行い経営改善のための資料として使えます。

ある検査の異常値の方、また病名も条件に含むなど該当の患者様をピックアップすることができます。月毎のHbA1cの平均値も算出可能です。薬の緊急情報が出た際に、現在投薬中の患者様をピックアップし即座に対応することができます。

 

 

 

クラウドバックアップ

 

クラウドバックアップ

 

 大事なデータをクラウドにバックアップ。バックアップデータは、サーバー・サブサーバー・クラウドバックアップと3重に保存。サーバー障害時にはリモート操作にて即座にサブサーバー運用に切替えを行います。 

 

 

院内検査機器データとの連携
(※オプション)

 

院内検査機器データとの連携

 

 各種院内検査機器から電子カルテ検歴表示画面に、数値データの直接取り込みが可能です。(接続については各検査機器メーカー様との確認が必要となります。) 

 

 

外注検査・院内検査を一括管理

 

外注検査・院内検査を一括管理
 外注検査の結果と、院内検査の結果が1つの時系列で表示できます。また、外注検査の結果と、院内検査の結果が1つのグラフでも表示可能です。その結果を印刷して、患者さんに渡すことも出来ます。※実績のない機種でも仕様確認後、接続は可能です。