カテーテルホルダー『カテーテル受台』

感染リスクを軽減!カテーテル接続口が周囲のものに触れないように安定的に固定◎ICU、救急病棟、血液浄化センターで大活躍☆

感染リスクを軽減!カテーテル接続口が周囲のものに触れないように安定的に固定◎ICU、救急病棟、血液浄化センターで大活躍☆

 

接続口の不潔化を防ぐ
カテーテル受台

 

カテーテル受台

カテーテルの接続口が他のものに触れないように設置できるホルダー。内頚静脈に挿入されたカテーテルにルートを接続する際、接続口が不潔にならないように片手でカテーテルを保持している必要がありました。カテーテル接続口を安定的に固定することで、カテーテルとルートの接続手技が未熟なスタッフが実施しても感染リスクを軽減することができます。

 

溝に合わせて固定!手を使わなくてOK

置きたい場所に合わせて曲げられる!

 

採用施設でのご評価

ICU・救急病棟・血液浄化センターでは、常時2~3個所持しており、処置時毎回使用しています。カテーテルホルダーがないと処置できないスタッフがいるほど浸透しており、使いやすいとの評価を頂きました。


国際モダンホスピタルショウ2018
第11回みんなのアイデアde賞

グランプリ受賞!

 


 

メディアへの掲載

 

 

信濃毎日新聞掲載

信濃毎日新聞 掲載記事

 

 

中日新聞掲載