ポイントカード連携可能なPOSレジ9選|連携メリットや活用フローまで

更新日 2024.01.19
投稿者:豊田 裕史

時代の流れによって、近年ITは急激な進化を遂げています。そのひとつとしてPOSレジがあげられるでしょう。一言でPOSレジと言ってもその形態や機能は様々で、業種により最適な製品は異なります。

ポイントカード連携は多くの業種で利用ができるうえに、顧客の満足度アップに直接働きかけることが可能です。今回は、ポイントカードと連携が可能なPOSレジについて詳しく解説していきます。

当コンテンツについて
当コンテンツは「セカンドラボ株式会社」が作成しております。アフィリエイト広告を利用しており、一部企業から報酬を受け取る可能性があります。ただし掲載内容や掲載順番は報酬に関係なく、編集ポリシーに従い、ステマ規制法に基づき、中立的な評価を行っています。
POSレジ選びの専門知識・時間がない方
コンシェルジュが代わりに探してご案内します!
業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

POSレジとは

POSレジとは「point of sales」の略で「誰が・いつ・どこで・なにを」販売したのかを把握できるシステムです。商品のバーコードを読み取るだけでデータが蓄積されるため、店舗状況の可視化が容易にできます。

以下はPOSレジでできる主な機能です。

  • 基本のレジ機能
  • 売上分析
  • 予算管理
  • 顧客管理
  • 複数店舗一括管理
  • 在庫管理
  • 受注管理
  • スタッフ管理
  • 勤怠管理
  • PL管理
  • 外部システム連携
  • オーダー受付

POSレジに付随する機能は年々増加しており、メーカーによってもさまざまです。売り上げた商品のデータ分析や時間ごとの販売状況も確認できるので、経営計画も容易に立てやすくなります。

POSレジのポイントカード連携機能とは

POSレジと、顧客に発行する会員カードやポイントカードを連携する機能のことを指します。

物理的なカードを発行しなくても、店舗専用アプリでも代用ができます。POSレジとポイントカードを連携させることによる最大のメリットは、より精度の高い顧客情報の分析が可能になる点です。顧客情報の管理もしやすくなり、店舗はもちろん、ECサイトでの買い物情報も一元管理ができます。

POSレジとポイントカードを連携させるメリット

ここからはPOSレジとポイントカードを連携させることのメリットを解説します。

顧客のロイヤリティが向上する

店舗にとって、常連顧客は非常に重要な存在といえます。来店頻度が高く継続して商品を購入してくれるため、常連顧客が多ければ多いほど安定した経営ができるでしょう。店舗にとって優良な顧客の獲得には、ポイントカードが有効な手段となります。

購入金額や来店頻度に応じてポイントを付与することで、値引きとは違った付加価値の提要が可能です。ポイントに応じた値引きや商品交換の得点をつけることで、顧客に還元でき満足度も高められます。

データの分析を行うことができる

顧客情報やポイントカードの利用データを活用することで、実店舗やECサイトへの回遊状況を確認できます。購入状況も蓄積され、顧客の行動や嗜好など精度の高いユーザデータを得られるでしょう。

それらのデータにより顧客にマッチした企画が立てやすくなったり、仕入れ商品の参考にもなります。顧客の年齢層や時間帯ごとの分析も可能なので、店舗に対するニーズも理解しやすくなるのです。

店舗アプリなど顧客にあったマーケティング施策が打てる

顧客の店舗に対するニーズが分析できるようになれば、発展的な運営計画も立てやすくなります。店舗を利用する顧客の年齢層によっては、アプリやECサイトがあったほうが良いと感じる場合もあるでしょう。

システムの拡充により顧客と店舗が接点を持ちやすくなれば、優良顧客に成長する可能性が高まります。利用頻度が高くなるほどデータ分析も容易になるため、顧客の好みに合ったおすすめ商品を紹介しやすくなるでしょう。

店舗アプリとは?

店舗アプリでは、顧客情報やポイントカードの他にECサイトへの案内やプッシュ通知を使用できます。店舗への集客効果だけでなく、来店時以外でも顧客が親近感を感じやすくなるのです。

ポイントに絡めた各種キャンペーン施策が可能

先ほど、ポイントを付与することで値引き以外の付加価値提供につながるとお伝えしました。値引きや商品交換などのメリットを得るために、ポイントを獲得したいと感じる方は非常に多いです。

その心理を利用したポイント〇倍キャンペーンなどの販促イベントは、顧客の満足度につながります。購買意欲も高められるので、売上アップにもなるでしょう。キャンペーンを行い顧客に還元することで、店舗に対する印象も良くなります。

POSレジとポイントカードの連携・活用フロー

以下では、POSレジをポイントカードの連携や活用の流れについて順番に解説します。

1.ポイントシステム搭載のPOSレジを導入する

ポイント制度を活用するには、専用システムが搭載されたPOSレジを導入する必要があります。アプリに顧客情報が記載されたバーコードが表示できるようにしておくことで、読み取りも簡単です。

ポイントの運用に手間がかかる場合、顧客は負担を感じてしまい継続利用に繋げられません。顧客とスタッフ両方がポイントを確認しやすいか・利用しやすい制度なのかもあわせて検討しましょう。

2.会員証(ポイントカード)or店舗アプリを発行する

専用のPOSレジが導入できたら、次は顧客に会員証(ポイントカード)を発行します。カードはレジのメーカーか自社、どちらかでの作成が一般的です。レジ導入と一緒に、カードの作成方法も確認しておきましょう。

店舗アプリがある場合は、会員証を連携させる方法がおすすめです。買い物の際にカードを持ち歩く必要がなくなるので、顧客にとってもメリットが大きくなります。ポスタス株式会社のポスタスコネクトなら、自社で店舗アプリを開発する必要がありません。

3.購買した顧客に会員登録を促す

POSレジと会員カード・アプリが準備できたら、いよいよ顧客に会員登録を案内していきます。会員カードには氏名や会員番号など、顧客を識別・管理するために必要な情報の記載が必要です。

アプリを利用する際には、顧客のスマートフォンにインストールするところから案内します。会員情報を顧客自身で入力してもらうため、操作に慣れない方には登録方法を説明する必要があるでしょう。

4.会員に対して販促活動を行う

顧客情報をもとに最適な情報を発信していきます。クーポンやポイント〇倍などのキャンペーンを配信することで、来店してもらえるきっかけになるでしょう。定期的にメルマガを発信すれば店外でも接点を持つことができ、親しみを感じてもらいやすくなります。

ポイントカード連携可能なPOSレジメーカー9選

ここからは、ポイントカード機能と連携できるPOSレジメーカー9社を紹介していきます。

POS+|ポスタス株式会社

ポスタス株式会社

出典:ポスタス株式会社 https://www.postas.co.jp/

小売や飲食、美容・サロンに特化した4つのプランが用意されています。それぞれの業種に合った機能を厳選して搭載しているため、初めての方でも抵抗なく操作が可能。その利便性から、月間1,000店舗以上で導入されているのです。

追加オプションで、店舗アプリのシステムも利用できます。顧客情報の管理だけでなく、ポイントやスタンプカード、会員ランクなどお好みの制度を導入できる点も特徴。ポスタスと連携することで店舗予約もアプリから行えます。

POS+|ポスタス株式会社の比較ポイント

  • 小売・飲食・美容やサロンに特化した4つのプランから選べる
  • 月間1,000店舗以上で導入されている
  • オプションで店舗アプリのシステムも利用可能

製品情報

費用 月額6,000円~
周辺機器 タブレット、プリンター、ラベルプリンター、キャッシュドロワー、ルーター、アクセスポイント、カスタマーディスプレイ、バーコードリーダー、自動釣銭機、ロール紙、バーコードリーダー、オーダーハンディ、テーブルトップオーダー、呼び出しモニター
機能 レジ機能、売上管理、顧客管理、複数店舗管理、多言語対応、外部システム連携、帳票機能、バーコード印刷、予約・取り置き、バンドル販売・セット販売・セール販売、予約販売、キッチン伝票出力、電子カルテ、スタッフの目標管理
保守・サポート 365日電話サポート、無制限駆けつけサポート
連携ソフト stera terminal、楽天ペイ、PAYGATE Station、PAYGATE AIR、STORES 決済、免税アプリ、freee会計、マネーフォワード クラウド、TableCheck、TORETA、ebica、Uber Eats、BtoBプラットフォーム 受発注、ぴかいちナビ、FOODIT、まかせてネットEX、FoodingJournal、ASPIT、TOUCH POINT BI
軽減税率 要問い合わせ
インボイス制度 搭載予定
レセコン連携 不可
特長 店舗アプリ・会員管理ができるシステムが利用できる

BCPOS|株式会社ビジコム

BCPOS|株式会社ビジコム

出典:BCPOS|株式会社ビジコム https://www.busicom.co.jp/

システムを導入していれば、店舗アプリ「みせめぐ」を完全無料で利用できます。会員情報管理やポイントシステムはもちろんのこと、電子レシート発行まで対応可能。スマホでひと通りの機能に対応できるので、カードの紛失の心配は一切不要です。

最新システムは定期的なバージョンアップで提供されるので、制度の改正による機種変更も必要ありません。店舗の状況に応じて、オンプレ・クラウドのどちらでも利用ができる点も特徴です。

BCPOS|株式会社ビジコムの比較ポイント

  • システムを利用していれば無料で店舗アプリを利用できる
  • 定期的なバージョンアップで最新システムにも対応可能
  • 状況に応じてオンプレ・クラウドに切り替えできる

製品情報

費用 0円~
周辺機器 タブレット、プリンター、ラベルプリンター、キャッシュドロワー、カスタマーディスプレイ、バーコードリーダー、自動釣銭機、ロール紙、バーコードリーダー、オーダーハンディ、テーブルトップオーダー
機能 レジ機能、売上管理、商品管理、最古管理、商品マスタ、顧客管理、仕入れ、移動、クレジット決済、免税販売、スマホ決済、複数税率対応、外部システム連携
保守・サポート 無料バージョンアップ、安心サポート、ハードウェア保守
連携ソフト 商魂/商管、商奉行/蔵奉行、販売大臣、弥生販売、ApaRevo、スーパーカクテル、五合、全文君、PCA会計DX、勘定奉行クラウド、freee会計、MJS会計システム、stera terminal、Square、Verifone、VEGA3000、JET-STANDARD(Cloud)、J-Mups、STORES決済(旧:Coiney)、UnivaPay、IntaPay、CROSS POINT、ネクストエンジン、zaiko Robot、ホテル旅館システムINCHARGE7、スポーツ用品業界における情報システム化、調剤システム処方IF共有仕様(NSIPS)、PeX
軽減税率 対応可
インボイス制度 対応可
レセコン連携
特長 インボイス制度に対応・最新機能はバージョンアップで提供

スマレジ|株式会社スマレジ

スマレジ|株式会社スマレジ

出典:スマレジ|株式会社スマレジ https://smaregi.jp/

スマレジは会員カードの別途作成が必要ですが、バーコード読み取り式のカードを利用することで簡単に顧客管理が可能。外部の会員アプリと連携もできるので、顧客へプッシュ通信でお知らせも送れます。

会員アプリ以外にも、連携できる外部システムは幅広いです。専用のアプリマーケットから必要な機能だけを購入することで、自由にカスタマイズもできます。サポート内容も充実しているので、導入後も安心して運用できるでしょう。「スマレジのオンライン相談・ショールーム予約はこちら

スマレジ|株式会社スマレジの比較ポイント

  • 外部サービスを利用することで、カード・アプリでの顧客管理が可能
  • 連携可能な外部システムが豊富
  • 導入後のサポートも充実

製品情報

費用 0円~
周辺機器 iPad、マルチ決済端末、キャッシュドロア、レジプリンター、カスタマーディスプレイ、レジバーコードリーダー、RFIDリーダー/ライター、CAT/CCT端末、ICカードリーダー、iPadスタンド、ラベルプリンター、自動釣銭機
機能 レジ機能、キャッシュレス決済、マルチ決済、スマレジ・PAYGATE、セルフレジ・セミセルフレジ・券売機、免税対応、オーダーエントリー、セルフオーダー、スマレジ・アプリマーケット、外部システム連携、スマレジ・タイムカード連携、スマレジAPI、トレーニングモード、スマレジ・ストア、アラート通知機能、売上分析、予算管理、顧客管理、複数店舗管理、本部管理、小売店向け在庫管理、受注管理、スタッフ管理、イベントカレンダー、PL管理
保守・サポート 365日対応のコールセンター(プレミアムプラス以上)、ヘルプサイト、メールサポート、無料電話相談(いずれもすべてのプラン)、オンサイト保守(オプション)
連携ソフト JMS おまかせサービス、Starpay(マルチQR)、STORES決済、Square、楽天ペイ、ペイメントマイスター、スマレジ ペイメント、マネーフォワード クラウド、FXシリーズ、弥生シリーズ、freee会計、勘定奉行クラウド、Uber Eats、L.B.B. Cloud、QR Order、TORETA、FOODIT21、Win-Board、ぴかいちナビ、FoodingJournal、EATGRAM
軽減税率 対応可
インボイス制度 要問い合わせ
レセコン連携
特長 必要な機能は自由に購入・組み合わせが可能

Square POSレジ|Square株式会社

Square

出典:Square株式会社 https://squareup.com/jp/ja/point-of-sale/

Square POSレジは、アメリカのSquare社が提供する無料のPOSレジアプリです。全世界で200万以上の事業所に利用され、圧倒的な導入数を誇ります。

前述の通り、Square POSレジ最大の特徴は、POSレジ利用料が無料で必要な費用はキャッシュレス決済手数料のみである点です。モバイル端末さえあれば、導入可能なので最も低コストなPOSレジとも言えます。

無料ではあるものの、POSレジとしての機能や使いやすさはトップクラスで、周辺端末のデザインや操作性も優れている、非常におすすめのPOSレジです。

Square POSレジの比較ポイント

  • 0円で使えるPOSレジ。費用はキャッシュレス決済手数料のみ
  • 周辺機器のデザイン性&機能性抜群!(特にSquareターミナル)
  • ネットショップ作成、オンライン請求書など関連サービスも豊富

製品情報

初期費用 0円~
月額費用 0円~
特徴 無料で使えるPOSレジ。費用はキャッシュレス決済手数料のみ。

STORESレジ|STORES株式会社

STORES

出典:STORES株式会社 https://stores.jp/regi/

STORESレジは、ネットショップ開設システムやネット予約システムを提供するSTORES株式会社がリリースした無料で始められるPOSレジです。

特徴として、ecサイトやネット予約機能、キャッシュレス決済機能との連携機能が充実しており、小売店、サロン、医療機関での利用に向いているPOSレジです。

STORESのキャッシュレス決済端末「STORES決済」は、医療機関の場合、キャッシュレス決済手数料1.5%の破格で使えるので病院・クリニックでのキャッシュレス導入にもおすすめです。

STORESレジの比較ポイント

  • 小売店、理美容室、サロン、医療機関には特におすすめのPOSレジ
  • 0円から始められるPOSレジ
  • ネットショップ作成やネット予約など関連サービスも充実

製品情報

初期費用 0~
月額費用 0円~
特徴 小売店、理美容室、サロン、医療機関には特におすすめのPOSレジ

Airレジ|株式会社リクルート

Airレジ|株式会社リクルート

出典:Airレジ|株式会社リクルート https://www.recruit.co.jp/service/air/09/index.html

Airペイを使用することで、Tポイントや楽天ポイントなど既存のポイントサービスを貯めることができます。大手会社のポイントサービスは利便性が良いため、利用している方は非常に多いです。

それらのポイントを貯められることで、他店舗との差別化を図ることができるでしょう。キャッシュレス決済の種類も豊富なため、顧客は会計しやすくなります。月額費用が無料なので、気軽に導入できる点も特徴です。

Airレジ|株式会社リクルートの比較ポイント

  • 大手企業のポイントを貯めることができ、他店舗との差別化を図れる
  • キャッシュレス決済の種類も豊富
  • 月額使用料が無料

製品情報

費用 0円~
周辺機器 iPhone、iPad、レシートプリンター、Airペイ、キャッシュドロア、バーコードリーダー、カスタマーディスプレイ、自動釣銭機
機能 レジ機能、商品管理、キャッシュレス決済、オフライン機能、伝票一覧、個別会計、返品・返金、会計前レシート、リソース管理、会計管理、顧客管理、在庫管理、スタッフ管理、パスコードロック
保守・サポート サポート:メール、オンラインチャット、オプションで機器故障の対応、お見舞金、保守サポートも可
連携ソフト レストランボード、出前館、クラウド会計ソフトfreee、マネーフォワード クラウド会計、マネーフォワード クラウド確定申告、弥生会計シリーズ、FXシリーズ
軽減税率 対応可
インボイス制度 対応予定
レセコン連携 要問合せ
特長 シンプルで使いやすい操作画面

PowerPOSクラウド|株式会社タスネット

PowerPOSクラウド|株式会社タスネット

出典:PowerPOSクラウド|株式会社タスネット https://www.power-pos.jp/

LINE公式アカウントと連携することで、顧客のスマートフォンをポイントカード化することができます。期間限定クーポンや、LINEメッセージを利用したお知らせ配信も可能。実店舗とECサイトのポイント共有もでき、低コストでの運用を実現できます。

ECサイトを設置している店舗は、特に利用しやすいシステムといえるでしょう。プランは機能に応じて3タイプ用意されています。1店舗のみでの利用であれば0円から導入できるので、気軽に試せる点も特徴です。

PowerPOSクラウド|株式会社タスネットの比較ポイント

  • LINE公式アカウントとの連携でポイント管理やDMも対応できる
  • ECサイトと実店舗のポイント共有が可能
  • プランは機能に応じて3タイプが用意されている

製品情報

費用 0円~
周辺機器 パソコン、タブレット、バーコードスキャナー、レシートプリンター、キャッシュドロア、クレジット決済端末、自動釣銭機、タグ(ラベル)プリンター、ハンディーターミナル
機能 レジ機能、キャッシュレス決済、免税対応、売掛販売、予約販売、売上確認、顧客管理、在庫管理、外部システム連携
保守・サポート メールサポート、365日電話サポート
連携ソフト MakeShop、ショップサーブ、EC-CUBE、ecbeing、CROSSPOINT、Betrend、LINE公式アカウント、zaiko Robot、NEXT ENGINE
軽減税率 対応可
インボイス制度 要問い合わせ
レセコン連携 要問い合わせ
特長 店舗・顧客・ECサイト・倉庫・本部をリアルタイムにつなげる

パワーナレッジPOS|株式会社Groony

パワーナレッジPOS|株式会社Groony

出典:パワーナレッジPOS|株式会社Groony https://www.groony.co.jp/

顧客の動向分析をもとに、最適なタイミングでのメール配信が行えます。初回来店後のお礼メールも、あらかじめ設定しておくことで自動送信が可能。WEB登録をした顧客は、ブラウザから閲覧できるユーザーページでポイント確認ができます。

POSレジではポイント履歴や顧客のカウンセリング状況なども保存でき、確認も簡単。サロンに特化したレジではありますが、整骨院や鍼灸院などに対応したレセコンもオプションで利用できます。

パワーナレッジPOS|株式会社Groonyの比較ポイント

  • 顧客の動向分析をもとにメール配信を設定
  • 会員登録をした顧客はブラウザからユーザーページを閲覧できる
  • レジではカウンセリング状況や会話の内容も保存できる

製品情報

費用 要問い合わせ
周辺機器 POSレジ、ハンディースキャナー、クレジット決済端末、キャッシュドロア、レシートプリンター
機能 レジ機能、予約管理、売上管理、分析機能、顧客管理、在庫管理、メールマガジン、予約アプリ、クラウド管理、役務管理、ポイントシステム、宛名印刷、勤怠管理機能、ネットショップ機能、クレジット決済連動、バーコード受付、CTI(電話連動機能)
保守・サポート メールサポート、365日電話サポート
連携ソフト 要問い合わせ
軽減税率 要問い合わせ
インボイス制度 要問い合わせ
レセコン連携
特長 サロンに特化した機能が充実

LIVEREGI(ライブレジ)|株式会社 藤田電機製作所

LIVEREGI(ライブレジ)|株式会社 藤田電機製作所

出典:LIVEREGI(ライブレジ)|株式会社 藤田電機製作所 https://www.f-crm.jp/products/liveregi/

バーコード付きカード・ICカード・店舗アプリから、最適なポイントサービスを展開できます。基本的なポイントの他、任意でのポイント付与や誕生日などイベントに応じて柔軟に対応可能。

独自のポイントアップキャンペーンやランク別の倍率変更などのサービスで、顧客の満足度アップを狙えます。製品は買い切りからサブスクまで、店舗のニーズに応じて導入方法を選べる点も特徴です。

LIVEREGI(ライブレジ)|株式会社藤田電機製作所の比較ポイント

  • 会員カード・ICカード・店舗アプリから最適なポイントサービスを選べる
  • ハードウェアは買い切りからサブスクまでニーズに応じて選択可能
  • 医療機関で利用できるレセコン連携タイプもある

製品情報

費用 5,000円~
周辺機器 POSレジ、パソコン、タブレット、自動釣銭機、キャッシュレス端末
機能 レジ機能、顧客管理/分析・DX、ポイントカード、オーダーリング、タイムレジスター、自動釣銭機、セミ・セルフレジ、キャッシュレス決済、店舗アプリ連携、在庫管理、ポイントカード、量り売り・NON-PLU
保守・サポート 有償リモートサポート、製品ダウンロード
連携ソフト 要問い合わせ
軽減税率 対応可
インボイス制度 対応可
レセコン連携
特長 ニーズに応じて豊富な料金プランから選べる

まとめ

POSレジは業種によって最適な機能が少しづつ違ってきます。しかし、ポイントカードはどの店舗でも利用しやすく、メリットが大きい機能といえるでしょう。ポイントの付与方法は、会員カードか店舗アプリを利用するのが一般的です。

会員カードはバーコードが記載されているタイプを利用すれば、スキャンするだけで情報を確認できます。店舗アプリでは、プッシュ通知でお知らせを送ることも可能です。どちらに対応しているかはメーカーにより異なるので、導入前に確認をしましょう。

POSレジ選びの専門知識・時間がない方
コンシェルジュが代わりに探してご案内します!
業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

中小企業診断士
セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.
URL:https://note.com/2ndlabo/n/n949eaa3e9d69

北海道大学を卒業後、医療機器の営業として6年間勤務。外科、整形外科、泌尿器科領域を中心に民間・国公立の病院を担当。2020年よりセカンドラボ株式会社に入社。医療福祉施設の課題解決プラットフォーム「2ndLabo」にて各種ITツール、医療機器の導入支援、クリニック開業支援に従事。

2ndLaboのサービスを通じて、これまで1,000件を超えるサービス導入支援・開業支援を担当。得意分野は、電子カルテ、介護ソフト、各種医療機器。


フリーランスWEBライター
URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事

PAGE TOP