移乗で使える介護ロボットを紹介|価格や選び方も解説

投稿日 2022.05.11 / 更新日 2022.10.07
投稿者:豊田 裕史

昨今の介護業界の人手不足が深刻化している中、介護ロボットの開発・普及が進んでおり、重要度も高まっています。
人手不足の原因はさまざまですが、その一つに身体的・精神的に厳しいことが挙げられます。特に、移乗介助などは腰に負担がかかり、怪我をされる方も多いです。介護ロボットを導入して、介護職員の身体的・精神的負担の軽減に繋げたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、利用者を移乗する際に使える介護ロボットをご紹介し、その価格や選び方も解説します。この記事では移乗用の介護ロボットのメリット・デメリットや導入事例もご紹介していますので、導入後のイメージもわかるでしょう。ご紹介する中に移乗リフトは含んでいませんが、移乗用の介護ロボットについて知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

介護ロボット選びの専門知識・時間が無い方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。

時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

移乗支援の基礎知識

介護業務で最も腰に負担がかかるのが移乗支援です。ここでは、改めて移乗支援の基礎知識を解説しますので、今後の介護に役立ててください。

「ボディメカニクス」を知ろう

ボディメカニクスとは、最小限の力で介助をすることで介助者の腰痛負担を軽減する技術のことです。

ボディメカニクスの習得は、介助者の身体的負担を軽減できるとして必須のスキルといえます。

移乗時に役立つボディメカニクスの8原則は以下の通りです。

  1. 介助者は足幅を前後または左右に広くとる。(支持基底面積を広くとる)
  2. 介助者と被介助者の重心を近づける
  3. 身体全体、大きな筋群を意識して使う
  4. 被介助者の身体をねじらず小さくまとめる
  5. 介助者の重心を低くし、重心を落としたまま移動する
  6. 押さずに手前に引く
  7. 介助者は身体をねじらない
  8. テコの原理を利用する

上記のポイントを押さえておくと小さい力で移乗ができるため、身体的にも楽になります。

移乗介助の基本動作

介護職に携わっている方は、日々実践されていらっしゃると思いますが移乗介助における基本動作を簡単にご紹介します。

日々の業務の見直しも含めて参考にしてください。

  • 移乗前に被介助の体調を確認し、移乗しても問題ないか判断する
  • 被介助者の身体能力をよく理解した状況で、周囲の環境に配慮しながら介助する
  • 移乗時の転落・転倒などの危険を予知する
  • 介助前、動作のたびに必ず声かけを行い、動作・介助内容を伝え納得していただく
  • 自立支援を意識した適切な介助を行うように心がける
  • ボディメカニクスを活用する

上記のポイントを守ることで介助者が安全に介助をすることができ、被介助者は安心して介助をしてもらうことができます。

ノーリフトケアの動き

ノーリフトケアは、介助者のみの移乗を禁止して、利用者の自立度を考えて福祉用具を活用する考え方です。

オーストラリアでは、介助者の介助負担からくる腰痛によって、離職者が増えて深刻な人手不足に陥った経緯からノーリフトケアの考えが生まれました。

実際にオーストラリアでは、ノーリフト・ノーリフティングが導入されてから、労災申請数、労災申請に伴う費用が減少しています。

つまり、ノーリフトケアによって腰痛を訴える方が減少したのです。

日本でもノーリフトケアの動きが徐々にあり、移乗支援などで利用される介護ロボットの開発・普及もこの動きを汲んでいます。

出典:一般社団法人 日本ノーリフト協会|「ノーリフティング」から「ノーリフティングケア」へ

移乗を支援する介護ロボットとは?

ここでは、移乗を支援する介護ロボットの種類とメリット・デメリットについて解説します。移乗用介護ロボットのメリット・デメリットを知ることで、自施設に導入すべきかの判断材料になるでしょう。

種類

移乗を支援する介護ロボットは、「装着型」と「非装着型」に大きく分けることができます。それぞれの特徴をご紹介します。

【装着型】

移乗支援介護ロボットの装着型は、介助者がロボットスーツなどを装着して介助を行うことで身体的な負担を軽減させることが可能です。

  • 介助者が装着して介助することで、移乗介助時の負担を軽減できる
  • 介助者が一人で着脱可能
  • ベッド、車椅子、トイレ間の移乗に使用できる

【非装着型】

非装着型の介護ロボットは、 介助者による抱え上げ動作のパワーアシストを行うロボットです。

  • 移乗開始から終了まで一人で使用できる
  • ベッドと車椅子間の移乗に使用可能
  • 取り付け工事が不要

メリット

移乗支援の介護ロボットを導入するメリットは下記の通りです。

  1. 職員の腰痛防止・業務負担軽減
  2. 介助作業が誰でもできる

1.職員の腰痛防止・業務負担軽減

移乗支援の介護ロボットを導入することで、職員の腰痛予防と防止・業務負担軽減に繋がります。前述した「ボディメカニクス」をうまく活用しても、腰痛に悩まされる職員は大勢いらっしゃるでしょう。

また、介助する側とされる側の体重差があり、一人で支えきれずに腰を痛めてしまうケースも多いです。その点、移乗支援の介護ロボットを導入することで体が小さい方や力がない方でも移乗できるため、腰痛防止と業務負担軽減に繋がるメリットがあります。

2.介助作業が誰でもできる

先ほどもお伝えした通り介助する側、される側の体格差、体重差で一人で移乗介助が難しい場合があります。移乗支援の介護ロボットを使用することで、ほとんど力を使わずに利用者をベッドと車椅子間の移乗を楽にすることができます。

女性や高齢の職員が、利用者の体格や体重など関係なく介助作業が行えるのは、大きなメリットといえるでしょう。

デメリット・注意点

移乗支援の介護ロボットを導入するデメリットと注意点についても押さえておきましょう。

  1. 着脱に手間がかかる(装着型)
  2. サイズが合わないことがある(装着型)
  3. 一人ひとりの移乗に時間がかかる(非装着型)
  4. 費用がかかる

1.着脱に手間がかかる(装着型)

装着型の介護ロボットの場合、着脱に手間がかかる点がデメリットです。特に、移乗支援用の介護ロボットは、装着手順も覚えなければいけません。装着方法を間違った場合、かえって腰を痛めてしまう原因にもなることがあります。

また、介護ロボットの着脱に時間や手間がかかるため、使いこなすまでに時間がかかるデメリットがあります。

2.サイズが合わないことがある(装着型)

装着型の移乗支援介護ロボットは、洋服のサイズと同じく身体にフィットしたサイズにする必要があります。洋服と同じようにS・M・Lなどのサイズから選ぶことができますが、一部の介護職員はサイズが合わず使えないこともあります。

そのため、せっかく介護ロボットを導入しても、サイズが合わない可能性があるのはデメリットです。

3.一人ひとりの移乗に時間がかかる(非装着型)

移乗支援の介護ロボットは、介助者の介助負担の軽減や誰でもできるのが魅力ですが、利用者一人ひとりの移乗に時間がかかってしまいます。

移乗用の介護ロボットを導入しても、移乗までに時間がかかり、結局使わなくなった施設もあります。そのため導入する際は、施設の人員状況や業務フローの確認が必要です。

4.費用がかかる

介護ロボットを導入するハードルの高さに導入コストが挙げられます。介護ロボットの購入、レンタル、維持費などがかかるため導入を諦める介護施設も多いです。 実際に、厚生労働省の 「介護ロボットの開発と普及のための取り組み」の中でも、導入する問題に「導入する予算がない」と挙げています。

そのため、移乗支援用の介護ロボット導入を検討している施設は、「介護ロボット導入支援事業」などの補助金を利用するといいでしょう。

移乗を支援する介護ロボット8選

ここでは、移乗を支援する介護ロボットを8選ご紹介します。装着型、非装着型の両方をご紹介するので、自施設の状況に合った介護ロボットを導入する参考にしてください。

移乗サポートロボット Hug

移乗サポートロボット Hug

出典:移乗サポートロボット Hug https://www.fuji.co.jp/items/hug/hugt1

Hugは、座位が取れる利用者の座位間の移乗介助や、脱衣所などの立位保持をサポートする非装着型の移乗支援介護ロボットです。

さまざまな理由から足を使う機会が少なくなってしまった利用者の残っている脚力を最大限活かすことが可能です。

今まで二人介助で行なっていた移乗介助も一人でできるようになるため、業務の効率化に繋がります。

Hugについては移乗サポートロボット『Hug』の評判は?機能や価格についても徹底解説!でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

移乗サポートロボット Hugの比較ポイント

  • 使いたいときにすぐ使うことができる
  • 二人介助から一人介助になることで業務効率化が図れる
  • 利用者の脚力を活かした移乗ができる

製品情報

サイズ (全長×全幅×全高)950×620×880~1350mm
最大使用者体重 100㎏
デモの有無 あり
レンタルの有無 あり
価格帯 移乗サポートロボット Hug L1-01 ¥880,000(税別) 移乗サポートロボット Hug T1-02 ¥980,000(税別)

介護ロボット「移乗です」

介護ロボット「移乗です」

出典:介護ロボット「移乗です」 https://www.akane-fukushi.co.jp/item_ijou/

非装着型介護ロボット「移乗です」を導入することで、抱きかかえて移乗をすることはなくなります。職員の腰痛防止になり、1分以内の移乗を簡単にすることが可能です。

また、ベッドからポータブルトイレ、入浴用車椅子、食堂の椅子などさまざまなシーンで使用できるため、汎用性が高いのも特徴です。

介護ロボットをしても置き場所に困ることがない全幅77cmのコンパクト設計なので、多床室でも支障なく使用できます。

介護ロボット「移乗です」の比較ポイント

  • 1分以内の移乗を一人で行うことが可能
  • 高さを登録することができる
  • 安全ベルトを装着するため、利用者は安心して移乗が可能

製品情報

サイズ 幅760 × 奥行730 × 高さ900(mm)
最大使用者体重 80kg
デモの有無
レンタルの有無
価格帯 ¥600,000(税別)

DARWING Hakobelude

DARWING Hakobelude

出典:DARWING Hakobelude https://www.daiyak.co.jp/product/detail/?id=676

ダーウィンハコベルデは装着型の介護ロボットで、特殊な高反発ゴムと人工筋肉を配置しており、腰を落として屈むと、ゴムの収縮力が発生して自然と上体を起こしてくれるアシスト機能が特徴です。

独自開発した空気圧人工筋肉により、辛い中腰などの姿勢を楽に維持することができます。

また、電力を必要とせず、空気の力を利用するため稼働時間を気にせず使用でき、約800gの軽さなので長時間の使用も可能です。

DARWING Hakobeludeの比較ポイント

  • 空気の力を使用するため充電不要
  • 長時間の姿勢保持も楽
  • 軽量かつ柔軟性を実現し、動きやすい

製品情報

タイプ・動力 サポートタイプ
本体重量 約800g
連続稼働時間
デモの有無 あり(施術院関係・医療従事者の方・法人に限る)
レンタルの有無
価格 85,800円 (税込)

J-PAS fleairy(フレアリー)

J-PAS fleairy(フレアリー)

出典:J-PAS fleairy(フレアリー) https://active-life.jp/jpasfleairy/

装着型介護ロボットのフレアリーは、センサーによるモーター駆動により、アシスト力の調整を可能とするアクティブタイプです。

また、フレーム構造のような重たい素材は使わず、ベルト巻き上げ式を採用しているため、大幅な軽量化を実現しています。

軽量なので、モーターの電源を切っておけば、フレアリーを装着したまま別の作業をすることも可能です。さらに、本体を抜くと付属する装具は洗濯できるので、衛生面でも安心です。

J-PAS fleairy(フレアリー)の比較ポイント

  • 装着部が柔らかいため動きやすい
  • 本体を外せば洗濯可能
  • モーター駆動により、適正なタイミングでアシストが可能

製品情報

タイプ・動力 アクティブ
本体重量 1.6kg
連続稼働時間 約4時間(当社規定の動作環境下での測定結果による)
デモの有無 あり(施術院関係・医療従事者の方・法人に限る)
レンタルの有無 あり
価格 本体セット(本体、バッテリー、ベスト、膝パッド、脚部ベルト)¥298,000(税込¥327,800)

レイボエクソスケルトン

レイボエクソスケルトン

出典:レイボエクソスケルトン https://laevo.jp/

装着型介護ロボットのレイボエクソスケルトンの特徴は、腰の支持だけでなく身体全体のバランスを整えて、前屈作業時の体幹をサポートすることです。

また、介護ロボットのような機器を扱い慣れない方でも、胸パッドと腰ベルトを留めるだけで着脱ができるため誰でも装着することができます。

レイボエクソスケルトンの動力源は装着者の運動エネルギーなので、前に屈んだ際に蓄えた力を再び身体を起こす力に転用できるので、無駄のない動きが可能です。

レイボエクソスケルトンの比較ポイント

  • 誰でも簡単に装着できる
  • 電源・バッテリー不要でいつでも作動
  • 前屈姿勢のまま回旋する動作も可能

製品情報

タイプ・動力 パッシブタイプ
本体重量 約2.8㎏
連続稼働時間
デモの有無 各地の体験会や展示会にて
レンタルの有無
価格 627,000円

サラフレックス

サラフレックス

出典:サラフレックス https://med.saraya.com/products/kaijo/saraflex.html?utm_source=med&utm_medium=topics

非装着型の介護ロボット「サラフレックス」は、人間工学に基づいた自然な動きで、利用者を座位から立位への移乗動作を一人で行える点が魅力の一つです。

また、スリングシート(立位補助ベルト)を装着するので、自身で立てない利用者でも安心・安全に立位からの移乗動作を行うことができます。

足に拘縮があり移乗動作が困難な方でも、ふくらはぎに補助ベルトを付けることで持ち上げることも可能です。

サラフレックスの比較ポイント

  • 下肢訓練や拘縮予防などのリハビリにも利用可能
  • 1回の充電で連続3時間使用可能
  • 一人介助での使いやすさを考慮した設計のため機器の調節が不要

製品情報

サイズ
  • 保管時の寸法(高さ)1162mm
  • 機器全長996mm
  • 閉脚時外寸(幅)660mm
最大使用者体重 200kg
デモの有無
レンタルの有無
価格帯 980,000円

ROBOHELPER SASUKE

ROBOHELPER SASUKE

出典:ROBOHELPER SASUKE https://www.musclerobo.com/

非装着型の介護ロボットSASUKEの特徴は、操作が非常にシンプルなことです。昇降時は片手でレバー操作を行えるため、利用者から目を離すことなく手を添えて安全確認しながら移乗介助を行うことができます。

ベッドや車椅子間の移乗だけでなく、ストレッチャーへの移乗も対応可能です。移乗の際も点ではなく、シートを使用して面で身体を支えるため、安定性があり利用者も安心して移乗を受けることができます。

価格:税抜998,000円

ROBOHELPER SASUKEの比較ポイント

  • 昇降時は片手でレバーを操作できる
  • ストレッチャーへの移乗も対応可能
  • コードレスのため自由に動かせる

製品情報

サイズ
最大使用者体重
デモの有無
レンタルの有無
価格帯 税抜998,000円

HAL(ハル)

HAL(ハル)

出典:HAL(ハル) https://www.cyberdyne.jp/products/Lumbar_CareSupport.html

HALは装着型の移乗支援介護ロボットで、移乗動作でも特に負荷のかかる、入浴介助の移乗時に対応できるよう防水仕様になっているのが特徴です。

また、女性や高齢の職員でも無理なく使用できる軽量コンパクトモデルになっているため、長時間の使用も可能にしています。

介護ロボットなどの機器を扱い慣れていない方でも、たった2つのボタンで補助量を設定できるので、誰でも簡単に使用可能です。

価格:要問い合わせ

HAL(ハル)の比較ポイント

  • 入浴介助でも利用できる防水仕様
  • 装着者の動きをHALが読み取り今まで通りの介護を楽に行える
  • 約3kgなので、長時間の使用も可能

製品情報

タイプ・動力 アクティブ
本体重量 3.1kg (バッテリ含む)
連続稼働時間 約180分(動作環境に応じて変動あり)
デモの有無
レンタルの有無 施設向け・個人ともレンタル可
価格 要問合せ

まとめ

移乗を支援する介護ロボットの導入は、昨今の介護業界の深刻化する人手不足を解決する、一つの手段として注目されています。移乗介助にかかる負担から、職員は腰痛に悩まされていますが、移乗支援の介護ロボットを導入することで負担軽減も可能です。

また、体格差や体重差に関係なく、女性、高齢の職員、誰でも移乗介助をすることができる点も魅力です。導入コストにかかるハードルも介護ロボット導入支援事業などの補助金を利用すれば、クリアできるでしょう。

今回ご紹介した移乗支援の介護ロボットを参考に導入を検討し、業務効率化・負担軽減を図る判断材料になれば幸いです。

介護ロボット選びの専門知識・時間が無い方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。

時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事