睡眠見守りシステム『みまもり~ふ』

睡眠を見守ることで新しい介護を実現。夜間の訪室を減らし感染リスクも低減。スタッフの負担を減らすとともに、ご利用者様の眠りを妨げないケアでサービス満足度も向上。新たにクラウド管理でも導入可能に!その場合はパソコン不要。クラウド管理ではクラウドカメラとの連動も可能!映像による見守り、記録も。

睡眠を見守ることで新しい介護を実現。夜間の訪室を減らし感染リスクも低減。スタッフの負担を減らすとともに、ご利用者様の眠りを妨げないケアでサービス満足度も向上。新たにクラウド管理でも導入可能に!その場合はパソコン不要。クラウド管理ではクラウドカメラとの連動も可能!映像による見守り、記録も。

都道府県によって時期が異なりますが、早い地域では例年6月頃から募集される、
介護ロボット導入補助金の対象となる製品です。

介護ロボット導入支援事業(令和2年度)

その他補助金についても適宜お調べしますのでお気軽にお問い合わせください。

 

『みまもり~ふ』とは?

 

 要介護者人口が増加する中で、従来より、経験値が少ないスタッフが増える可能性が大きく、新たな介護補助サービスが行えるシステムが必要とされています。 
 介護施設のサービスにおいて、睡眠を見守るという新しい指標で介護職員の負担を軽減し、介護サービスの質の向上を目指した見守りシステムです。ベッドのマットレスの下にセンサーマットを置くだけで、リアルタイムに要介護者の状態が確認できます。
また、睡眠状態のデータを蓄積、解析することで、 睡眠の改善に役立てられ、要介護者の睡眠の質の向上につながります。
 

 

 

リアルタイムで睡眠状態、生体情報(心拍、呼吸)の確認が行え、巡回・介助のタイミングの判断がしやすくなります。
また、睡眠時のデータから睡眠の質(睡眠クオリティ)の評価を行うことができ、利用者に合わせた介護プランの作成に活用できます。