自動排泄処理装置おすすめ7選|利用場面、導入メリットなどを紹介

投稿日 2022.09.20 / 更新日 2022.09.30
投稿者:豊田 裕史

自動排泄処理装置を導入すれば、入所者や患者の排泄処理の効率化が可能です。排泄物を衛生的に処理できるため、利用者や患者の皮膚トラブルの防止につながります。
また、全体的なQOL向上も期待できるでしょう。

販売されている製品のなかには、介護ロボット導入支援事業対象製品となっているものもあるので、補助金の受け取りが可能です。

今回の記事では、自動排泄処理装置とは何か?という基礎知識やメリットについて説明します。
その上で、自動排泄処理装置おすすめ7選を紹介しますので、自宅や自施設への導入を検討する際の参考にしてみてください。

自動排泄処理装置選びの専門知識・時間が無い方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。

時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

自動排泄処理装置の基礎知識

ここでは、自動排泄処理装置の基礎知識を説明します。まずは、自動排泄処理装置の仕組みや利用対象者について正しく理解しましょう。

自動排泄処理装置とは

自動排泄処理装置は特殊尿器とも呼ばれ、排尿・排便をサポートする福祉用具です。基本的に、要介護者が身体機能の都合上ベッドから離れられない場合に利用します。

排泄物を自動吸引して陰部や肛門の洗浄、乾燥までを機械1台で自動的に行ってくれるため、排泄介助に伴う負担を軽減可能です。

基本的に、自動排泄処理装置には

  • 排尿に対応した機種
  • 排便に対応した機種
  • 排尿・排便の両方に対応した機種

があり、要介護のレベルによって使用できるタイプが異なります。

自動排泄処理装置の仕組み

自動排泄処理装置は、排泄物を受け止めるレシーバー部分と、レシーバーとつながった本体で構成されています。レシーバーに排尿・排泄があった際に、自動的に本体内のタンクに吸引される仕組みです。レシーバーには男性用と女性用があり、それぞれ形状が違います。

公共財団法人テクノエイド協会

介護施設・医療機関での利用対象者

介護施設・医療機関で利用する場合の対象者は以下の通りです。

  • 排泄介護に困っている高齢者、障がい者
  • 要介護度が高く寝たきりの状態の方
  • 難病患者、怪我や術後で一人での排泄が難しい方

自宅介護で利用する場合、福祉用具貸与の介護保険の給付対象となるのは、要介護4・5の人のみなので気を付けましょう。(要支援1・2、要介護1・2・3は対象外)

自動排泄処理装置の導入メリット

ここでは、自動排泄処理装置を導入するメリットを4つに分けて説明します。ひとつずつ確認して、各メリットを理解した上で導入を検討するといいでしょう。

残尿感・残便感の軽減

おむつや尿吸収パッドの上に排泄をしても、すっきりした気分にはなりません。しかし、自動排泄処理装置を使用すれば、残尿感や残便感を軽減できます。利用者の満足度やQOL向上につながるのは大きなメリットです。

皮膚トラブルの防止

おむつを常用していると、皮膚が荒れやすくなってしまいます。自動排泄処理装置を使えば排泄物と皮膚との接触が減るため、皮膚トラブルの悩みを解消可能です。自動排泄処理装置は、排尿・排便を衛生的に行なう上では欠かせません。

利用者のストレス軽減

介護者に対して、気を遣わずに排泄・排尿ができるようになったり、部屋のにおいが気にならなくなったりするので利用者のストレスが軽減します。また、おむつ交換で起こされる機会が減るため、良質な睡眠がとれるようになるでしょう。

排泄物処理をしてもらう側である、要介護者の嫌悪感の解消や尊厳の回復も期待できます。

介護者の負担を軽減

要介護者だけではなく、介護者にもメリットはあります。なかでも、おむつ交換や利用者をトイレに連れていく際の負担を軽減できるのは大きいでしょう。夜間の業務負担を軽減できるのも、介護者にとってメリットがあります。

自動排泄処理処理装置おすすめ7選

ここでは、自動排泄処理装置おすすめ7選を紹介します。自動排泄処理装置の基礎知識や導入のメリットをおさえた上で、自宅や自施設の状況・予算に適した製品を選ぶようにしましょう。

自動排泄処理装置 ドリーマー|アド・ロールス株式会社

アド・ロールス株式会社

出典:アド・ロールス株式会社 https://ad-rolls.com/

アド・ロールス株式会社が提供しているドリーマーには、汚水タンクの処理や洗浄水の補給が必要な場合に、音声でお知らせしてくれる機能がついています。

自動排泄処理装置 ドリーマーの比較ポイント

  • 汚水タンクの処理や洗浄水の補給が必要な場合のお知らせ機能
  • 操作が簡単
  • 頻尿モードが搭載で洗浄回数をコントロール

製品情報

会社名 アド・ロールス株式会社
製品名 自動排泄処理装置 ドリーマー
利用場所 介護施設、医療機関、自宅介護
特長 操作方法は、本体に洗浄水と汚水タンクをセットして、要介護者に専用カバーを貼り付けたカップを装着するだけなので、機械が苦手な方でも心配ありません。
また、頻尿モードが搭載されていて、センサーが頻尿を自動で感知します。洗浄回数をコントロールしてくれるので、肌に与える影響を軽減可能です。

自動排泄処理ロボット iCarebot|アルトンジャパン株式会社

アルトンジャパン株式会社

出典:アルトンジャパン株式会社 http://www.altonjapan.co.jp/products/smilecare/79.html

アルトンジャパン株式会社が提供している自動排泄処理ロボット iCarebotは、医療用ジェルが身体に密着するので、傾いた状態で排泄を行なっても漏れません。

自動排泄処理ロボット iCarebotの比較ポイント

  • 傾いた状態で排泄を行なっても漏れない
  • カップ内を常に衛生的に保ち、部屋に嫌なにおいが充満しない
  • 介護ロボット導入支援事業対象機器

製品情報

会社名 アルトンジャパン株式会社
製品名 自動排泄処理ロボット iCarebot
利用場所 介護施設、医療機関、自宅介護
特長 排泄物はすぐに処理され、タンクに密封状態になります。そのため、カップ内を常に衛生的に保ち、部屋に嫌なにおいが充満しません。
こちらの製品は、介護ロボット導入支援事業対象機器です。補助内容は自治体によって異なるので、詳細は問い合わせるようにしましょう。

自動排泄処理装置 ダイアレット|株式会社ライフ

株式会社ライフ

出典:株式会社ライフ http://lifeheart.co.jp/

株式会社ライフが提供しているダイアレットは、オムツ中心部分に宇宙飛行士用にNASAで採用された、防水性・抗菌性に優れたポリウレタンを使用しています。

自動排泄処理装置 ダイアレットの比較ポイント

  • オムツ中心部分に宇宙飛行士用にNASAで採用されたポリウレタン使用
  • 要介護のレベルに応じて手動操作が可能
  • トラブル時はブザーで知らせてくれる

製品情報

会社名 株式会社ライフ
製品名 自動排泄処理装置 ダイアレット
利用場所 介護施設、医療機関、自宅介護
特長 要介護者の自立を促すために開発されているため、要介護のレベルに応じて手動操作が可能です。また、万が一のトラブル時は、ブザーで知らせてくれるので安心して使用できます。

排泄支援介護ロボット キュラコ|株式会社キュラコジャパン

株式会社キュラコジャパン

出典:株式会社キュラコジャパン https://www.curaco.co.kr/jpn/

株式会社キュラコジャパンが提供している排泄支援介護ロボット キュラコは、 国内外の政府機関から認められた技術を駆使しており、信頼性が高い製品です。

排泄支援介護ロボット キュラコの比較ポイント

  • 国内外の政府機関から認められた技術を駆使
  • 男女別専用のモジュールを使用
  • 温水温度や水圧など細かい調整が可能

製品情報

会社名 株式会社キュラコジャパン
製品名 排泄支援介護ロボット キュラコ
利用場所 介護施設、医療機関、自宅介護
特長 体位変換にも対応しており、男女別専用のモジュールを使用しているためフィット感が高く、安心して排泄できます。
細かい調整が可能で、温水温度・洗浄・温風乾燥の動作時間の他、水圧やノズル角度などの変更も可能です。

自動採尿器 スカットクリーン|パラマウントベッド株式会社

パラマウントベッド株式会社

出典:パラマウントベッド株式会社 https://www.paramount.co.jp/learn/reductionworkburden/skutclean

パラマウントベッド株式会社が提供している自動採尿器 スカットクリーンは、レシーバーをあてて排尿すると、自動的に尿を吸引してくれる排尿に対応した機種です。

自動採尿器 スカットクリーンの比較ポイント

  • コンパクトで持ち運び可能
  • レシーバー先端にある尿センサーが尿を自動感知
  • 排尿前に手動で吸引開始できるボタンを押せば漏れの心配がない

製品情報

会社名 パラマウントベッド株式会社
製品名 自動採尿器 スカットクリーン
利用場所 介護施設、医療機関、自宅介護
特長 コンパクトで持ち運び可能なので、要介護者の状態や介護環境に合わせて使用できます。
レシーバー先端にある尿センサーが、尿を感知して自動的に吸引してくれる仕組みになっています。漏れの心配がある場合、排尿をする前に手動で吸引を開始できるボタンを押しておけば安心です。

マインレット爽|株式会社プロモート

株式会社プロモート

出典:株式会社プロモート https://www.promote-med.com/custom1.html

株式会社プロモートが提供しているマインレット爽は、カップに専用おむつをセットして、通常の紙おむつと同様に身体に着けます。

マインレット爽の比較ポイント

  • 陰部とユニット内を除湿するため排泄物のにおいが気にならない
  • 専用おむつはMサイズとLサイズがある
  • 30度〜35度くらいまでセンサーが感知する

製品情報

会社名 株式会社プロモート
製品名 マインレット爽
利用場所 介護施設、医療機関、自宅介護
特長 じっくりと陰部とユニット内を除湿するため、排泄物のにおいが気になりません。
専用おむつは、MサイズとLサイズがあるので要介護者の体格に合わせて使用可能です。
体位変化に関しては、30度〜35度くらいまでであればセンサーが感知してくれます。

エバーケア|株式会社エバーケア

株式会社エバーケア

出典:株式会社エバーケア http://www.evercare.co.jp/

株式会社エバーケアが提供しているエバーケアは、本体の大きさが幅35cm・奥行き61cm・高さ50cmなので非常にコンパクトに設計されています。また、本体底部にキャスターが付いているので、手軽に移動可能です。

エバーケアの比較ポイント

  • コンパクト設計でキャスター付き
  • 静音性に優れている
  • サポート体制が充実している

製品情報

会社名 株式会社エバーケア
製品名 エバーケア
利用場所 介護施設、医療機関、自宅介護
特長 夜間の排泄の際は、静音性に優れているため要介護者の睡眠を妨げません。
サポート体制も充実しており、24時間365日カスタマーセンターが対応してくれます。

自動排泄処理装置選びの専門知識・時間が無い方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。

時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

よくある質問

自動排泄処理装置とは何ですか?
自動排泄処理装置は特殊尿器とも呼ばれています。尿・便を感知すると自動的に吸引されるため、介護者と要介護者の両者の負担を軽減可能です。各メーカーが提供している自動排泄処理装置の多くは、福祉用具貸与対象商品として介護保険による給付が認められています。詳しくはこちら
自動排泄処理装置の導入メリットは何ですか?
要介護者の身体や部屋を衛生的に保てます。特に、においが気にならないのは介護者、要介護者ともに大きなメリットでしょう。排泄物処理を人にしてもらうのは非常にデリケートな問題ですが、自動排泄処理装置を使用すれば要介護者が抱える嫌悪感の解消や尊厳の回復も期待できます。詳しくはこちら
汚物を溜めるタンクから、におい漏れはありませんか?
多くの自動排泄処理装置は、密封構造なのでにおい漏れの心配はありません。また、基本的に本体内部には脱臭フィルターが備え付けられています。自動排泄処理装置を導入すればにおいが気にならないので、導入前よりも快適に生活できるでしょう。詳しくはこちら


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。