医科、調剤、歯科におすすめのレセコン比較20選【徹底比較】

投稿日 2022.09.28 / 更新日 2023.01.18
投稿者:豊田 裕史

電子カルテと一緒にレセコンも導入したいと考えているものの、そもそもレセコンが何なのか、よく分かっていない医師もいるのではないでしょうか。

医師はレセコンに触れる機会がなく、製品の選び方も分からないので、オススメを参考にしたいと思っていることでしょう。

製品選びに失敗しないためには、連携できる電子カルテに注目することです。

レセコンと電子カルテを連携させれば、レセコンに向かう時間や手間の削減が可能で、業務効率アップにも繋がります。

ここでは、レセプトとは何かについてやレセコンを選ぶポイントなどを解説していきます。電子カルテとレセコンの関係性を知ることで、自院に合ったレセコンが見つかるでしょう。

レセコン選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

レセコンとは

レセコンは、レセプトと呼ばれる明細書を作成するためのソフトウェアです。診療記録を保存するだけの電子カルテとは、明確に役割が異なっています。ここでは、レセプトの具体的な機能について、詳しくご紹介します。

レセコンでできること

レセコンにできることは、主にレセプト作成・請求です。会計士や事務員が、診療結果をもとに医師の報酬を算出するために、高度な計算ソフトが内蔵されています。レセプト作成・請求のほかにできることは、以下の通りです。

  • 患者様の受付・会計
  • 診療内容の記録
  • 処方箋の発行
  • 保険証のスキャン

レセコンの普及率はほぼ100%

10年ほど前は、どの施設でもレセコンは導入しておらず、データではなく紙で申請するのが普通の時代でした。ところが厚生労働省の発表によると、2015年時点のレセコン普及率は約99%だそうです。ITの進歩や医療業界のニーズ変化などが重なり、わずか10年足らずで状況が急変したと言えるでしょう。今やレセコンは、業務効率化や不正防止の観点から、導入されていることが当たり前の時代となっています。

レセコンの価格相場

レセコンの価格は、残念ながら公開していないメーカーが多いです。ただ、電子カルテ販売の中央ビジコムによると、レセコンの価格相場は一式で約200〜300万円(ハード、ソフト一式含む)という結果でした。

レセコンのサービス内容によって価格は大きく変わるものですが、選ぶ際にはひとつの参考になるでしょう。もし価格の知りたいレセコンがある場合には、実際にメーカーへ問い合わせるのがおすすめです。

レセコンの選び方

レセコンを選ぶ際には、注目するべきポイントがあります。ここでは、レセコンの選び方を4つご紹介します。

電子カルテ連動型か一体型か

レセコンには、電子カルテとシステムが一体になっている「一体型」と、システムが別々の「連動型」があります。

「一体型」とは、あらかじめレセコンの機能が搭載されている電子カルテです。一体型電子カルテさえあれば、別のレセコンを購入する必要はありません。受付・診察・会計までが一元で管理できるので、レセコンへの入力にかかる手間が減ります。

一方「連動型」は、電子カルテとは別々になっているシステムです。連動型レセコンを選ぶ際は、連携できる電子カルテにも注目しましょう。また、レセコンのみの導入や買い替えをするときは、金銭的に都合がよくなる場合もあります。

なお、日本医師会が提供する「ORCA」を除いた民間製品は、ほとんどが一体型です。電子カルテとレセコンの導入を考えている人は、先に電子カルテから選びましょう。

提供形態はクラウドかオンプレか

レセコンの提供形態は、「クラウド」と「オンプレ」があります。それぞれのメリットとデメリットは、以下の通りです。自院の環境にあった形態のレセプトを導入しましょう。

 
メリット デメリット
クラウド 費用が安くなる
どこにいても操作できる
PCが故障しても、他のPCを使えばシステムは利用できる
インターネット回線に異常があると使用できなくなる
セキュリティ面でやや不安が残る
オンプレ インターネットがなくても記入できる
データ保存を目で確認できる安心感がある
院内のみの利用に限られる
災害時にデータを失う可能性がある

サポート体制の充実度

初めてレセコンに触れる人や、事務員に代わって操作する場合は、レセコンに慣れるまでに時間がかかるかもしれません。操作に迷ったりトラブルが起きたりしてもいいように、サポート体制の充実度も確認しておきましょう。

電話対応の際、口頭で解決策を伝えるだけでなく、リモートで遠隔操作までしてくれるサポートがついていると理想です。メーカーによっては、状況次第で現場に来てくれることもあります。故障時の対応、災害時の対応など、自院の医療行為が続けられるようサポートしてくれるメーカー、販売店を選ぶことが重要です。

レセコン点検機能の有無

レセプトの入力は細かい作業なので、入力ミスが重なり時間がかかることもあるでしょう。レセコン点検機能(レセプトチェックソフトとも呼ばれる)が搭載されていれば、人力での確認作業が減り、レセコン入力にかける時間を短縮できます。

内容を自動でチェックしてくれる機能がついているシステムもあるので、確認してみると良いでしょう。

レセプトチェックについてはレセプトチェックソフト 比較でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

レセコン選びに迷われている方へ

コンシェルジュが無料希望条件に合う製品を代わりに探します

医科向けレセコン10選

レセコンは、日本医師会が開発したORCAか、それ以外の民間製品に大別できます。医科に関しては、ORCAを含めた以下の5社で、国内シェアの8割を占める寡占状態です。

  1. PHC株式会社(Medicom-HRiV)
  2. 日本医師会(ORCA)
  3. EMシステムズ(Recepty NEXT)
  4. 三菱電機インフォメーションシステムズ(調剤Melphin)
  5. 富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社(Pharma-SEED AS)

ここでは、国内シェアの上位5社を含めた、医科向けレセコン10選を紹介します。

Medicom-HRiV|PHC株式会社

PHC株式会社

出典:PHC株式会社https://bijicom.co.jp/hriv

PHC株式会社で開発された一般診療所向け電子カルテシステムで、一般診療所向け医事会計システムの両方でシェアNo.1を誇ります。1972年に日本初のレセコンを制作して以来、機能強化とバージョンアップを繰り返して完成したシステムが「Medicom-HRiV」です。

Medicom-HRiVの比較ポイント

  • 電子カルテ「Medicom-HRV」とともに、稼働施設数No.1を誇る
  • ノウハウと、連携できるソフトが豊富
  • 点検アシスト機能が優秀

製品情報

会社名 PHC株式会社
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 医科
運用 連動型
価格 200万~300万円
特長 入力サポート機能が充実しており、受付、患者登録、保険証確認、会計などの業務を時短で行うことが可能。
入力中・入力済みレセプトデータのミスや訂正候補を表示してくれる「点検アシスト」機能があります。自動でチェックされるうえ、チェック項目も多いので、人力での入力ミスは格段に減ることでしょう。

ORCA|日本医師会

日本医師会

出典:日本医師会https://www.orca.med.or.jp/

「ORCA」は、国内第2位のシェアを誇る連動型レセコンです。日本医師会の提供するシステムですが、事務所が日本各地に多数あり、全国のベンダーで販売されています。ほかのレセコンと比較しても格安で販売されており、導入にも運用にもコストカットが可能です。かなり格安ですが、システムの内容は高品質なのでご安心ください。

ORCAの比較ポイント

  • 格安でレセコンを利用できる
  • OSはLinuxを採用
  • 医科向け電子カルテ以外にも、多くの製品と連携可能

製品情報

会社名 日本医師会
連携電子カルテ AHIS(株式会社エイトス)、RACCO(システムロード株式会社)など19種類
主な対応レセプト種類 医科、介護など
運用 連動型
価格 月額2,200円(台数制限なし)、セキュリティサービス550円/月
特長 入力時には、各種チェック機能や自動算定機能(算定漏れ防止)により、ミスがあった時はメッセージが表示されます。ユーザーの入力における手間を軽減し、スムーズな入力ができるでしょう。

Recepty NEXT|EMシステムズ株式会社

EMシステムズ株式会社

出典:EMシステムズ株式会社https://emsystems.co.jp/mrn/

「Recepty NEXT」は、馴染みやすい動作と機能がそろった、国内シェア3位の一体型電子カルテです。操作画面のレイアウトは、4つのエリアに分けて情報が表示されており、必要な情報がすぐ見つかるでしょう。

Recepty NEXTの比較ポイント

  • 4つのエリアに区分けされた見やすい画面
  • ワンクリックで完結するスピード操作
  • デモ体験を実施

製品情報

会社名 EMシステムズ株式会社
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 医科
運用 一体型(複合型)
価格 月額25,000円、端末料金5,000円(6台目以降は2,000円)
特長 入力はワンクリックで可能です。入力にかける手間と時間を徹底的に割き、空いた時間を診察にあてられます。デモ体験もありますので、導入を検討している人は、ぜひ操作性の良さを感じてみてください。

調剤Melphin|三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

出典:三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社https://www.mdsol.co.jp/melphin/products/melphin-duo.html

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社は、「安心・快適・スピード」をテーマに、約35年にわたり薬局向けのシステムを開発しています。開発した薬局向けレセコン「調剤Melphin」は、レセコンのなかで国内シェア4位です。

調剤Melphinの比較ポイント

  • 画面が見やすく使いやすい
  • 在宅で操作できる機能を強化
  • お問い合わせは24時間受付

製品情報

会社名 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 調剤
運用 一体型(複合型)
価格 要問合せ
特長 ワイド画面の左側によく使う機能や便利機能をボタン表示させたり、投与量や禁忌チェックも一目で確認できたり、視認性・操作性・安全性に優れます。24時間どこからでも問合せ可能なので、急な相談事にも対応可能です。

Pharma-SEED EX|富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社

富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社

出典:富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社https://www.fujifilm.com/jp/ja/healthcare/emr/pharmacy-solution/pharma-seed-ex

「Pharma-SEED EX」は、受付・調剤・会計までの情報をまとめられ、業務と経営を支える電子カルテです。画面レイアウトは1画面で完結しており、前回との処方比較やチェック結果、特性情報などがまとめて見られるので、情報がわかりやすくスムーズに業務が進行することでしょう。

Pharma-SEED EXの比較ポイント

  • 薬局に必要な機能を網羅
  • 1画面に必要なすべての情報を凝縮、カスタマイズも可能
  • データベースは1か月単位で更新

製品情報

会社名 富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 調剤
運用 一体型(複合型)
価格 要問合せ
特長 薬歴グラフやコメント、疑義照会などの細かい記録をワンクリックで見られたり、処方箋をスキャナで読み込むだけで、画像データを窓口入力と並べて表示できたりするので、手間がかからず非常に楽です。

Hi-SEED W3R|富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社

富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社

出典:富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社https://www.fujifilm.com/jp/ja/healthcare/emr/medical-solution/hi-seed-w3r

「Hi-SEED W3R」は、現場の意見を取り入れ、時代の変化に対応できるレセコンです。見やすさにこだわり、画面レイアウトがそれぞれ診察用・保険証確認用・会計用に分かれています。用途が変わっても情報を見失うことはなく、業務の効率化が促進されるでしょう。

Hi-SEED W3Rの比較ポイント

  • 用途別のレイアウトが見やすい
  • 「べてらん君コラボ」を標準搭載し、レセプトチェックを効率化
  • サポート体制が充実

製品情報

会社名 富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 医科
運用 連動型
価格 要問合せ
特長 レセプトチェック院内審査支援システム「べてらん君コラボ」が標準搭載されており、レセプトの添削や、記入漏れ等の不備があれば通知で知らせてくれます。医師のレセプトチェックにおける負担を大幅に軽減し、正確に請求が可能です。サポート体制も充実しており、レセプトオンライン請求・報酬改定のダウンロード・リモートメンテナンス・バックアップを、電話一本で承ります。

P-CUBE|ユニケソフトウェアリサーチ株式会社

ユニケソフトウェアリサーチ株式会社

出典:ユニケソフトウェアリサーチ株式会社https://www.unike.co.jp/product/pharmacy/p-cuben/

「P-CUBE」は、「患者様との対話をサポートする」をモットーに、医薬品ではなく対話主体の医療をサポートするように開発されたレセコン一体型電子カルテです。対話に時間を使うために、薬歴作成の効率化が期待できる機能が搭載されています。

P-CUBEの比較ポイント

  • 頭書き情報と薬歴入力の連携によるデータ入力の最適化
  • 1画面構成で見やすくわかりやすい
  • LINEを用いた患者様とのコミュニケーション

製品情報

会社名 ユニケソフトウェアリサーチ株式会社
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 調剤
運用 一体型(複合型)
価格 要問合せ(月額使用料なし)
特長 頭書き情報と薬歴入力の連携により、薬剤師の入力が楽になりました。また、服薬の指導ガイダンスも標準搭載されています。画面レイアウトが1画面構成となり、分かりやすくなったところも嬉しいポイントです。
患者服薬フォローサービス「フォロナビ」では、LINEを用いて患者様とコミュニケーションをとることで、患者様の服薬や負担をフォローするサービスを標準搭載しています。LINEでのやり取りは、電子薬歴上に共有されて便利です。

ダイナミクス|株式会社ダイナミクス

株式会社ダイナミクス

出典:株式会社ダイナミクスhttps://www.superdyn.jp/

「ダイナミクス」は、受付・会計・レセプト作成までの診療業務を統合的にこなす院内設置型システムです。経費削減・業務効率化・診療の質の向上を目的として開発され、約25年間にわたり全国のクリニックで導入されています。

P-CUBEの比較ポイント

  • 自動算定やチェック機能で入力ミスを削減
  • 安い月額でシステムを使用可能
  • 院内設置型でも、データを取り出せば訪問先で入力可能

製品情報

会社名 株式会社ダイナミクス
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 医科
運用 一体型(複合型)
価格 初期費用220,000円、月額11,000円
特長 パソコン台数や、ユーザー数、データ量に関わらず、月額は11,000円の固定額です。ほかのレセコン一体型電子カルテと比較して低コストで使用できます。
ダイナミクスにあるデータは取り出し可能です。訪問先で入力作業したり、Excel形式で抽出して論文作成に役立てたりすれば、業務効率化にも繋がります。

TOSMEC Aventy3.0|エムスリーソリューションズ株式会社

エムスリーソリューションズ株式会社

出典:エムスリーソリューションズ株式会社https://m3sol.co.jp/product/tosmec_k/

「TOSMEC Aventy3.0」は、時代のニーズに応える電子カルテとして、多彩な高機能を維持したまま進化を続けた製品です。

TOSMEC Aventy3.0の比較ポイント

  • 経過型カルテで患者様の状態を把握しやすい
  • レセプトチェックソフト「Mighty Checker PRO」を標準搭載
  • ペン入力もできるため、紙カルテに慣れた人にも馴染みやすい

製品情報

会社名 エムスリーソリューションズ株式会社
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 医科
運用 一体型(複合型)
価格 要問合せ
特長 各診断装置とのシームレスな連携や、直感的な操作、操作をアシストする豊富な支援機能で、医師の業務がスムーズに進むのを助けます。
経過型のカルテ画面なので、診療履歴や患者様の推移を時系列で把握しやすくなり、一覧性が上がりました。レイアウトはカスタマイズも自由にできるので、多様化する医療業界にはピッタリでしょう。

調剤薬局におすすめのレセコン3選

ここでは、調剤薬局向けのレセコンを紹介します。

PharnesV-MX|PHC株式会社

PHC株式会社

出典:PHC株式会社https://www.phchd.com/jp/medicom/pharmacies/pharnes5mx

「PharnesV-MX」は、シンプルでわかりやすいデザインで、操作性・機能性ともに優れた電子薬歴システムです。

PharnesV-MXの比較ポイント

  • 欲しい情報が1画面で確認できる
  • ネットワークサービスが手厚い
  • 自動チェック機能が充実

製品情報

会社名 PHC株式会社
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 調剤
運用 一体型(複合型)
価格 要問合せ
特長 薬歴表紙・監査情報・過去薬歴や、最新の処方に加えた過去5回分の調剤内容・指導内容を、まとめて1画面に表示されます。変更点・追加分は色分けされて表示されるので見落とすことはほとんどありません。
システムのバージョンアップは、業務終了後に自動で開始される仕組みです。アップデート内容は翌朝に確認すればいいので、スタッフの残業時間を削減できます。

ファーミー|株式会社モイネットシステム

株式会社モイネットシステム

出典:株式会社モイネットシステムhttps://www.moinetsystem.com/

「ファーミー」は、高機能で低単価な電子薬歴一体型の調剤薬局用レセコンです。導入時に100万円ほど払えば、その後どれだけ長く使用しても、追加料金を支払う必要はありません。レセコンの価格相場が200〜300万円なので、かなり安いことが分かるでしょう。

ファーミーの比較ポイント

  • 初期費用100万円だけで、追加料金は不要
  • 格安でありながら、必要最低限の機能が一通り揃っている
  • アフターサポートでは、機械の故障にも対応可能

製品情報

会社名 株式会社モイネットシステム
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 調剤
運用 一体型(複合型)
価格 1,007,600円(月額払いはなし)
特長 ファーミーには、薬歴記入に必要な標準装備がそろっているうえに、二次元バーコードや音声入力も標準搭載されています。
アフターサポートの内容は、デスクトップを共有しながら、リモート支援で遠隔操作による対応です。また、使用しているPCが故障した場合は、代替機を貸し出すサービスも付いています。

調剤くん|株式会社ネグジット総研

株式会社ネグジット総研

出典:株式会社ネグジット総研https://v7.chouzai-sys.com/

「調剤くん」は、調剤薬局の全体的な業務だけでなく、研修セミナーや人材育成を含む全般を支援するシステム・サービスです。30年間選ばれ続けており、変化する環境に素早く対応してソリューションを提案できます。

調剤くんの比較ポイント

  • ユーザーファーストなサービス内容
  • 業務に合わせて多機能・高機能のオプションを利用可能
  • サポート体制が充実

製品情報

会社名 株式会社ネグジット総研
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 調剤
運用 一体型(複合型)
価格 要問合せ
特長 導入前には、操作説明、請求業務の立会、アフターフォローを行い、お問い合わせの際は電話対応しますので、初心者にも安心です。操作マニュアル・定期的に行っているバージョンアップ時のバージョンアップマニュアルも完備しています。
ユーザーからの希望があれば、導入前にデモを見ることもできますから、気になるところがあれば問い合わせてみてはいかがでしょうか。

歯科におすすめのレセコン8選

歯科向けのレセコンを紹介します。

WiseStaff|株式会社ノーザ

株式会社ノーザ

出典:株式会社ノーザhttps://www.nhosa.com/product/wisestaff/

株式会社ノーザは、1979年に設立されて以来、歯科向けに特化したシステム開発を手掛けてきました。カルテの簡単入力、保険請求ルールに則ったレセプトチェック機能も搭載されているため、入力時間短縮・入力ミスが軽減されるでしょう。

WiseStaffの比較ポイント

  • 他分野との連携が豊富
  • レセプトチェック機能の搭載
  • サポートは信頼に足るスタッフが対応

製品情報

会社名 株式会社ノーザ
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 歯科
運用 一体型(複合型)
価格 要問合せ
特長 サポート体制も充実しています。導入時には選任のサポートスタッフが対応し、導入後もシステム操作や保険請求に精通した専門スタッフが、電話や訪問でサポートしますので、システムにトラブルが生じたときは、スタッフに任せてしまいましょう。

palette|株式会社ミック

株式会社ミック

出典:株式会社ミックhttps://www.mic.jp/

「palette」は、カルテに入力する項目を自由にカスタマイズできる電子カルテです。患者に施した治療の進行に合わせて、病名に紐づいた処置の候補を、自動で表示する機能があります。この時に表示される「処置の候補」もカスタマイズ可能です。

paletteの比較ポイント

  • 機能を自由にカスタマイズできる
  • 多彩なバリエーションのサービスがある
  • 最大3カ月間無料で利用体験できる

製品情報

会社名 株式会社ミック
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 歯科
運用 一体型(複合型)
価格 月額4,400円
特長 月額料金を抑える代わりに、多彩なバリエーションのサービスが充実しています。追加料金を払えば、自院に必要なサービスだけを選んで利用できる多様性が魅力です。

DOC-5プロキオン|株式会社モリタ

株式会社モリタ

出典:株式会社モリタhttps://www.dental-plaza.com/article/procyon2/

「DOC-5プロキオン」は、安全・安心な環境の実現をサポートするシステムです。短時間で正確にカルテ入力できます。デザインや表示フォントサイズの変更が可能です。

DOC-5プロキオンの比較ポイント

  • 短時間でレセプト作成が可能な仕組み
  • 電子レセプトデータの移行ができる
  • DOOR Linkを用いて地域医療連携してデータ共有を行う

製品情報

会社名 株式会社モリタ
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 歯科
運用 一体型(複合型)
価格 定価2,480,000円
特長 他社のレセコンと入れ替える際、「DOC-5プロキオン」であれば患者データの引継ぎができるので、診察途中の患者様がいたとしても全く問題ありません。
モリタオンラインサービス「DOOR Link」を利用すれば、訪問先で業務できるようになるほか、院外とのネットワーク連携によって業務の幅も広がります。

Opt.one®|株式会社オプテック

株式会社オプテック

出典:株式会社オプテックhttps://ssl.opt-net.jp/

「Opt.one®」は、AIが支援する治療計画と、自動処理で行われるレセプト作成が魅力です。予約の際は、患者様の名前や保険所の情報などが自動的に入力されるため、ヒューマンエラーのリスクが減ります。

Opt.one®の比較ポイント

  • AIによる入力自動化を促進
  • iPad上で簡単操作
  • チーム医療に強い機能も搭載

製品情報

会社名 株式会社オプテック
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 歯科
運用 一体型(複合型)
価格 初期費用1,900,000円、月額28,600円
特長 問診票はiPadで簡単に入力できる仕様です。AI型のアシスタントロボットによるサポートも搭載されています。レセプトチェック機能もあり、保険証の記入漏れの自動チェック、月末請求前のエラー検出も、システムにお任せです。

POWER5G|デンタルシステムズ株式会社

デンタルシステムズ株式会社

出典:デンタルシステムズ株式会社https://power5g-service.jp/

「POWER5G」は、操作性・金銭的に、初めてレセコンを使用する人にも導入しやすいです。マニュアルが不要なほどシンプルで直感的な操作ができるように設計されています。

POWER5Gの比較ポイント

  • コストカット、月額制も採用しており、初期投資は控えめにすむ
  • PC・スマートフォン・タブレット端末からアクセス可能
  • セキュリティが厳重で安心

製品情報

会社名 デンタルシステムズ株式会社
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 歯科
運用 一体型(複合型)
価格 サブスクモデル:月額25,300円、ライセンス購入パッケージ:297万円(永久)、143万円(5年)
特長 サポートセンターで同じ画面を共有しているため、スタッフとの意思疎通がスムーズです。導入からレセプト出力まで、インストラクターによる操作指導を最大4回まで利用できます。土曜日にも対応可能なので、急なトラブルでも問題ありません。
クラウド型なので、コストも抑えられデータの乗り換えも簡単です。また、PC・スマートフォン・タブレット端末でアクセスでき、自宅や訪問先でもレセプト入力できます。

With|メディア株式会社

メディア株式会社

出典:メディア株式会社https://www.media-inc.co.jp/product/ecw/

「With」は、正確なレセプト作成に導くことをコンセプトに設計された電子カルテシステムです。レセプト作成のために、充実したデータをもとにした、正しいカルテ記載にもこだわっています。

Withの比較ポイント

  • 正確なカルテ記載からなる正しいレセプト作成にこだわる
  • レセプトチェック機能の充実
  • 安心のオンラインサポートつき

製品情報

会社名 メディア株式会社
連携電子カルテ 要問合せ
主な対応レセプト種類 歯科
運用 一体型(複合型)
価格 要問合せ
特長 部位・病名・処置のトライアングルチェックと、レセプトエラーチェックにより、入力ミスを徹底的に防ぎ作業効率を上げることが可能です。初期導入時や導入後のトラブルにも、オンラインサポートで対応します。

iQalte|株式会社プラネット

株式会社プラネット

出典:株式会社プラネットhttp://www.dentalx.jp/01product/iqalte.html

「iQalte」は、受付から診療、画像管理、インフォームド、会計、予約まで、すべての操作がiPadだけで完結するように設計されています。おかげでシンプルな画面レイアウトが実現し、直感的な入力が可能です。

iQalteの比較ポイント

  • iPadを用いて操作することを前提に設計
  • 見た目がシンプルなので、直感的な操作が可能
  • オンライン無料デモで、Zoomで質疑応答

製品情報

会社名 株式会社プラネット
連携電子カルテ Dental Hub
主な対応レセプト種類 歯科
運用 連動型
価格 月額20,900円
特長 平日の10〜18時にオンライン無料デモを実施しています。製品担当者に直接質問できる機会は中々ないので、気になる人は申し込んでみましょう。

ジュレア|ピクオス株式会社

ピクオス株式会社

出典:ピクオス株式会社https://www.julea.jp/

「ジュレア」とは、クラウド型歯科用レセコンです。月額が安いうえ別途サポート費用もかからないので、コストパフォーマンスに優れています。PCの台数制限がなく、何人が利用しても料金は変わりません。

ジュレアの比較ポイント

  • 低価格で台数制限もない
  • 24時間ネット予約システム「デンタマッププラス」を標準搭載
  • 30日間無料体験可能

製品情報

会社名 ピクオス株式会社
連携電子カルテ
主な対応レセプト種類 歯科、介護
運用 連動型
価格 初期費用18,000円(※PayPalの場合は0円)、月額18,000円(台数制限なし)
特長 システムの使いやすさがウリで、PCの初心者でも分かりやすい操作性でありつつ必要な機能がそろっています。ユーザーが使いやすいように自由にカスタマイズも出来るので、最初に導入してみる場合は選択肢に入るでしょう。

まとめ

今となっては、レセコンは当たり前の存在ですが、そのほとんどが電子カルテとの一体型であることが多いです。 レセコンや電子カルテの導入には大金が必要にはなりますが、それでも自院に適した製品を選べば、高い費用対効果が望めます。 今回ご紹介したレセコンの選び方を参考にし、自院に合った製品を導入してみてはいかがでしょうか。

レセコン選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事