【2022】レセプトチェックソフトの人気・おすすめ6選【徹底比較】

投稿日 2022.09.08 / 更新日 2022.11.24
投稿者:豊田 裕史

レセプトチェックは医療機関にとって重要な仕事の一つです。非常に細かい仕事なので、作業にも時間がかかります。診療後にレセコンを使って、長時間作業しなくてはならない先生や医療事務の方も多いのではないでしょうか。
人力で行っているチェック業務の時間を短縮できる方法があります。それを実現するのが、レセプトチェックソフトです。
電カル・レセコンに標準装備されている場合もありますが、多くの医療機関では使いこなせていないものです。今回はレセプトチェックソフトのおすすめメーカー6社を比較・ご紹介します。多くの医療機関の皆様にとって、お力になれれば幸いです。

レセプトチェックソフト選びの専門知識・時間が無い方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。

時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

レセプトチェックソフトでできること

ソフトを導入することで、今まで1件ずつ目視でチェックしていたレセプトの入力漏れやミスを大幅に減少します。面倒な作業がスピーディーに完結するので、効率よく仕事を進められるようになるのです。

ここでは、レセプトチェックソフトの具体的な機能について、詳しくご紹介します。

レセプトチェックソフトの主な機能

レセプトチェックソフトの主な機能は以下となります。

病名チェック

レセプトに病名の記載が一切ない時には、エラー表示にして知らせてくれます。また、長年通院しており多数の病名がつけられている場合、抽出して一覧に表示してくれるのです。類似の病名がつけられている場合や、長年にわたる疑わしい病気等も同様に抽出してくれます。

算定漏れチェック

医療機関の経営において、保険診療の報酬点数を漏れなく請求することはとても大切です。本来は高得点の処置を行ったにもかかわらず、医療事務の知識不足や連絡の伝達がうまくいかず算定されない場合があります。

レセプトチェックソフトでは、漏れをチェックして算定候補を表示してくれるのもメリットと言えるでしょう。

縦覧点検

当月分と直近数か月のレセプトを照合して、診療行為の回数が適切であるかチェックします。診療が過去から現在までの経緯において、つじつまが合っているかも同時に確認してくれるのです。

来院する頻度が長い患者さんなどはカルテの記載をしっかりしておかないと、思わぬミスが生じます。ソフトを利用することで事前にミスを防げますし、審査委員会からの返戻も激減するでしょう。

レセプトチェックソフト導入のメリット

レセプトチェックソフトを導入するメリットとしては、以下の2点があげられます。

レセプト確認に要する時間の削減

請求時期が迫った月末になると、残業が増えるクリニックはとても多いです。SNS上では、その効率の悪さに愚痴をこぼす医療従事者もいるほど。レセプトチェックは、それだけ時間がかかる作業と言えます。

レセプトチェックソフトは確認作業をシステム化することにより、効率的に短時間で完了することが可能です。完璧とはいかないので最終確認は必要になりますが、かなりの時間短縮につながるでしょう。

レセプトの正確性の向上(返戻率の低減)

時間をかけてレセプトをチェックしたのに、整合性がなく返戻で差し戻されてしまったという経験はないでしょうか?返戻率が高くなると、レセプトチェックにかけていた時間がほぼ無駄になってしまいます。

また、同じ作業を繰り返さなくてはならないとなると、憤りを感じることでしょう。レセプトチェックソフトを利用すれば記入漏れやミスも確認してくれるので、レセプトを正確に作成することができます。レセプトの正確性が向上することにより、返戻率が劇的に低下するでしょう。

レセプトチェックソフトを選ぶポイント

レセプトチェックソフトを選ぶ際には3つのポイントがあります。それぞれ詳しく説明していきます。

必要な機能の選定

レセプトは、医療機関によってチェックする項目が異なります。例えば、中大規模病院では、DPCレセプトチェック機能が必須です。しかし、クリニックでは不要な機能となります。レセプトチェックソフトを選ぶ際には「ご自身の医療機関に必要な分野を点検してくれるソフトはどれか」という観点で探していくと良いでしょう。

ちなみに株式会社NTTデータアイの『レセプト博士』では、病院規模ごとに必要な機能を細分化しているのが特徴です。

査定・返戻結果の確認方法

レセプトチェックソフトは機能でもご説明した通り、スピーディー・効率的に作業を進めることが可能です。その反面、システムに頼りきりになってしまい、医療事務の能力が育たないという新たな悩みが生じてしまうことも。

ソフトの中にはレセプト点検はもちろん、請求した後の査定・返戻の状況も確認できる優れたものがあります。株式会社エーアイエス『Mighty Checker PRO Analyze』は「レセプト点検・分析ソフト」が搭載されているのが特徴です。

請求後の状況が確認できるソフトを利用すれば、レセプトごとに振り返りを行うことができ、医療事務のスキル向上に役立ちます。

サポート体制

レセプトチェックソフトを導入するにあたり、最も大切なのがサポート体制でしょう。特に、導入してしばらくは操作方法に戸惑う事が多いです。問い合わせた際のレスポンスの早さや丁寧さにより、今後の作業効率に強く影響します。

そのため、試験運用期間や運用開始後に、設定をサポートしてくれる体制が整っているかどうかをチェックしましょう。また、システムと医療事務の両方を理解した担当者かどうかも大事なポイントです。

レセプトチェックソフトメーカー6選

ここからはおすすめレセプトチェックソフトメーカー6社を紹介します。

レセプト博士|株式会社NTTデータアイ

株式会社NTTデータアイ

出典:レセプト博士 https://www.nttd-i.co.jp/products/receipt/

総合病院からクリニック・歯科など、医療機関の規模や特徴に合わせて4タイプのソフトから選べます。操作画面が分かりやすく設計されており、誰でも簡単にレセプトチェックが可能です。

確認作業を効率化するための査定返戻管理機能が、どのソフトにも標準搭載されています。過去の返戻・査定項目がマスタ化され、再発防止ができるのです。医療機関のニーズにあわせてソフトをカスタマイズできます。

レセプト博士の比較ポイント

  • 医療機関の規模・特徴に応じたソフトを選べる
  • 操作のしやすい画面設計
  • 査定返戻管理機能を標準搭載

製品情報

本社住所 東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル
デモ期間 あり

Mighty Checker EX|株式会社エーアイエス

株式会社エーアイエス

出典:Mighty Checker EX https://www.tais.co.jp/products/mighty-checker-ex/

同企業運営のMighty Checker PROを利用している、全国14,000以上の医療機関による意見を集約したソフトです。「誰でも操作がしやすい」を徹底的に重視した、シリーズ最新モデルとなっています。

マルチレセプト表示により2つのレセプトを並べて表示でき、縦覧点検が確認しやすいのが特徴です。また、業界初の保険ルール解説表示が標準搭載されており、エラーをクリックするだけで解説してくれます。

Mighty Checker EXの比較ポイント

  • 二つのレセプトを並べて表示できる「マルチレセプト表示機能」搭載
  • 保険ルール解説表示により保険知識を深められる
  • エラー表示の患者ごとに付箋・ステータス入力が可能

製品情報

本社住所 東京都文京区小石川2丁目23番11号 常光ビル
デモ期間 あり

べてらん君コラボPlus|富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社

富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社

出典:べてらん君コラボPlus https://www.fujifilm.com/jp/ja/healthcare/emr/receipt-solution/veteran-collabo-plus

べてらん君の特徴はなんといってもスピード力。12ヶ月分の履歴データを含み、レセプト1万件が8分で処理できるのです。退勤後もあらかじめ設定した分類・項目に基づいて、複数のチェックや出力を自動で行ってくれます。

レセプトデータを1日単位でチェックできる機能も搭載しています。チェック結果も分かりやすいように工夫されており、エラーを一覧にして表示。チェック業務に伴う拘束時間が大幅に削減できます。

べてらん君コラボPlusの比較ポイント

  • レセプト1万件を8分で処理
  • 無人でも自動で処理してくれるスマートチェック機能搭載
  • 1日単位で分割チェックが可能

製品情報

本社住所 東京都港区赤坂9丁目7-3
デモ期間 あり

レセチェッくんPro|株式会社レセデンドットコム

株式会社レセデンドットコム

出典:レセチェッくんPro http://rezeden.com/checkkun/

レセチェッくんProは、診療所向けに開発されたソフトです。誰もが直感的に使えるよう、操作性にこだわっています。パソコンに不慣れな方でも、スピーディなチェックが可能となるでしょう。

都道府県ごとのルールや、過去の返戻情報をデータベースとしています。さらに、実際のチェック結果を見ながら医療機関独自のルールを簡単に作成可能。使用するごとにオリジナルのチェックソフトができあがります。

レセチェッくんProの比較ポイント

  • 診療所向けのソフト
  • 誰もが直感的に操作できる
  • 医療機関ごとのルール設定で使用するごとに進化

製品情報

本社住所 大阪府大阪市中央区徳井町1-4-7
デモ期間 あり

レセプトチェッカーLS| イノルールズAI株式会社

イノルールズAI株式会社

出典:レセプトチェッカーLS https://receipt-checker.innorules-ai.com/

医薬品・検査の適応病名の有無を「文字列」でチェックするのが特徴です。判定の幅が広がり、医師の薬理学的判断に基づいてつけられた病名に対しても柔軟に対応・判定が可能。ワープロ病名もそのまま判定してくれます。

病名の入力漏れで不合格判定されたレセプトは、自動点検した情報をもとにAIが候補の病名を表示してくれます。医療機関の方では、候補にあがった中から実際に漏れていた病名を選ぶだけです。

レセプトチェッカーLSの比較ポイント

  • 検査の適応病名の有無を「文字列」で判定
  • 病名漏れで不合格判定されたレセプトもAIが候補病名を表示
  • 学習機能により医療機関ごとのカスタマイズが簡単に完了

製品情報

本社住所 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号
デモ期間 あり

点検アシスト|PHC株式会社

PHC株式会社

出典:点検アシスト https://bijicom.co.jp/tenken-assist

メディコムの電カル・レセコンに搭載されている機能です。入力中や入力済みのレセプトデータが正しいか自動的にチェックして、ミスや訂正候補を表示。ベテランの事務員さんと同じレベルのレセプト点検作業が、ワンタッチで完了できます。

病名開始日が初診日の後になっていないかなど、診療日に関するチェックも自動的に行います。同じ薬でも年齢や病気により、投与する量・必要な期間は違うもの。点検アシストでは、処方した薬についてもチェックをしてくれるのです。

点検アシストの比較ポイント

  • 入力中もベテランの事務員レベルのチェックが可能
  • 日本で最初のレセコンを作ったPHC製
  • 業務フローに合わせてチェック&修正が可能

製品情報

本社住所 東京都港区⻄新橋2丁⽬38番5号
デモ期間 あり

まとめ

レセプトチェックは先生や医療事務にとって、とても重要な業務の一つです。診療時間後に長時間残業をして、レセコンを食い入るように見続けるのは大変な作業でしょう。

レセプトチェックソフトはそんな重作業を、短時間で効率的にサポートしてくれます。システムにより正確性も向上するので、従来より返戻率を減らすことができるのです。

今回紹介したレセプトチェックソフトは、どれも優れた機能が搭載されています。ぜひご自身の病院にあったソフトを導入しましょう。

レセプトチェックソフト選びの専門知識・時間が無い方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。

時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。