中古の超音波診断装置・ポータブルエコー取り扱い業者まとめ

更新日 2024.04.09
投稿者:豊田 裕史

超音波診断装置は超音波を使って体内の異変を調べるための装置で、痛みや放射線被ばくの心配もないため妊婦や子供でも安全に検査を行うことができます。小型で軽量な超音波診断装置がポータブルエコーと呼ばれ、持ち運びもできるため往診や在宅医療を行う医療施設で注目されています。とはいえ、新品は高額になるため、中古製品の購入を検討する方も少なくありません。当記事では、中古の超音波診断装置やポータルブルエコーの取り扱い業者を紹介していきます。

中古の超音波診断装置・ポータブルエコー取り扱い業者

それではさっそく中古の超音波診断装置やポータブルエコーを取り扱っている業者を紹介していきます。

エム・キャスト株式会社

エム・キャスト株式会社

出典:エム・キャスト株式会社 https://www.e-mcast.co.jp/shop/default.aspx

エム・キャスト株式会社はクリニックや病院に対し、中古医療機器の買取や販売、開業支援などを行っている会社です。さまざまな医療機器を取り扱っており、取り扱い実績は国内でもトップクラスを誇ります。

メーカーなど業務提携先は130社以上、海外取引国は70ヵ国以上で医療施設に必要な機器がきっと見つけられるでしょう。さらに、アフターサービスも充実しており、商品によっては最大6ヶ月の無床保証期間を設定してくれるので安心です。

エム・キャスト株式会社の比較ポイント

  • 医療機関向け各種サービスをトータルで提供
  • 法令遵守に基づき、販売時にはメーカーへ通知書を提供
  • 中古医療機器の取扱実績国内トップクラス

製品情報

超音波診断装置 TUS-X100(Xario100)|キヤノンメディカルシステムズ
ARIETTA Prologue|日立製作所
UF-760AG+|フクダ電子
Vscan Extend|GEヘルスケア・ジャパン

株式会社インターメディカル

株式会社インターメディカル

出典:株式会社インターメディカル https://www.intermedical.jp/

株式会社インターメディカルは医療用・介護用機器の買取・販売や貸与サービスを行っている会社です。創業から30年の会社で、新品機器や訳アリ商品、中古の医療機器を多数販売しています。

豊富なノウハウから、機器スペックや使用方法、中古機器の選び方までトータルでサポートしてくれるので知識がない方でも安心して相談可能です。セールやキャンペーンも実施しており、特別価格で医療機器が提供されていることもあるのでぜひ覗いてみましょう。

株式会社インターメディカルの比較ポイント

  • 通常保証からロング保証への変更が可能
  • 納品前に徹底した点検・整備を実施
  • リースや割賦での支払いも可能

製品情報

超音波診断装置 Invenia ABUS・Vscan Dual Probe|GEヘルスケア・ジャパン
Aplio400 TUS-A400|東芝メディカルシステムズ
FAMUBO-Z・FAMUBO-D|誠鋼社
viewphii-US|東レ・メディカル
FC1-X|富士フイルム
SONOVISTA FX premium edition|SIEMENS

株式会社アローズヘルスケア

株式会社アローズヘルスケア

出典:株式会社アローズヘルスケア https://arrows-healthcare.com/

株式会社アローズヘルスケアは中古意匠機器の買取や、販売を行っている会社です。超音波診断装置だけでなくCTやMRI、内視鏡システムなど幅広く扱っており、日本全国どこへでもお届けしてくれます。

運搬や引き取り費用だけでなく、買取の際の査定も無料で行っています。超音波診断装置はさまざまなメーカーの製品を取り扱っていますので、用途や予算、スペースに応じて最適な商品が見つけられるでしょう。

株式会社アローズヘルスケアの比較ポイント

  • 新品・中古のトータル提案が可能
  • 徹底した機器メンテナンス
  • 業界最高水準の保証制度

製品情報

超音波診断装置 SonoSite iViz|富士フイルムヘルスケア
Xario200 TUS-X200|キヤノンメディカル
Xario100 TUS-X100|キヤノンメディカル
Versana Active|GEヘルスケア・ジャパン
SONOVISTA FX PE|SIEMENS
SONIMAGE HS1 SNiBLE|コニカミノルタ

株式会社グリーンメディカル

株式会社グリーンメディカル

出典:株式会社グリーンメディカル https://www.green-medical.jp/

株式会社グリーンメディカルは中古医療機器の買取・販売で、豊富な実績を誇る会社です。海外輸出国は54ヵ国以上、700以上のクライアントに対応してきた実績があり、ショールームも完備しているので実物を確認しながら導入を検討できます。

また、購入後の品質保証は1年間なので、中古品でも安心して導入できるでしょう。さらに、予約サービスも提供しており、希望の商品が見当たらない場合でも予約しておくことで入荷次第購入することが可能です。

株式会社グリーンメディカルの比較ポイント

  • 見て・触れて・試せるデモ機を用意
  • 購入後の安心サポート
  • 会員登録でお得な特典やサービスを利用可能

製品情報

超音波診断装置 Xario100 TUS-X100|キヤノンメディカル
APLIO 300 TUS-A300|キヤノンメディカル
Venue Go|GEヘルスケア
ARIETTA 50|日立製作所
FC1|冨士フイルムメディカル
SONOVISTA FX|SIEMENSなど

株式会社しばた医療機器

株式会社しばた医療機器

出典:株式会社しばた医療機器 https://www.shibatairyoukiki.jp/

株式会社しばた医療機器は、各種画像診断機器から物療機器まで幅広い医療機器の買取・販売を行う会社です。年式を問わず動作良好なら買い取ってくれるので、医療機器を買い替えたい方にもおすすめです。

また、中古の医療機器は専門スタッフがメンテナンスと修理を行っているため、高品質・低価格での商品提供を実現しています。無料のメール問い合わせは、年中無休で受け付けていますので気になる方はぜひ相談してみましょう。

株式会社しばた医療機器の比較ポイント

  • コスト削減により低価格での提供が可能
  • 年中無休でメール問い合わせに対応
  • 徹底した性能点検・整備を実施

製品情報

超音波診断装置 NEMIO17|東芝メディカルシステムズ
Prosound2|ALOKA
X500|SIEMENS
EUB-7000HV|日立製作所など

株式会社クオンヘルスケア

株式会社クオンヘルスケア

出典:株式会社クオンヘルスケア https://www.quon-healthcare.com/

株式会社クオンヘルスケアでは、MRIやCTなどの大型機器から内視鏡システムや超音波診断装置までさまざまな医療機器を買取・販売を行っています。買取は医療機器情報を入力して写真を撮影するだけで、対面でのやり取りなしで行えます。

毎月さまざまな中古医療機器を買い取っているため、その分販売している商品も多数です。豊富なラインナップから、自院に合った超音波診断装置やポータブルエコーを見つけることができるでしょう。

株式会社クオンヘルスケアの比較ポイント

  • 新品の超音波診断装置の購入も可能
  • 輸入代行サービスで海外の商品も取り扱い
  • 送料無料のクオン・メディカル便でらくらく買取

製品情報

超音波診断装置 要お問合せ

株式会社M&T

株式会社M&T

出典:株式会社M&T https://www.mandt-net.com/

株式会社M&Tは最新の動物用医療機器を販売している会社です。動物用超音波診断装置の販売や、開業支援、増改築に伴う機器の選定や手配、設置などを行ってくれます。新品と中古のどちらのタイプからでも選べるので、予算に合わせた機器の導入が可能です。

機器によっては補強や設備工事が必要ですが、そのような取付もお任せできるので安心です。ただし、主な活動エリアは関西地方・中国地方・四国地方・九州地方に限られていますので、それ以外の地域にお住まいの方は注意してください。

株式会社M&Tの比較ポイント

  • 最新の動物用医療機器を販売
  • 新規開業をトータルでサポート
  • 増改築の際の設計プランもお任せ

製品情報

超音波診断装置 LOGIQ E9 XDclear2.0|GEヘルスケア
Aplio a Verifia|キヤノンメディカルシステムズ
ARIETTA 750SE|富士フイルムメディカル
ARIETTA65|日立製作所

超音波診断装置・ポータブルエコーの中古価格はどれくらい?

超音波診断装置やポータブルエコーを導入する際に、気になるのはやはり価格でしょう。価格相場と比較してあまり安すぎるとすぐに壊れてしまったり、型が古すぎたりする可能性があるので注意が必要です。大型の超音波画像診断装置の場合、タイプや機能によって価格が異なりますが、中古品だと100万円~200万円程度が相場です。

ポータブルエコーの場合、大型の超音波診断装置よりも安く購入できます。こちらも機能によって価格に幅がありますが、中古品であれば数十万円で購入可能です。

新品価格はどれくらい?

次に、超音波診断装置やポータブルエコーの新品価格を解説していきます。大型の超音波診断装置の価格は、機能やシステム構成によって価格帯が大きく異なります。最小限の構成でも200万円~500万円程度、構成によっては1千万円以上必要な場合もあります。

一方、ポータブルエコーは新品でも20万円~150万円程度で導入が可能です。ポータブルエコーの場合は往診や在宅医療に持ち運ぶことも多いので、バッテリーの持ち時間やワイヤレス機能などをチェックして選ぶようにしましょう。

まとめ

超音波診断装置やポータブルエコーの中古品取扱業者や、一般的な価格相場を紹介してきました。超音波診断装置を新品で購入しようと思うと、1千万円以上の導入費用がかかるケースも少なくありません。中古品であれば新品で購入する場合の半額程度で購入することができますので、賢く利用して診療に役立てていきましょう。

中小企業診断士
セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.
URL:https://note.com/2ndlabo/n/n949eaa3e9d69

北海道大学を卒業後、医療機器の営業として6年間勤務。外科、整形外科、泌尿器科領域を中心に民間・国公立の病院を担当。2020年よりセカンドラボ株式会社に入社。医療福祉施設の課題解決プラットフォーム「2ndLabo」にて各種ITツール、医療機器の導入支援、クリニック開業支援に従事。

2ndLaboのサービスを通じて、これまで1,000件を超えるサービス導入支援・開業支援を担当。得意分野は、電子カルテ、介護ソフト、各種医療機器。


フリーランスWEBライター
URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事

以降のページは、日本国内の医療従事者を対象に情報提供をすることを目的に作成されています。
日本国外の医療従事者および一般の方に情報提供することを目的としたものではございませんので予めご了承ください。

あなたは医療福祉関係者ですか?

PAGE TOP