服薬管理が楽になる! 服薬支援ROBOT『コッくんお薬よ~』

決めた時間にお薬が自動で出てお知らせ! ★お薬の「飲み過ぎ」「飲み忘れ」「飲み間違い」を防止します★

決めた時間にお薬が自動で出てお知らせ! ★お薬の「飲み過ぎ」「飲み忘れ」「飲み間違い」を防止します★

当社は、自社製品「コッくん」ブランドの開発から製造販売を行っており、設備関連機器や防災用品などで社会に貢献してきました。

このたび、様々な方のご意見や要望を聞き、服薬支援ROBO『コッくんお薬よ~』の発売を開始しました。早速、新聞やテレビで取り上げられ、またそれを見た方から注文や問い合わせを多くいただいています。

コロナ禍で人との接触をできる限り抑えるなど生活様式が一変している中、特に介護施設の方々のご負担は増大していることと思います。『コッくんお薬よ~』は、お薬の飲み過ぎ、飲み忘れなどを防ぎ、お薬を飲まれている方々が安心して生活が送れるようにサポートします。従来このような商品は10万円以上するものが多く導入が難しい状況でしたが、『コッくんお薬よ~』はお求めやすい価格に設定しました。

ぜひご検討いただき、製品を見たい、購入したい、お試し機を借りたい、など、お気軽にお問い合わせください。

 

 

服薬支援ROBOT「コッくんお薬よ~」紹介動画

 

 

服薬支援ROBOT「コッくんお薬よ~」は

こんなお悩みを解消します

 

  • 服薬支援ロボットは高額で導入が難しい
  • 利用者さんの、薬の飲み過ぎ、飲み忘れ、飲み間違いが心配
  • スタッフの、服薬管理や与薬の作業を軽減させたい。
  • コロナ禍で接触機会をできる限り抑えたい
  • 離れて暮らす親の痴呆が始まり服薬事故が心配

 


 

患者さんを守り、

\スタッフさんの負担を軽減する/

服薬支援ROBOT「コッくんお薬よ~」の特長

 

 決めた時間にお薬が自動で出てお知らせします 

 

 

服薬支援ROBOT『コッくんお薬よ~』は、朝、昼、夜、寝ごとに設定されて時間になると、お薬が自動で出てお知らせします。(MOR-3-は朝、昼、夜ごと)

出てきたお薬ケースを取り出さなかった場合は、3時間(夜は4時間)経つと自動的に収納され、お薬の過剰服用を防止します。

 

 

 

 

 

 

 

 「飲み過ぎ」や「いたずら」を防止する新機構