離床センサーのスイッチ入れ忘れの対策は?対処法や工夫も解説

投稿日 2022.10.03 / 更新日 2023.01.12
投稿者:豊田 裕史

離床センサーは、入所者や患者の転倒・転落対策に欠かせない機器として、導入する施設が増えています。
離床センサーのスイッチを入れ忘れてしまうと、利用者の離床に気づかず、ヒヤリハットや転倒事故につながる可能性があるためとても危険です。
本記事では離床センサーのスイッチ入れ忘れに対するリスクや、それに対する対処方法についてご紹介します。以下に詳細を記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

離床センサー選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

スイッチ入れ忘れで起こりうる問題

テクノスジャパンの調査によると、調査対象の62%の施設で、離床センサーの電源を入れ忘れたことがあったと分かりました。これは6割以上の施設で身近に危険性があるということを意味し、きちんと指導する必要性があると考えられます。

離床センサーは、ベッドのサイド側に設置されることが多く、赤外線を使い利用者の離床を検知すると作動します。介助時は、スタッフの動きによる誤報を防ぐため、離床センサーのスイッチをオフにします。反対に、介助を終えて退室する際、忘れずにスイッチをいれる必要があります。 もしスイッチを入れ忘れてしまうと、利用者の離床を検知することができず、思わぬ事故に繋がってしまう可能性があるでしょう。

万が一、利用者の離床に気づかず転倒事故になった場合、どのようなリスクがあるのか、具体的にみていきます。

利用者の離床に気づかず転倒事故につながる

ベットからの転落は、大きな怪我につながる可能性があります。身体が弱い人であれば、骨折や脱臼をしてしまうでしょう。

もし、スイッチを入れ忘れた場合、離床の発見が遅れてしまい、早期発見ができず怪我等の処置が手遅れになります。最悪の場合は、施設側の管理責任が問われ、訴訟問題にまで発展する可能性があるため注意が必要です。

スイッチ入れ忘れに対するスタッフの不安

人の命を授かっている仕事になるため、神経を使う職員は多いはずです。また、責任が重い仕事でもあり、常に不安な気持ちを持っている職員が多く存在します。

  • 自分が責任を取れるのか
  • 事故が起きた時に賠償しないといけないのか

など、さまざまな不安を抱いているはずです。 多くの業務が立て込んでいれば、集中力が次第に低下していき、事故を引き起こしやすくなります。また、夜間だと人手が減り対応できる人数も限られるため、全体を管理するのが難しくなるでしょう。

スイッチ入れっぱなしが原因の誤報

介助時にスイッチを切り忘れると、何度もセンサーに触れてしまい誤報が頻発します。センサーからお知らせがくれば、他の介助者は事故が起きていないか確認する必要が生じるため、何度も対象者の部屋へ足を運ぶことになるでしょう。

結果、誤報によって業務量が増えてしまい、他介助者への負担増加に繋がります。

出典:離床センサーの電源入れ忘れ対策

離床センサーのスイッチ入れ忘れに関する従事者の声

離床センサーの入れ忘れに関して、医療機関や介護施設で働く多くの職員が不安に感じています。 ここでは、職員がスイッチを入れ忘れてしまうことへの不安について、SNSでの投稿を紹介します。

離床センサーのスイッチ入れ忘れへの対策

離床センサーのスイッチ入れ忘れに対する対策を紹介します。 各職員がスイッチの確認を徹底する、職員間でスイッチのオンオフを共有するなどの基本行動に加え、メーカーが紹介している入れ忘れを防ぐ具体的な工夫も紹介します。

離床センサーのON/OFFカードを作成する

ベッドサイドに離床センサーのON/OFFカードを吊り下げて、一目でセンサーの状況を確認出来るようにします。

ポイントは、必ず目につきやすい箇所に設置しておくことです。必ず見える位置に設置すれば、離床センサーの「ON/OFF」の対応を忘れずにすむでしょう。

家族訪問時にはタイマーをセットする

家族訪問時に離床センサーのスイッチをオフにする場合、タイマーをセットして、一定時間経過後にアラームを鳴らして、電源の確認をするようにします。 タイマーが鳴れば、業務に追われ忘れていたとしても気づくことが可能です。

面会カードを作成する

スタッフが気づかないうちに、面会者が帰宅してしまう状況を防ぐために、面会カードを作成しましょう。面会カードは、受付で面会者に渡し、帰宅時に面会カードを返却してもらう流れにしておいてください。

面会者から面会カードの返却があった際に、対象の居室の離床センサーの電源を確認するようにしておけば、スイッチの入れ忘れがなく安心です。

介助時にスイッチを切らない

あえて、介助時はスイッチを切らない方法もあります。 この場合、介助時は離床センサーをずらしてセンサーを踏まないようにして、介助を終えたあとは元の位置に戻すようにしましょう。

また、夜間など人手が少ない時間帯は、スイッチを切らないように対処することも一つの方法です。

介助後に自分でセンサーを稼働して確認する

介助が終わった際に、自分でセンサーを作動させて、問題なく起動していることを確認してからベッドを離れるようにします。 また、ベッドから離れた後は、他のスタッフにもセンサーの状況を共有するルーティンにしておくと安心です。

スイッチ入れ忘れ防止機能のある離床センサー4選

株式会社ネオファーム

株式会社ネオファーム

出典:株式会社ネオファーム https://www.neo-firm.co.jp/sens-mat.html

株式会社ネオファームは、医療・介護に関する安全対策用品を製造している企業です。コード付きマットセンサーは、スイッチの入れ忘れを防ぐ不要コール防止機能が搭載され、安全に使用できるマットとして評判を集めています。

また、マットの表面は抗菌処理され、衛生面も安心できるマットです。

株式会社ネオファームの比較ポイント

  • 抗菌性・反スリップ性・弾力性のあるマットで安心安全
  • センサーケーブル・ナースコールケーブルが外れてもアラーム信号で脱落をお知らせ
  • 不要コール防止機能が搭載

製品情報

商品名 コード付き マットセンサーF10
サイズ 90x60cm
参考価格 77000円
付属品・付属機能 不要コール防止機能搭載

マットセンサーセレクトプラス|株式会社メディカルプロジェクト

株式会社メディカルプロジェクト

出典:株式会社メディカルプロジェクト http://www.medicpro.co.jp/poseykata.pdf

株式会社メディカルプロジェクトは、「医療安全・医療事故予防用製品」を中心に開発・製造・販売をしている企業です。

マットセンサーセレクトプラスでは、対象者だけにセンサーが反応する設計で、職員や外来者がマットを踏んでも反応しないようになっています。よって、対象者の動きだけを管理できるため、職員の業務負担を軽減することが可能です。

株式会社メディカルプロジェクトの比較ポイント

  • 対象者だけに反応する高機能
  • 誤作動が起きない設計で安心
  • 電源の入れ忘れ防止機能が搭載

製品情報

商品名 マットセンサーセレクトプラス
サイズ 90cm×60cm
参考価格 75,000円
付属品 マットセンサー、マットレス下用センサー、コントロール装置、ナースコール接続アダプト

スマット|株式会社テクノスジャパン

株式会社○○

出典:株式会社テクノスジャパン http://www.technosjapan.jp/product/sensor/smat/

スマットは、2種類のお知らせ機能が選べる仕様で、環境や運用からタイプに合わせた使用が可能です。もし、専用受信機を使ったお知らせ機能を選べば、ナースコールの設備は必要ないため、余計な設備投資が必要なくなるのも魅力でしょう。

マットには、対象様を識別する機能も搭載されているため安心です。

株式会社テクノスジャパンの比較ポイント

  • ナースコールで報知と専用受信機で報知の2種類お知らせ機能
  • 患者様を識別する機能搭載
  • 専用受信機を付ければナースコール設備が不要

製品情報

商品名 スマット
サイズ 要確認
参考価格 110,000円
付属品 ケーブル(ケーブルタイプのみ)

株式会社ホトロン

株式会社ホトロン

出典:株式会社ホトロン https://www.hotron.co.jp/recommend/wireless_lp.html

株式会社ホトロンは、センサー技術のパイオニアとして技術力に定評のある企業です。 置くだけポール君は、非接触型の赤外線センサーを搭載しているため、対象者がベットから降りるとすぐにナースコールでお知らせしてくれます。また、直接触れない仕様で衛生面も問題なしです。

薄型マッ太君は、ベット横に敷くマットセンサーです。マットセンサーとしてのお知らせ機能はもちろんのこと、コンパクトに折りたためるマットになるため、小スペースでの運用が可能です。

株式会社ホトロンの比較ポイント

  • 置くだけポール君は赤外線機能で安心安全
  • 置くだけポール君は直接触れない仕様で衛生面も◎
  • 薄型マッ太君はコンパクトに折りたためて小スペースでも使用可

製品情報

商品名 「置くだけポール君」、「薄型マッ太君」
サイズ 「置くだけポール君」W180×H760×D180mm
「薄型マッ太君」W900×H600×D5mm
参考価格 「置くだけポール君」59,800円
「薄型マッ太君」66,000円
付属品 「置くだけポール君」AC100V 50/60Hz(専用アダプタ使用)
「薄型マッ太君」なし

まとめ

離床センサーは、入所者や患者の転倒・転落対策に欠かせない機器として多くの施設で導入されています。離床センサーのスイッチを入れ忘れてしまうと、利用者の離床に気づかず、転倒事故などにつながる可能性があるため非常に危険です。

スイッチの入れ忘れは、人的ミスで起きうることであるため、スイッチの入れ忘れ防止機能を搭載した離床センサーの導入を検討することをおすすめします。ぜひ検討してみてください。

離床センサーの基礎についてはおすすめ離床センサーのメーカー10選|種類や価格も解説でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

離床センサー選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事