小規模多機能向け介護ソフト13選!導入メリットも紹介

投稿日 2022.11.28 / 更新日 2023.01.25
投稿者:豊田 裕史

小規模多機能型居宅介護とは、利用者が日常生活支援や機能訓練を行う地域密着型サービスとなっています。本人の選択により通いや自宅への訪問・泊りを組み合わせ、自立した生活を送れるよう支援しているのです。

今回は、小規模多機能型居宅介護に適したソフトを紹介します。こちらを参考に比較・検討していただければ幸いです。

介護ソフト選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

小規模多機能向け介護ソフト13選

ここからは、小規模多機能向け介護ソフトを紹介していきます。

すこやかサン|株式会社EMシステムズ

株式会社EMシステムズ

出典:株式会社EMシステムズ https://emsystems.co.jp/promotion/sukoyakasan/

施設のニーズに合わせて、クラウド版とオンプレミス(パッケージ)版から運用方法を選べます。クラウド版では、サーバーの設置は必要ありません。既存のパソコンを利用できるので、新たなハードウェアの導入も不要です。

そのため、従来より初期費用を安く抑えることができます。全ての介護保険にも対応しており、請求時もスムーズに業務を進められるでしょう。オンラインデモにも対応しているので、不安を解消してからの導入が可能です。

株式会社EMシステムズの比較ポイント

  • 施設に合わせてクラウド・オンプレミス版から選べ
  • 既存のパソコンを利用できるので初期費用が安い
  • 全ての介護保険に対応

製品情報

導入方式 クラウド・パッケージどちらも可能
価格(目安) クラウド型 27,500円~
パッケージ型 230,000円~
デモの有無

ファーストケア|株式会社ビーシステム

株式会社ビーシステム

出典:株式会社ビーシステム https://www.fc-soft.jp/firstcare/

実際に介護業界で働いていた現場経験者や、メーカーに寄せられた声をもとに開発されたシステムです。クライアント・サーバー型を採用しているため、請求時期などもスピーディに業務を進められます。

重要なデータを施設で管理ができるので、セキュリティ面でも安心です。同時に、バージョンアップは自動で行ってくれたり、国保連伝達をサポートしてくれる点も特徴。クラウドとパッケージ型のメリットを兼ね備えたソフトといえるでしょう。

株式会社ビーシステムの比較ポイント

  • 介護現場経験者やメーカーに寄せられた声をもとに開発
  • クラウド・パッケージ型のメリットを兼ね備えている
  • リモート接続で遠隔サポート

製品情報

導入方式 クラウド・パッケージどちらも可能
価格(目安) 要問い合わせ
デモの有無

ほのぼのNEXT|NDソフトウェア株式会社

NDソフトウェア株式会社

出典:NDソフトウェア株式会社 https://www.ndsoft.jp/product/next/area/small-scale-multifunction.php

他事業の利用も含めて、月間計画を作成することができます。スケジュールと連動しているため改めて二度打ちする必要がなく、入力ミスもありません。実績記録の回数は介護給付費明細書の摘要欄に連動しており、確実に国保請求が行えます。

食事などの利用料についてもスケジュールで管理ができ、請求に連動することで漏れを防止。利用者のスケジュールが一元管理できるため、スタッフの勤務予定作成もスムーズに進められるでしょう。

NDソフトウェア株式会社の比較ポイント

  • 約3,000件の例文を標準搭載
  • 日誌・報告書の作成もラクラク
  • 利用者スケジュールを一元管理

製品情報

導入方式 クラウド・パッケージどちらも可能
価格(目安) 要問い合わせ
デモの有無

介舟ファミリー|株式会社日本コンピュータコンサルタント

株式会社日本コンピュータコンサルタント

出典:株式会社日本コンピュータコンサルタント https://kaisyuf.jp/

どの業務画面でも構成が同じなので、ボタンの位置を覚えれば比較的早く操作に慣れることができるでしょう。帳票は全てエクセルファイルでの出力が可能で、必要に応じた修正も簡単です。

事業所の運用方法に合わせて、帳票のデフォルトデザインを無料でカスタマイズしてくれる点も特徴。タブレットで外出先からの閲覧や登録も可能なので、場所を選ばないスムーズな運用ができます。

介舟ファミリーの比較ポイント

  • どの業務画面も構成が同じなので操作を覚えやすい
  • 帳票はエクセルファイルで出力でき、修正も簡単
  • 帳票のデフォルトデザインは無料でカスタマイズしてくれる

製品情報

導入方式 クラウド型
価格(目安) 要問い合わせ
デモの有無

Blue Ocean Note(ブルーオーシャンノート)|株式会社ブルーオーシャンシステム

株式会社ブルーオーシャンシステム

出典:株式会社ブルーオーシャンシステム https://www.bosys.co.jp/products_do/

アニメーションで操作方法を誘導してくれるので、初めてでも利用しやすい設計です。帳票内容は自由にカスタマイズができ、制度改正や業務改革時も対応可能。長期的に利用し続けられます。

ニーズに応じてパソコン・タブレット・iPhoneからデバイスを選択でき、運用方法は自由です。料金はサブスク型となっており、期間中にバージョンアップしても追加料金なしで利用し続けられます。

株式会社ブルーオーシャンシステムの比較ポイント

  • アニメーションで操作方法誘導
  • 好みのデバイスを使って運用方法をカスタマイズできる
  • バージョンアップしても料金が変わらないサブスク型

製品情報

導入方式 クラウド型
価格(目安) 要問い合わせ
デモの有無 要問い合わせ

小規模多機能支援システムSP|株式会社ワイズマン

株式会社ワイズマン

出典:株式会社ワイズマン https://www.wiseman.co.jp/welfare/products/specified.html

医療・介護・福祉の連携を意識して、システム開発に力を入れている企業です。利用者ごとのケアプランを取り込むことで、課題を可視化しやすくなるよう設計されています。ケアプランに沿った計画を立てやすくなり、一貫性のあるサービス提供ができるでしょう。

本部では事業所ごとの売上や稼働実績を集計し、運用状況を確認することも可能。経営分析に役立てることができるのです。タブレットを用いればケア記録をその場で入力でき、伝達ミスも軽減できます。

株式会社ワイズマンの比較ポイント

  • 利用者ごとのケアプランを取り込んで課題を可視化できる
  • 本部では事業者ごとの運営状況を確認可能
  • タブレットでいつでもケア記録を入力できる

製品情報

導入方式 クラウド型
価格(目安) 要問い合わせ
デモの有無 要問い合わせ

介護ソフト「ケア樹Free」|株式会社グッドツリー

株式会社グッドツリー

出典:株式会社グッドツリー https://caretree.jp/

料金は事業所ごとの年会費制となっており、人数や台数に制限なく利用できます。支払い方法は月ごとの分割払いから、数年単位での一括払いまで対応可能。1年目はアカウント登録料が上乗せされていますが、2年目以降は安く運用し続けられます。

パソコンのほか、iPadで専用アプリを使って利用することも可能。シンプルな画面でボタンを大きく設計してあるので、操作も簡単です。サポートは任意加入となっており、事業所に合わせたプランを選ぶことでコスト削減につながります。

株式会社グッドツリーの比較ポイント

  • どのプランも人数や台数制限に関係なく利用できる
  • iPadの専用アプリを用いた運用が可能
  • サポートは必要な分だけ加入できる

製品情報

導入方式 クラウド型
価格(目安) 初期アカウント費10,000円~
システム利用料0円
デモの有無

まもる君クラウド|株式会社インタートラスト

株式会社インタートラスト

出典:株式会社インタートラスト https://kaigo.intertrust.jp/product/shokibo/

初期費用やサポート・バージョンアップ費も全て無料で導入できます。料金は月額制となっており、施設の種類によって異なりますが人数や台数制限はありません。従来の居宅サービス計画書だけでなく、ライフサポートワーク新様式にも対応。

利用者情報と連携して、専用のケアプランが作成できます。介護記録機能は追加料金なしで利用可能です。グラフ形式として出力することもできるので、分析時の可視化がしやすくなります。

株式会社インタートラストの比較ポイント

  • 初期費用やサポート・バージョンアップ費が全て無料
  • ライフサポートワーク新様式に対応
  • 追加料金なしで介護記録機能を利用できる

製品情報

導入方式 クラウド型
価格(目安) 月額9,800円
デモの有無

カナミッククラウドサービス|株式会社カナミックネットワーク

株式会社カナミックネットワーク

出典:株式会社カナミックネットワーク https://www.kanamic.net/care/chiikimitchaku.html

ケアプラン作成やタブレット端末の利用・スケジュール管理・入力データの活用など機能が充実しています。ケアマネージャーのシステムと連携することで情報のズレが生じず、確実な請求データが作成可能。

利用者ごとにスケジュールが違っていても、健康状態やケア内容を確認できるので見落としも防げます。ソフトが使いやすい点から、幅広い介護の現場で利用されているシステムです。

株式会社カナミックネットワークの比較ポイント

  • 機能が充実していて使用しやすい
  • ケアマネージャーのシステムと連携することで情報のズレを防止
  • 幅広い介護の現場で利用されている

製品情報

導入方式 クラウド型
価格(目安) 要問い合わせ
デモの有無 要問い合わせ

Flowers NEXT on Cloud|株式会社コンダクト

株式会社コンダクト

出典:株式会社コンダクト https://www.conduct.co.jp/lineup/flowers-next/system06/

画面上で介護保険証や計画書の期限切れなどを知らせてくれるので、非常に便利です。サービス計画書など、業務に必要な帳票に対応。監査時も心配いりません。運用の分析方法が充実しており、様々な角度から経営を確認することができます。

分析資料はCSV出力もできるので、情報共有もスムーズです。複数名分を一気にコピーして予定作成の大枠を作成できるため、大幅な時間短縮が可能。細かい調整も簡単に行え、業務の効率化に役立つでしょう。

株式会社コンダクトの比較ポイント

  • 画面上で介護保険証や計画書の期限切れをお知らせ
  • 運用面での分析方法が多彩
  • 予定作成は複数名分をまとめて過去のデータからコピーできる

製品情報

導入方式 クラウド型
価格(目安) 要問い合わせ
デモの有無

介護保険請求ソフト「楽すけ」|ニップクケアサービス株式会社

ニップクケアサービス株式会社

出典:ニップクケアサービス株式会社 https://www.nippku.com/rakusuke/kaigo/function-syoutaki/

楽すけと共に国保連伝送ソフトである『伝送通信ソフト』をセットで導入できます。両方のシステムを利用することで、インターネット伝送がスムーズです。伝送通信ソフトの法改正によるバージョンアップは無料なので、長く利用し続けられます。

操作方法が分からない場合も、サポートが充実しているので安心です。ヘルプデスクへ問い合わせることで、インターネットを介して画面を確認・案内してくれます。料金は年間のソフトライセンス保守料だけなので、コスト削減も期待できるでしょう。

ニップクケアサービス株式会社の比較ポイント

  • 『楽すけ』と『伝送通信ソフト』を一緒にお届け
  • インターネットを介して同じ画面を見ながらサポートしてくれる
  • 料金は年間のソフトライセンス保守料だけ

製品情報

導入方式 パッケージ型
価格(目安) サポート料60,000円
ライセンス料は要問い合わせ
デモの有無

ナーシングネットプラスワン|プラスワンソリューションズ株式会社

プラスワンソリューションズ株式会社

出典:プラスワンソリューションズ株式会社 https://quickcare.jp/product

クラウドタイプなのでインストールの必要がなく、導入後はすぐに運用開始が可能です。介護事務管理士の資格を持つ選任のオペレーターが常駐しており、導入から運用までサポートしてくれます。

また、ICT補助金対象ソフトである点も強みといえるでしょう。サービス提供事業所間における情報連携が標準仕様、記録から請求まで一気通貫で行えます。

プラスワンソリューションズ株式会社の比較ポイント

  • 介護事務管理士の資格を持つ選任のオペレーターがサポート
  • ICT補助金対応ソフト
  • 初回2カ月無料で利用できる

製品情報

導入方式 クラウド型
価格(目安) 月額5,000円~
デモの有無

小規模多機能向け介護ソフトに必要な機能

まずはじめに、小規模多機能型居宅介護向けソフトに必要な機能を解説します。

分かりやすいスケジュール管理機能機能

小規模多機能型居宅介護では、利用者ごとに「通い」「訪問」「泊り」のスケジュールが違います。利用者一人ひとりを管理するためには、それらのスケジュールが確認できる機能の搭載が必須です。

手書きで対応する方法もありますが、全ての利用者を管理するとなると非常に複雑になるでしょう。スケジュールの登録・確認がスムーズに行えるソフトを利用することで、業務の効率化にも繋がるのです。

請求書や領収書の作成機能

利用者ごとのスケジュールが違うということは、必然的に請求金額も変わってきます。同じ利用者でも期間ごとに見ると行動歴が変わっている場合があるので、徹底した管理が必要になるのです。

小規模多機能型居宅介護向けソフトは、スケジュールと連動することで実績管理も行えるようになります。それをもとに給付管理や請求データが自動入力されるため、請求書や領収書の発行もスピーディーです。

利用者の健康状態を把握できる機能

小規模多機能型居宅介護では、利用者のスケジュールが日によって変わってきます。介助者の勤務状況と利用者のタイミングがすれ違っている場合、長い期間顔を合わせない可能性もあるのです。

介護ソフトに日々のバイタルや排泄・食事・入浴などの生活状況を入力できれば、全てのスタッフが確認できます。忙しい業務の最中でも一目で健康状態をチェックでき、長時間の引継も不要です。

小規模多機能向け介護ソフトを選ぶ際のポイント

ここからは、小規模多機能型居宅介護向けソフトを選ぶ際のポイントを解説します。

クラウド型ソフトかパッケージ型ソフトか

クラウド型ソフトは、メーカーのサポートが充実している点が特徴です。国保連への請求を一括して対応し、データ管理まで行ってくれます。パソコンが故障するなど、万が一の時にもデータ紛失の心配がありません。

法人形態の場合、利用料の一括管理や発行・運営状況も確認できます。パッケージ型の場合、国保連請求向けソフトが別途必要です。施設で管理・運営していく部分が多いですが、ランニングコストはパッケージ型の方が安くなる場合があります。

事業所の規模やニーズを確認したうえで、どちらが最適かを検討していくと良いでしょう。

スケジュール機能の有無

ソフトに必要な機能でも触れましたが、利用者のスケジュールは日によって変わってきます。1事業所あたりの人数は限られているものの、やはり利用者が多ければ多いほど管理は困難です。

全てのスタッフが、利用者全員のスケジュールを把握することも不可能といえます。スケジュール機能を利用することで、利用者ごとに把握できるようになり情報共有がスムーズです。

介護ソフト選びに迷われている方へ

コンシェルジュが無料希望条件に合う製品・メーカーを代わりに探します


まとめ

小規模多機能型居宅介護では、利用者ごとの複雑なスケジュール管理ができるソフトの導入が必須です。ソフトではスケジュールに対応した請求書発行や、利用者の健康状況の記録もできます。

クラウド型とパッケージ型があり、メリットはそれぞれ異なります。施設の規模やニーズをしっかり洗い出したうえで、どちらのタイプを導入するか検討しましょう。

汎用的な介護ソフトについて知りたい方は【最新2023年版】介護ソフト比較10選|価格や特徴を徹底比較でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

介護ソフト選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事