国保連伝送ソフトおすすめ11選|ソフトの種類や選び方を解説

投稿日 2022.10.28 / 更新日 2022.11.17
投稿者:豊田 裕史

国保連伝送ソフトというものをご存じでしょうか。国保連伝達とは、介護給付費請求に必要なデータを国保連に送信することを意味します。多くの専用ソフトが登場しており、それらを使用することで複雑な入力業務が効率良くすすめられるのです。

ソフトは大きく分けて2パターンあり、ひとつは国保連が提供しているタイプになります。もうひとつは、介護ソフトメーカーなどが販売している介護請求ソフトです。今回はそれぞれの違いや、施設に適したソフトの選び方について解説していきます。

さらにおすすめのソフトをいくつか解説していきますので、参考にしていただければ幸いです。

介護請求(国保連伝送)ソフト選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

国保連伝送ソフトの基礎知識

まずは国保連伝達ソフトについて詳しく解説していきます。

国保連伝送とは?

国保連伝達とは各施設がインターネットを利用し、介護給付費請求に必要なデータを国保連に送信することです。内訳としては介護サービスの利用者に1〜3割を、残りの7〜9割を国保連にそれぞれ請求します。

国保連に対しての請求はインターネット伝送の他に、CD-Rなどの磁気媒体を用いて行われるのが通常です。しかし、磁気媒体を利用した場合は業務上の手間が増えるため、一般的にはインターネット伝送が主流でしょう。

国保連に介護請求データを伝送する方法

国保連に介護請求データを伝送する場合、国保連が提供するソフトを利用する方法があげられます。それ以外には、市販の介護請求ソフトを利用する方法も多くの施設で活用されているのです。

次項では国保連伝送ソフトと市販の看護請求ソフトの違いを解説していきます。それぞれの特徴についても説明していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

国保連伝送ソフトと市販の介護請求ソフトの違い

こちらは国保連伝送ソフトと市販の介護請求ソフトの違いを項目ごとに比較した表です。

国保連伝送ソフト 市販の介護請求ソフト
開発・販売元 国保中央会(国民健康保健中央会) 企業
料金 1ライセンス:60,000円
電子証明書の発行:13,900円(有効期間 3年間)
企業により様々
機能 一般的な請求機能のみ 企業により様々(請求機能主体のソフトや、介護ソフトの一機能として請求機能がついているソフト等)
導入方法 インストール型 企業により様々(クラウド型の企業が多い)

国保連伝送ソフトは値段が明瞭ですが、市販の介護請求ソフトの場合は企業により変わってきます。その分市販のソフトには、介護施設を運営するにあたって便利な機能が搭載されているのが特徴です。

以下で、それぞれの特徴をさらに詳しく説明します。

国保連伝送ソフト

国保連伝送ソフトは公益社団法人 国民健康保険中央会が販売・サポートの一連を行っています。ニーズに応じて随時バージョンアップが行われており、2022年9月時点ではver.9が最新です。

利用料金は1ライセンスにつき60,000円です。こちらにはソフト利用料の他に発送料・操作方法のマニュアル・サポート料が含まれています。利用料金の他に、電子証明書の発行手数料が必要です。

こちらの料金は13,900円で、有効期限は3年間です。国民健康保険中央会のホームページにはソフトについてのマニュアルも公開されています。

出典:交易社団法人 国民健康保険中央会

市販の介護請求ソフト

市販の介護請求ソフトも国保連のソフトと同様、インターネットを利用してデータを伝送します。違いはシステムにあり、市販の介護請求ソフトの場合は事業所での電子証明書の発行が不要となります。

そのため、3年ごとの電子証明書の発行料や更新の必要もありません。市販の介護請求ソフトは、大きく分けて以下の2つのタイプに分けられます。

  1. 介護請求に特化したソフト
  2. 介護ソフトの一機能として介護請求も出来るソフト

国保連伝送・介護請求ソフトの選び方

ここからは国保連伝送や介護請求ソフトの選び方のポイントを解説します。

介護請求のみの機能が必要な場合

介護請求だけ使用できればいいという場合は、国保連の伝達ソフトがおすすめです。また、市販でも介護請求に特化した請求ソフトは多くの企業で販売されています。メーカーとしては、KDDIエボルバ社や日本ケアコミュニケーションズ社が有名です。

加えて富士通四国インフォテック社の3社が介護請求に特化したソフトを販売している代表企業といえるでしょう。これらは月額が1,000円前後となっており、リーズナブルに利用することができます。

介護請求以外の機能も必要な場合

介護請求以外の機能も利用したい場合は、どのような機能が必要かを具体的に確認する必要があります。付随する機能により金額が変わるので、なんとなく導入したソフトが不要な機能ばかりだとコスパが悪いです。

複数機能が一体型になっている場合、伝送はもちろん日々の介護記録から保険請求データの作成まで完結できます。便利な機能を追加するたびに導入費用は高くなるので、本当に必要な機能を見定めていくと良いでしょう。

介護ソフト選びに迷われている方へ

コンシェルジュが無料希望条件に合う製品を代わりに探します

おすすめの国保連伝送特化型サービス3選

まずは国保連伝送に特化したおすすめの国保連伝送サービス3製品をご紹介します。

けあ蔵|株式会社KDDIエボルバ

株式会社KDDIエボルバ

出典:株式会社KDDIエボルバ https://www.k-evolva.com/

導入費用が0円となっており、定額の月額費用以外は一切かからない点が魅力のソフトです。国保連伝送ソフトでは買い替えが必要となる制度改正時のバージョンアップも、けあ蔵では一切かかりません。

どこのメーカーの介護請求ソフトで作成されても、伝票処理をすることが可能です。支払決定額内訳書などの伝票処理後の結果も、画面上で確認ができるので伝送できたかの心配がありません。

けあ蔵|株式会社KDDIエボルバの比較ポイント

  • 導入費用0円で月額費用以外の追加料金不要
  • どのメーカーの介護処理ソフトで作成されても伝票処理が可能
  • 国保連からの通知をEメールでお知らせ

製品情報

会社名 株式会社KDDIエボルバ
製品名 けあ蔵
伝送ソフトの種類 国保連伝送(介護請求伝送)に特化したソフト
価格 初期費用0円・月額1,000円(税別)/1事業所あたり
機能 国保連からの通知受け取り、伝送処理忘れ防止アラート、複数事業所一括伝送

ケアネットメッセンジャー|株式会社日本ケアコミュニケーションズ

株式会社日本ケアコミュニケーションズ

出典:株式会社日本ケアコミュニケーションズ https://www.care-com.co.jp/

業界内の30,000事業所で利用されているほどのトップシェアです。標準で装備されている法人本部管理機能は、特許を取得しています。機能の内容は法人本部が法人内の事業所に対し、まとめて確認・操作を行えるよう設計されているのです。

他にもオプションで別途料金はかかりますが、返戻管理くんという機能も特徴といえます。こちらも特許を取得しており、ケアネットメッセンジャー独自の機能です。こちらを利用することで、返戻の再請求漏れがチェックできます。

ケアネットメッセンジャー|株式会社日本ケアコミュニケーションズの比較ポイント

  • 業界内30,000事業所での導入実績
  • 特許を取得した法人本部管理機能で一括管理が可能
  • オプション機能の返戻管理くんを利用すれば返戻の再請求漏れがチェックできる

製品情報

会社名 株式会社日本ケアコミュニケーションズ
製品名 ケアネットメッセンジャー
伝送ソフトの種類 国保連伝送(介護請求伝送)に特化したソフト
価格 参加費(初回のみ)3,000円・月額1,000円※いずれも税別・1事業所あたりの価格
機能 法人本部管理機能、国保連からの通知受け取り、複数事業所一括伝送、返戻管理くん

介護請求伝送サービス|株式会社富士通四国インフォテック

株式会社富士通四国インフォテック

出典:株式会社富士通四国インフォテック https://www.fujitsu.com/jp/group/fsit/

今回紹介している中で最も月額が安く、事業所番号数に関わらず1IDにつき月額980円から利用ができます。介護保険システムはメーカー問わず利用可能です。現在利用しているシステムを、そのまま継続・運用ができます。

セキュリティやサポートが万全な点も魅力のひとつ。サーバーの監視は24時間365日実施されており、SSLによる暗号化通信でインターネット上でも安全です。メーカーサポートは電話やメール、FAXでも対応してくれます。

介護請求伝送サービス|株式会社富士通四国インフォテックの比較ポイント

  • 月額は1IDにつき980円という最安クラス
  • 介護保険システムはメーカー問わず連携可能
  • メーカーサポートは電話やメール、FAXで幅広く対応

製品情報

会社名 株式会社富士通四国インフォテック
製品名 介護請求伝送サービス
伝送ソフトの種類 国保連伝送(介護請求伝送)に特化したソフト
価格 初期費用3,000円・月額980円※いずれも税別・1IDあたりの価格
機能 国保連からの通知受け取り、複数事業所一括伝送、差替え請求データ送信

おすすめの国保連伝送機能付き介護請求ソフト8選

続いて国保連伝送機能を含めた複数機能が使える介護請求ソフトのおすすめ8製品をご紹介します。

ほのぼのNEXT|NDソフトウェア株式会社

NDソフトウェア株式会社

出典:NDソフトウェア株式会社 https://www.ndsoft.jp/

画面デザインや操作性・導入後のサポートに定評があり、全国72,000事業所以上の導入実績があります。厚生労働省が運用する科学的介護情報システム LIFEに完全対応しており、操作がスムーズです。

クラウドにも対応しているので、災害時などのもしもの時もデータがしっかり守られます。機能も豊富で、音声入力などで会話した内容が文字に残るデジタルインカムは後で確認ができて便利です。

ほのぼのNEXT|NDソフトウェア株式会社の比較ポイント

  • 全国72,000事業所以上の導入実績あり
  • 厚生労働省が運用するLIFEに完全対応
  • クラウドインカムで会話の内容を可視化

製品情報

会社名 NDソフトウェア株式会社
製品名 ほのぼのNEXT
伝送ソフトの種類 介護ソフトの一機能として介護請求も出来るソフト
価格 要お問い合わせ
機能 LIFE(科学的介護情報システム)に対応、介護請求、音声入力、デジタルインカム、ネックスピーカー、タブレット入力、センサー連携、AIケアプラン

介舟ファミリー|株式会社日本コンピュータコンサルタント

株式会社日本コンピュータコンサルタント

出典:株式会社日本コンピュータコンサルタント https://www.n-c-c.co.jp/

操作画面をわかりやすく設計しており、どの業務も同じ画面構成にすることで操作時の違和感を解消。出力される帳簿はExcelファイルとして保存できるので、操作に慣れている方であれば修正や加工が簡単です。

ソフトは障害者福祉サービス全般にも対応しているため、施設における請求業務の効率化を目指せます。初回操作説明と初回請求立ち合いの際は営業マンが必ず訪問してくれる点もメリットです。

介舟ファミリー|株式会社日本コンピュータコンサルタントの比較ポイント

  • どの業務も画面構成を同じにすることで操作時の違和感を解消
  • 帳簿はExcelファイルとして出力可能
  • 障害者福祉サービス全般に対応

製品情報

会社名 株式会社日本コンピュータコンサルタント
製品名 介舟ファミリー
伝送ソフトの種類 介護ソフトの一機能として介護請求も出来るソフト
価格 要お問い合わせ
機能 LIFE(科学的介護情報システム)に対応、介護請求、インターネット伝送、スケジュール、給与計算、口座振替、送迎管理

カナミッククラウドサービス|株式会社カナミックネットワーク

株式会社カナミックネットワーク

出典:株式会社カナミックネットワーク https://www.kanamic.net/

自宅で療養したいという要望をもつ高齢者は多くいます。その要望を叶えるため、担当医師や看護・介護の専門職の方が情報共有できるよう開発されたシステムです。家族の方も情報を見ることができ、確認することで安心感を得られるでしょう。

詳しい料金は問い合わせが必要ですが、基本的な機能であれば0円から利用できます。機能が充実しており、あらゆる業務のペーパーレス化が可能。忙しい作業時間も大幅に短縮できます。

カナミッククラウドサービス|株式会社カナミックネットワークの比較ポイント

  • クラウドで複数人との情報共有が可能
  • 基本的な機能は0円から利用可能
  • あらゆる業務をペーパーすることで業務効率アップ

製品情報

会社名 株式会社カナミックネットワーク
製品名 カナミッククラウドサービス
伝送ソフトの種類 介護ソフトの一機能として介護請求も出来るソフト
価格 要お問い合わせ
機能 LIFE(科学的介護情報システム)に対応、介護請求、統計・経営分析、債権管理、本部から複数拠点を一元管理

ファーストケア|株式会社ビーシステム

株式会社ビーシステム

出典:株式会社ビーシステム https://www.fc-soft.jp/

無駄なコストを省くことでリーズナブルな価格を実現させました。料金は月額プランとおまとめプランがラインナップしています。おまとめプランは1年・3年・5年があり、月額プランよりトータルコストが安いです。

通信速度の早さも魅力のひとつとなっており、請求時期などの繁忙期でも快適な操作が実現できます。ネットに依存しないクライアント/サーバー型を利用することで、業務の効率化が可能です。

ファーストケア|株式会社ビーシステムの比較ポイント

  • 料金は月額プランとおまとめプランをラインナップ
  • 利用期間内の法改正時も追加料金不要
  • クライアント/サーバー型で快適操作を実現

製品情報

会社名 株式会社ビーシステム
製品名 ファーストケア
伝送ソフトの種類 介護ソフトの一機能として介護請求も出来るソフト
価格 要お問い合わせ
機能 介護請求、記録、計画書

ケア樹Free|株式会社グッドツリー

株式会社グッドツリー

出典:株式会社グッドツリー https://goodtree.jp/

運用を効率化させるためクラウドを使用し、多くの機能をオプションにすることで低価格を実現しています。料金は月額制ではなく年額制になっており、初回のみアカウント登録料が必要です。

2年目以降はアカウント登録料が不要なので、さらにお得に利用が可能。LIFEに対応しており、画面は紙の帳簿をイメージしたデザインになっております。紙の帳簿になじみがある方でも違和感なく操作が可能です。

ケア樹Free|株式会社グッドツリーの比較ポイント

  • 多くの機能をオプションにすることで低価格を実現
  • 初年のみアカウント登録料が必要
  • 紙の帳簿をイメージしたデザインで誰でも操作が簡単

製品情報

会社名 株式会社グッドツリー
製品名 ケア樹Free
伝送ソフトの種類 介護ソフトの一機能として介護請求も出来るソフト
価格 1年目43,800円〜・2年目33,800円〜※いずれも税別・1事業所あたりの価格。初回のみアカウント登録料必要。
機能 LIFE(科学的介護情報システム)に対応、介護請求、情報連携の標準仕様に対応

カイポケ|株式会社エス・エム・エス

株式会社エス・エム・エス

出典:株式会社エス・エム・エス https://www.bm-sms.co.jp/

通所介護や訪問介護・看護、居宅介護支援など対応サービスが幅広いのが特徴です。通常はソフトを切り替える際に、以前のデータを移行しなければならず時間と労力を要します。カイポケでは専属のサポートスタッフがデータ移行を代行してくれるのです。

介護記録はクラウド上で保存・管理ができるので、紙での保管が不要になります。紙面での記録が欲しい場合は、必要な部分の印刷も可能です。費用対効果の高さにより、年々利用する事業所が増え続けています。

カイポケ|株式会社エス・エム・エスの比較ポイント

  • 乗り換えの際にデータ移行業務を代行してくれる
  • 介護記録をクラウド上で保存・管理
  • 費用対効果の高さから導入事業者数は年々増加傾向

製品情報

会社名 株式会社エス・エム・エス
製品名 カイポケ経営支援サービス
伝送ソフトの種類 介護ソフトの一機能として介護請求も出来るソフト
価格 初期費用0円・月額1000円~※いずれも税別・1事業所あたりの価格
機能 介護請求、会計、経営管理、勤怠管理、給与計算、ホームページ作成、福利厚生クーポン

まもる君クラウド|株式会社インタートラスト

株式会社インタートラスト

出典:株式会社インタートラスト https://www.intertrust.jp/

初期費用やバージョンアップ費はもちろん介護記録も無料で、スマホ・タブレットでも利用ができます。端末を選ばずどこでも使用できるので、忙しい業務の中でも簡単に管理が可能です。

また、予防給付や総合事業に関する各サービスも、月額料金で全て利用することができます。利用者やスタッフ・パソコンが増えても追加料金がかからない点は人数の多い事業所にとってメリットでしょう。

まもる君クラウド|株式会社インタートラストの比較ポイント

  • スマホ・タブレットなど端末を選ばずどこでも操作が可能
  • 予防給付や総合事業に関するサービスも無料で利用できる
  • 利用者やスタッフパソコンの数に関わらず料金は一律

製品情報

会社名 株式会社インタートラスト
製品名 まもる君クラウド
伝送ソフトの種類 介護ソフトの一機能として介護請求も出来るソフト
価格 初期費用0円・月額5,800円~※いずれも税別・1事業所あたりの価格
機能 LIFE(科学的介護情報システム)に対応、介護請求、介護記録、売上管理

楽すけ|ニップクケアサービス株式会社

ニップクケアサービス株式会社

出典:ニップクケアサービス株式会社 https://www.nippku.com/

パソコンが苦手で操作方法が分からない場合も、満足できるようサポートが充実しています。ヘルプデスクに相談するだけで、現在開いている画面を遠隔で一緒に確認しながらレクチャーが可能です

さらに、ユーザー向けのWebサイト「楽すけネット」にはマニュアルやよくあるご質問などを随時更新。ソフトをパソコンにインストールして使用するタイプで、介護サービスごとに年間保守料を支払います。

楽すけ|ニップクケアサービス株式会社の比較ポイント

  • 遠隔操作で同じ画面を見ながらレクチャーしてくれる
  • ユーザー向けのWebサイトで最新情報を随時更新
  • 介護サービスごとに年間保守料が必要

製品情報

会社名 ニップクケアサービス株式会社
製品名 楽すけ
伝送ソフトの種類 介護ソフトの一機能として介護請求も出来るソフト
価格 初期費用0円・月額5,800円~※いずれも税別・1事業所あたりの価格
機能 自事業者設定、取引先設定、保険者設定、被保険者設定、ケアプラン作成、実績票・請求書・領収書印刷

まとめ

介護施設を運用するにあたり、国保連への保険請求は非常に重要な業務になります。時間と手間がかかるため、作業に負担を感じる施設が多いです。国保連伝送・介護請求ソフトを導入すると、今までの業務負担を大幅に軽減してくれるでしょう。

これらのソフトは国保連が提供しているタイプと介護メーカーが販売しているタイプがあります。介護メーカーによって製品の機能は異なるため、導入前に必要なシステムはなにかを充分に検討しましょう。

それぞれの施設にとって最適なソフト・メーカーに出会えることを心より願っています。

介護請求(国保連伝送)ソフト選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事