ORCA導入済みの医療機関におすすめの電子カルテ5選

投稿日 2022.11.18 / 更新日 2022.11.24
投稿者:豊田 裕史

ORCAを導入している医療機関で電子カルテを導入する際、選び方やORCAとの連携について疑問が生じるのではないでしょうか。ORCAはほとんどの電子カルテと連携可能です。ただしORCAをすでに導入している場合はレセプトコンピューター分離型の電子カルテを選ぶ必要があります。

本記事ではORCAと電子カルテの連携についてや、おすすめの5つの電子カルテについて詳しく解説しています。ORCAと連携可能な電子カルテの導入を検討している医療機関の方はぜひ参考にしてください。

電子カルテ選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリな製品・メーカーをご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

ORCAとは?

ORCAとは日医標準レセプトソフト(日レセ)の通称として用いられている単語です。もともとORCAは各医療機関でバラバラだったITシステムの統一・標準化を目指し、日本医師会が立ち上げたプロジェクトの名前です。現在、約17,000医療機関で利用されおり、レセコンの市場で国内第2位のシェアを占めています。ORCAの利用により、

  • 互換性のある医療情報のやりとり
  • 現場の負担とコストの軽減
  • 良質な医療の提供

を可能にしています。そして日レセの普及に伴い、現在ではORCAは日レセを指す言葉になっています。

電子カルテはORCAと連携できる?

ORCAは単体のレセプトコンピューター(レセコン)としても使用できますが、ほとんどの電子カルテと連携できます。すでにORCAを導入している医療機関では、レセコンはORCAのまま電子カルテの導入ができるのです。また、医療機関内で複数種類の電子カルテを使用している場合でもORCAとの連携で一括請求が可能になります。

電子カルテとORCAを連携させることは受付・診療・会計の流れを一元化し、事務作業の手間と入力ミスの削減に大きく役立ちます。

ORCAを内包した電子カルテとの違いに注意

電子カルテはレセコン分離型と一体型があり、区別が必要です。一体型の中でもレセコンとしてORCAが内包されている電子カルテも存在します。それぞれのタイプについて選び方とともに詳しく見ていきましょう。

電子カルテにはレセコン分離型と一体型がある

電子カルテにはレセコン分離型・レセコン一体型の2種類があります。

分離型は電子カルテとレセコンのソフトウェアが別々になっています。そのためすでに使っているORCAを、そのまま電子カルテと連携させることが可能です。一体型は電子カルテとレセコンのソフトウェアが1つのパッケージになっており、電子カルテがあれば会計までの業務が完結します。

一体型の中でもCLINICSカルテはORCAが内包されている電子カルテです。CLINICSカルテはORCAを使い続けながら、全ての業務をワンストップで完了させられます。

一体型・分離型についてはレセコン一体型電子カルテとは?分離型との違いやおすすめ製品などでも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

ORCA導入済みならレセコン分離型の電子カルテを

すでにORCAを導入している医療機関で電子カルテを選ぶ際は、レセコン分離型を選択しましょう。レセコンの部分はORCAが担うため、一体型を選ぶ必要がありません。レセコン分離型でORCAと連携が可能な電子カルテから、医療機関に合った製品を選択してください。

電子カルテ選びに迷われている方へ

コンシェルジュが無料希望条件に合う製品・メーカーを代わりに探します

ORCAと連携可能なクラウド型電子カルテ5選

ORCAと連携が可能で、導入が比較的安価なクラウド型電子カルテのおすすめ5選をご紹介します。いずれも実績のあるメーカーで、日本医師会ORCA管理機構のページにも掲載されています。

出典:日本医師会ORCA管理機構

Dr.Simpty for ORCA|三栄メディシス株式会社

三栄メディシス株式会社

出典:三栄メディシス株式会社 https://san-ei.com/simpty/

サンエイメディシス株式会社のDr.Simpty for ORCAは直感的に簡単に操作することができる電子カルテです。画面展開やボタンなどを少なくすることでシンプルな画面で使いやすいインタフェイスとなってます。シンプルで使いやすいだけでなく、様々な機能も充実しており、紙カルテの取り込みや画像ファイリング等もあるため機能性も十分備わっております。 またもしもの際に備えて専用のコールセンターやリモートメンテンナンスも備えている為安心して利用することが可能です。

三栄メディシス株式会社の比較ポイント

  • シンプルで使いやすいインターフェイス
  • 紙カルテをスキャンして取り込み可能
  • 画像ファイリング等機能が満載

システム概要

会社名 三栄メディシス株式会社
製品名 Dr.Simpty for ORCA
システム形態 オンプレミス

セコム・ユビキタス電子カルテ|セコム医療システム株式会社

セコム医療システム株式会社

出典:セコム医療システム株式会社 https://medical.secom.co.jp/it/karte/ubiquitous/

セコム・ユビキタス電子カルテはセコムの高度なセキュリティ技術を活用した安心・安全な電子カルテです。クラウド型ですがバックアップ用に院内に参照専用のデータをダウンロードしておけるため、通信障害や災害の際も安心です。外来・入院・在宅機能などが豊富に備わっているため、病院から訪問診療まで幅広く使えます。また、院内の様々な部門との連携も可能で、特に透析やリハビリシステムとの充実した連携が特徴です。他の施設の電子カルテシステムと共有もでき、院内・施設間での強固な連携は患者様へ質の高い医療の提供を可能にします。トラブルに対しても電話・Web・リモートによる操作での安心のサポート体制が整っています。(緊急時24時間対応)

セコム医療システム株式会社の比較ポイント

  • セコムによる安心のセキュリティ
  • 病院から訪問診療まで使用できる豊富な機能
  • 幅広い部門システムと連携可能

システム概要

会社名 セコム医療システム株式会社
製品名 セコム・ユビキタス電子カルテ
システム形態 クラウド型

エムスリーデジカル|エムスリーデジカル株式会社

エムスリーデジカル株式会社

出典:エムスリーデジカル株式会社 https://digikar.co.jp/

エムスリーデジカルは診療の様々な手間を楽にすることを目指して開発された電子カルテです。AI学習によりカルテの記入時間を80%削減してくれます。また、アプリでiPadやiPhoneと連携できるのも特徴です。iPadでは紙カルテのような記入、iPhoneでは過去カルテの確認・メモ記入が可能です。初期費用0円、月々9800円から利用でき、システム更新も自動で行われるためコストの面でも優れています。エムスリーデジカルにはレセコン一体型・分離型どちらもあります。ORCA導入済みの医療機関の場合は分離型を選択してください。

エムスリーデジカル株式会社の比較ポイント

  • AI学習によるカルテ入力時間の削減
  • iPad・iPhoneとのアプリ連携
  • 月々9800円からの低コストで運用可能

システム概要

会社名 エムスリーデジカル株式会社
製品名 エムスリーデジカル
システム形態 クラウド型

きりんカルテ|PHC株式会社

PHC株式会社

出典:PHC株式会社 https://www.phchd.com/jp/medicom

きりんカルテは無床のクリニック・診療所向けの電子カルテです。電子カルテ自体は無料で、ORCAの初期設定費、保守・サポート費用のみで運用できるためコスト削減を図れます。

ネット環境があれば事前登録したノートパソコンやiPadでカルテが使用ができ、訪問診療にも便利です。往診スケジュール作成・指示書の作成などの機能で在宅医療を手厚くサポートしてくれます。

予約機能も標準搭載されており、院内での予約管理に便利です。患者様に24時間オンライン予約していただける「診察予約ZERO」もアプリ版とブラウザ版とで提供されています。

PHC株式会社の比較ポイント

  • 電子カルテ利用料無料
  • 在宅診療に特化した機能
  • 院内・患者様ともに便利な予約機能

システム概要

会社名 PHC株式会社
製品名 きりんカルテ
システム形態 クラウド型

HAYATE/NEO|株式会社メディサージュ

株式会社メディサージュ

出典:株式会社メディサージュ https://www.hayate-neo.jp/

HAYATE/NEOは病院・有診療所向けの直観的に操作ができる電子カルテです。よく使う項目を設定できるため、パソコンに不慣れなスタッフでもスムーズに操作できます。薬局・検査・PACSなど他社の既存システムとの情報連携の実績も豊富です。すでに運用しているシステムのノウハウを活かし、電子カルテの導入が可能になります。システムごとの連携の可否については導入前に相談が可能です。また、専用のクラウド環境で常に最新かつ厳重なセキュリティ環境が整っています。専門知識を持ったスタッフによるサポート体制もしっかりしています。

株式会社メディサージュの比較ポイント

  • 直観的でわかりやすい操作
  • 既存システムと連携可能
  • 専用クラウドで安心のセキュリティ

システム概要

会社名 株式会社メディサージュ
製品名 HAYATE/NEO(ハヤテネオ)
システム形態 クラウド型

まとめ

日本医師会の提供するレセコンORCAは、多くの電子カルテと連携させることが可能です。すでにORCAを導入済みの医療機関では電子カルテを導入、連携させることで事務作業のさらなる効率化を図れます。多くの種類がある電子カルテの中でも、ORCAを連携させるときはレセコン分離型を選択しましょう。 本記事で紹介した5つの電子カルテも参考にしていただき、医療機関ごとのニーズに合わせて選んでください。

電子カルテについては【2022】電子カルテ比較31選|選び方や価格、導入メリットまででも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

電子カルテ選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリな製品・メーカーをご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

よくある質問

既にORCAを導入している場合でも電子カルテを導入できますか?
可能です。 ORCAはほとんどの電子カルテと連携でき、それにより受付から診療・会計の事務作業をスムーズにできます。


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事