【徹底比較】眼科におすすめの電子カルテメーカー9選|価格や選び方まで

投稿日 2022.08.25 / 更新日 2023.01.24
投稿者:豊田 裕史

眼科向け電子カルテの比較・選定で以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

「製品数が多すぎてどれがいいのかわからない」

「自院にあった眼科向け電子カルテを選びたい」

「人気の眼科向け電子カルテを知りたい」

本記事では、そういったお悩みを持つ方向けにおすすめの眼科向け電子カルテの機能や価格、特徴を紹介していきます。

  • 導入実績
  • 価格
  • 使いやすさ
  • 眼科にあった機能が搭載されているか
  • 保守・サポート力

電子カルテを選ぶのに大切な上記の5項目を軸に眼科向けクリニックにおすすめの電子カルテを選定しました。新規開業で電子カルテを選びに悩まれている先生であっても「自院に合った電子カルテ」を選んでいただけるように作成したので、ぜひご一読ください。

【人気4選】今選ばれている眼科向け電子カルテ比較表

まず最初に、特に眼科で人気の電子カルテ4製品をご紹介いたします。

製品名 CLIPLA Eye(クリプラアイ) IMAGEnet eカルテV5 / V5クラウド Medius CL NAVIS®-CL
メーカー名 株式会社クリプラ 株式会社トプコン 株式会社ビーライン 株式会社ニデック
導入形態 クラウド オンプレミス、クラウド オンプレミス オンプレミス
導入実績 要問合せ 要問合せ 要問合せ 要問合せ
費用 180万円(標準価格) 要問合せ 要問合せ 要問合せ
IT導入補助金2022
眼科向け機能 スマートフォンから画像をアップロード、眼鏡処方・コンタクトレンズ処方、ダークモードなど 各社眼科医療機器との確実な接続、患者マーキング機能、高機能なシェーマなど 処方アシスト機能、チャット機能など 手書き感覚のシェーマ、コスト漏れ防止機能、手術管理ソフト(オプション)など
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
\ご希望条件に合う電子カルテを手っ取り早く知りたい方は、お気軽にお問合せください/

電子カルテ選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

眼科向け電子カルテ比較9選

眼科診療におすすめの電子カルテを9選ご紹介します。比較した上で、自施設に最適なものを選んでください。

CLIPLA Eye(クリプラアイ)|株式会社クリプラ

株式会社クリプラ

出典:CLIPLA Eye https://clipla.jp/eye/

「CLIPLA Eye」は眼科医のフィードバックをもとに開発されたクラウド型の電子カルテです。受付業務から検査、診察や会計業務まで対応できる機能を持ち、直感的に操作できるインターフェースを有します。クラウド型を採用しており、初期費用も維持費も低コストに抑えられます。

各種検査機器の画像や数値データはワンクリックで取込可能です。カルテ入力でよく使う診療内容はセット登録でき、ワンクリックで呼び出すことができます。レセプトソフト「ORCA」との連携により会計作業も効率化できます。暗室では「ダークモード」を使えば、白黒反転画面での利用も可能です。

CLIPLA Eye(クリプラアイ)の比較ポイント

  • ORCAをはじめとする20の医療機器やサービスとシステム連携
  • 電子カルテ同時アクセス機能を搭載
  • 診療報酬明細の改訂や各機能のアップデート更新費用が無料

製品情報

対応施設 眼科クリニック向け
初期費用 180万円(標準価格)
更新費用 0円
月額 要問合せ
導入形態 クラウド型
デモの有無
システム連携 ORCAをはじめとする20の医療機器やサービス

Medius CL|株式会社ビーライン

株式会社ビーライン

出典:Medius CL https://www.beeline.co.jp/products/MediusCl

Medius CLは、シンプルで分かりやすい画面設計のための簡単に操作できるインターフェースが特徴です。受付から会計まで患者様の状況を一括管理でき、スタッフ全員で情報を共有できます。診察時の表示画面配置をドクターの好みに合わせてレイアウト可能です。webブラウザを利用するため、タブレットにも対応しています。サポート体制として保守契約を結ぶと、コールセンターによる利用中のトラブル対応や専門スタッフによる動作確認などのリモート点検を受けることが可能です。

Medius CLの比較ポイント

  • スタッフ全員で各セクションの混雑状態を把握可能
  • IDやパスワード管理での閲覧権限や編集権限によるセキュリティ対策
  • 予約の空き状況や項目を簡単に管理することが可能

製品情報

対応施設 眼科クリニック向け
初期費用 別途お問い合わせ
更新費用 別途お問い合わせ
月額 別途お問い合わせ
導入形態 オンプレミス型
デモの有無 別途お問い合わせ
システム連携

IMAGEnet eカルテ V5クラウド|株式会社トプコン

株式会社トプコン

出典:IMAGEnet eカルテ V5クラウド https://topconhealthcare.jp/ja/

「IMAGEnet eカルテ V5クラウド」は眼科医療機器メーカーのトプコンが開発した眼科専用の電子カルテです。利用環境に合わせてオンプレミス型とクラウド型を選択できます。視認性がよく直感的な操作が可能で、受付から会計まで一連の流れをサポートします。医療機関を狙ったサイバーテロなどの脅威に対しても十分なセキュリティ対策をとっており、安心して使用することができます。

IMAGEnet eカルテ V5クラウドの比較ポイント

  • 3省3ガイドラインに準拠した安心・安全な電子カルテ
  • 利用環境に合わせてオンプレミス型とクラウド型を選択可能
  • ウイルス対策ソフト標準装備に加え、VPN接続による安心の情報セキュリティ

製品情報

対応施設 大学病院や総合病院、眼科クリニック向け
初期費用 別途お問い合わせ
更新費用 別途お問い合わせ
月額 別途お問い合わせ
導入形態 クラウド型
デモの有無 別途お問い合わせ
システム連携 各社眼科医療機器との連携実績有

eyemet’s(アイメッツ)|有限会社ファーストメディカル

有限会社ファーストメディカル

出典:eyemet’s(アイメッツ) http://eyemets.jp/

eyemet’s(アイメッツ)は、眼科診療業務を支える電子カルテ・ファイリングシステムです。電子カルテとファイリングの機能を統合していることにより、画像や数値などの検査結果をデータ取込後に自動的に電子カルテに貼り付けできます。必要な機能を選択して導入できるので、段階的に機能拡張することも可能です。専用テンプレートが用意されており、多くの検査入力に対応しています。さらに、導入後のアフターサポートは、ソフトウェアとハードウェアの両方に対応しています。

eyemet’s(アイメッツ)の比較ポイント

  • 医師やスタッフの診療業務を支えるシンプルでフレキシブルな操作が可能
  • ファイリングと電子カルテ機能を統合した眼科診療専用機能
  • 自施設に合わせた機能を選択して拡張が可能

製品情報

対応施設 眼科クリニック向け
初期費用 別途お問い合わせ
更新費用 別途お問い合わせ
月額 別途お問い合わせ
導入形態 オンプレミス型
デモの有無 別途お問い合わせ
システム連携 ORCAをはじめとする複数の医療機器やサービス

Claio(クライオ)眼科パッケージ|株式会社ファインデックス

株式会社ファインデックス

出典:Claio(クライオ)眼科パッケージ https://findex.co.jp/products/medical/claio/c_oph.html

Claio(クライオ)眼科パッケージは、システムの組み合わせにより、眼科診療所から病院まで検査データを効率的に管理することができます。検査機器から画像データの直接取り込みができ、画像への手書きやシェーマの記載が可能です。取り込んだデータは時系列での参照や術中動画の保管もできます。システムを組み合わせることで、受付から会計までのスムーズな運用が行えます。

Claio(クライオ)眼科パッケージの比較ポイント

  • 画像やデータを効率よく管理してファイリングできる統合パッケージ
  • システムの組み合わせで眼科診療所から病院まで対応可能
  • 眼科で行われる様々な検査に対する入力テンプレートを用意

製品情報

対応施設 眼科クリニックから病院まで対応
初期費用 別途お問い合わせ
更新費用 別途お問い合わせ
月額 別途お問い合わせ
導入形態 オンプレミス型
デモの有無
システム連携 複数の医療機器やサービス

Medius Plus|株式会社ビーライン

株式会社ビーライン

出典:Medius Plus https://www.beeline.co.jp/products/MediusPlus/

Medius PlusはHISとのシームレスな運用が可能な病院向けの眼科システムです。レポート記載や画像保存、数値のファイリングをwebブラウザで行うため、HISを意識しないで運用が可能となっています。500種類以上から選べるシェーマを使用することができ、レポート記入の後速やかにHISへの転送が可能です。ipadやタブレットを使用した検査値の入力が可能で、直感的に操作することができます。

Medius Plusの比較ポイント

  • レポート記載や画像連携、ファイリング機能でHISとのシームレスな運用
  • ipadやタブレットを利用した参照や登録が可能
  • 大手HISや検査機器メーカーとの連携実績

製品情報

対応施設 病院向け
初期費用 別途お問い合わせ
更新費用 別途お問い合わせ
月額 別途お問い合わせ
導入形態 オンプレミス型
デモの有無 別途お問い合わせ
システム連携 HISや各種検査機器

NAVIS®-CL|株式会社ニデック

株式会社ニデック

出典:NAVIS®-CL https://www.nidek.co.jp/products/

NAVIS®-CLはタブレットを使用することにより、従来使用されてきた2号紙と同じイメージでシェーマを記載することが可能です。過去のカルテからドラッグ&ドロップ動作で効率良くカルテを作成できる、入力補助機能を搭載しています。また、ORCAとの連携により、使い勝手の良いシームレスなレセプト処理を実現しました。

NAVIS®-CLの比較ポイント

  • 従来使用されてきた2号紙の紙カルテイメージを継承した画面表示
  • 筆圧感知機能がついたタブレットを使用した、手書き感覚でのシェーマ作成
  • 追加できる5つの多彩なオプションソフト

製品情報

対応施設 眼科クリニック向け
初期費用 別途お問い合わせ
更新費用 別途お問い合わせ
月額 別途お問い合わせ
導入形態 オンプレミス型
デモの有無 別途お問い合わせ
システム連携 ORCAをはじめとするオプションソフト

エムスリーデジカル|エムスリーデジカル株式会社

エムスリーデジカル株式会社

出典:エムスリーデジカル株式会社 https://digikar.co.jp/

「エムスリーデジカル」は、30万人の医師たちからサポートされている電子カルテです。眼科専門の電子カルテではありませんがシェーマの追加などが可能で、コストを抑えて導入することができます。最新AIによる自動学習と、シンプルな画面設定が特長です。カルテの入力効率向上だけでなく、入力ミスや入力漏れを防ぐ効果も期待できるでしょう。

エムスリーデジカル株式会社の比較ポイント

  • AI自動学習機能で入力時間を80%削減
  • スマホでも使える予約や会計システムとの連携も充実
  • 15年間で約1,000万円のコストを削減

製品情報

対象施設 眼科クリニック、一般クリニック
初期費用 無料
更新費用 要問合せ
月額 レセコン一体型プラン19,800円~、ORCA連動型プラン9,800円~
導入形態 クラウド型
デモの有無
システム連携 90以上のサービス・機器と連携

CLIUS(クリアス)|株式会社Donuts

CLIUS(クリアス)

出典:株式会社Donuts https://clius.jp/

「CLIUS」はオンライン診療機能を搭載した、クラウド型電子カルテです。パソコンやスマホを使い、医師と患者さんがお互いの顔を見ながら、コミュニケーションを取ることができます。一般診療科向けに開発された製品ですが、基本的な機能で問題なければ、眼科でも使うことができます。予約機能もついており、患者さんが直接WEBから予約したり、クリニックのスタッフが予約管理をするために使うことも可能です。

CLIUSの比較ポイント

  • Windows・Mac・iPadで自由に操作
  • 豊富な機器・検査連携数が強み
  • 診療効率アップを目指した機能・画面設計

製品情報

対象施設 眼科クリニック、一般クリニック
初期費用 200,000円~
更新費用 要問合せ
月額 12,000円~(※ID数が6つ以降は別途料金発生)
導入形態 クラウド型
デモの有無
システム連携 60社との連携&連携種類は120

眼科向け電子カルテ比較一覧表

製品名 お問い合わせ 対応施設 初期費用 更新費用 月額 導入形態 デモの有無 システム連携
株式会社クリプラCLIPLA Eye
お問い合わせ
眼科クリニック向け 180万円(標準価格) 0円  要問合せ クラウド型 ORCAをはじめとする20の医療機器やサービス
株式会社ビーラインMedius CL
お問い合わせ
眼科クリニック向け 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ オンプレミス型 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
株式会社トプコンIMAGEnet eカルテ V5/V5クラウド
お問い合わせ
大学病院や総合病院、眼科クリニック向け 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ クラウド型、オンプレミス型 別途お問い合わせ 各社眼科医療機器との連携実績有
有限会社ファーストメディカルeyemet’s
お問い合わせ
眼科クリニック向け 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ オンプレミス型 別途お問い合わせ ORCAをはじめとする複数の医療機器やサービス
株式会社ファインデックスClaio眼科パッケージ
お問い合わせ
病院、眼科クリニック向け 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ オンプレミス型 複数の医療機器やサービス
株式会社ビーラインMedius Plus
お問い合わせ
病院向け 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ オンプレミス型 別途お問い合わせ HISや各種検査機器
株式会社ニデックNAVIS®-CL
お問い合わせ
眼科クリニック向け 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ 別途お問い合わせ オンプレミス型 別途お問い合わせ ORCAをはじめとするオプションソフト

眼科向け電子カルテの特徴

さまざまな種類の電子カルテがありますが、眼科では眼科専用に設計された電子カルテを導入することが多いです。眼底カメラやスリットランプ、眼圧計やレフケラ(オートレフケラトメータ)など扱う機器が多いことや、他の診療科に比べて詳細なシェーマが必要になることがその理由です。また、他の診療科では診察後に検査をする流れが一般的ですが、眼科では検査の後に診察をする流れが一般的なのも特徴です。「検査→診察」の流れに合った処理ができる電子カルテを選ぶ必要があります。

眼科向け電子カルテの選び方

眼科向けの電子カルテを選ぶ際に注意するべきポイントは次の6点です。一般の電子カルテの選び方と重なる部分も多いので、事前に確認しましょう。

  • ➀オンプレミス型かクラウド型か
  • ②シェーマの充実度
  • ③価格をチェック
  • ④システム連携
  • ⑤操作性
  • ⑥サポート体制

以下で詳しく解説します。

オンプレミス型かクラウド型か

眼科向け電子カルテのシステムには、オンプレミス型とクラウド型の2つのタイプがあります。両方の特徴を理解した上で、自施設に合ったシステムを選びましょう。

オンプレミス型

一つ目のシステムが、院内にサーバーを置いて運用するタイプのオンプレミス型です。こちらのタイプでは院内でデータを保存できるため、セキュリティ面の強みがあります。大がかりなシステムを使用するので、堅実さに強みがあるのも魅力と言えます。

クラウド型

もう一つのタイプが、クラウド型です。こちらのタイプでは院内での大がかりな準備は必要ありません。パソコンとインターネット回線があれば、使用できます。一方で、利用できるメニューが決まっている点はデメリット。製品によって異なりますが、各社のメニューの範囲で制限が設けられていることもあるため、注意が必要です。

複数の診療科で使えるクラウド型の電子カルテについては【診療科別比較】電子カルテ53製品|施設規模ごとの選び方もでも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

シェーマの充実度

眼科では他の診療科と比べてグラデーションをつけたり色を変えたりとシェーマに豊富な機能が必要になります。テンプレートの種類や使いやすさを体験デモなどでチェックしましょう。ペンの太さや色彩を手軽に変更したり、テキスト入力や修正、拡大・縮小をしたりといった機能はデジタルならではです。その他、筆圧を感知するタブレットが使えるものや、検査で撮影した画像に直接書き込める製品もあります。

株式会社クリプラは「CLIPLA Eye」のシェーマ機能を実際に使用している場面を動画で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

価格をチェック

眼科に特化した電子カルテはメリットがたくさんありますが、連携機器が多くなると当然費用もかかってしまいます。眼科では外部連携や端末の多さで費用が高額になりがちです。自施設に必要な機器を見極め電子カルテとの連携範囲を限定するなど、費用をおさえる工夫も必要になります。

システム連携

眼科では特有の検査が多く、検査画像などのデータを管理する必要があります。PACS(医療用画像管理システム)と連携することで、院内業務を向上させることが可能です。すでに導入している既存のシステムと連携させる場合は、連携が可能かどうか確認しておきましょう。

どんなシステムと電子カルテが連携できるか気になる方は、電子カルテと連携できる部門システム15選!メリットや注意点等でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

PACSメーカーについてはPACS17選を徹底比較|選び方や各メーカーの強みを解説でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

操作性

電子カルテは日々使用するものなので、操作性も重要です。できる限りシンプルなフォーマットで、従来通りの紙カルテと同等以上に扱えるかも考慮しましょう。直感的にシェーマを描くことができる、タブレット入力対応の電子カルテかどうかも検討したいところです。また、表示画面に必要情報が網羅されていることで、操作性や利便性が向上します。

サポート体制

導入時はもちろん、普段利用するうえでサポートを受けられるかを確認しましょう。利用中のトラブルに対応できるコールセンターや専門スタッフの定期点検など、安心して使うことができるかも大切です。メールや電話、チャットなどサポートの方法が自施設に合っているかもチェックしましょう。

電子カルテのサポート体制については、電子カルテのサポート体制は確認必須!比較したいポイント等を解説でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

眼科向けの電子カルテおすすめ9選をご紹介しました。電子カルテを導入することで、業務の効率化はもちろん患者様の待ち時間を減らすなど、多くのメリットがあります。製品によってどの部分に特化しているかなど違いがありますので、自施設に最適なシステムを選びましょう。

電子カルテ選びの専門知識・時間がない方
コンシェルジュが代わりに探してご案内します!
業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事