おすすめの自動精算機メーカー比較17選|価格やサイズ、選び方まで

投稿日 2022.04.28 / 更新日 2022.11.02
投稿者:豊田 裕史

働き方改革やコロナウイルス感染拡大防止のために、自動精算機の導入を検討している企業は多いでしょう。中小規模のクリニック、歯科医院などでも導入の効果は大きいでしょう。

ただし、自動精算機にもいくつかの種類があり、選ぶポイントがあります。

そこで本記事では、自動精算機に搭載されている機能の違いや選ぶポイントを紹介します。また、補助金や節税効果などの実質負担額を減らせる方法も紹介するため、導入へのハードルを下げる方法を理解できるでしょう。

最後に、実際のメーカーごとの自動精算機の比較もしているため、自動精算機の導入検討の際にお役立てください。

自動精算機選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

自動精算機を選ぶ時に見るべきポイント

製品数が多く、施設や店舗にあうものを選ぶのは大変ですよね。 自動精算機を選ぶ際に見るべきポイントをまとめましたので参考にしてみてください。

①電子カルテ連携は必要?

電子カルテに連携させるかどうかで以下のように運用方法が異なります。連携可能かどうか事前にチェックしておきましょう。

電子カルテとデータ連携

電子カルテと同じネットワークに接続してデータ連携をします。 診察券などにある患者さんのIDやQRコードを自動精算機が読み取ると、電子カルテ内の会計情報を取得して会計額を表示する仕組みとなっています。

電子カルテとバーコード連携

電子カルテから発行する領収書に、会計情報(患者の支払い金額)をが記録されたバーコードを自動精算機に読ませることで精算を行う仕組みです。

電子カルテと非連携

電子カルテで出した会計金額をレジに入力して会計を出す仕組みになります。

②サイズは?

自動精算機には、床置き型、卓上型の2種類があり、それぞれのタイプのなかでもサイズ差がかなりあります。 特にクリニックなど、自動精算機を置くスペースが狭い施設は卓上型や小型タイプの自動精算機の導入がおすすめです。

床置き型で特にサイズが小さい自動精算機ですと、FIT-A|アルメックスが代表例としてあげられます。奥行が僅か350mmしかなく、今回紹介する製品の中では最も小型の製品になります。

小型の自動精算機については下記の記事で、各製品のサイズ早見表とともに紹介していますチェックしてみてください!

小型の自動精算機については【サイズ早見表つき】小型でおすすめの自動精算機8選|価格や特徴を比較でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

③キャッシュレス決済に対応しているか

キャッシュレス決済に対応しているかどうかも重要な選定ポイントです。若い世代になるほど現金を使う機会が少なく、キャッシュレス決済に対応しているかどうかは患者さんの満足度を左右する大きな一因となります。クレジットカード決済、QRコード決済、電子マネー決済など各種キャッシュレス決済がオプションとなるのか初期搭載機能となるのか、どこまで対応かなど事前にチェックしておきましょう。

自動精算機選びに迷われている方へ

コンシェルジュが無料希望条件に合う業者を代わりに探します

自動精算機17選の価格や機能を徹底比較!おすすめはどこ?

では、ここからはおすすめの自動精算機の価格や機能について解説します。これから自動精算機を導入するにあたり、以下の比較を参考にしてください。

PLUM STAND(プラムスタンド)

PLUM STAND(プラムスタンド)

出典:PLUM STAND(プラムスタンド) https://plum-connect.info/product/ps-3plus/

プラムスタンドは、現役の歯科医師が開発に携わっており、受付業務の軽減や非接触業務などから効率のいい経営を目指せる歯科医院に特化した自動精算機です。

受付機能を搭載しているため、一台で受付と精算業務を行うことができます。

現行の診察券にQRコードシールを貼るだけで運用が可能になり、月に一度の保険証チェックも画面で表示されるため、保険証の確認漏れを防止することが可能です。

また、診察ごとに患者様のお口満足度を調査をする機能が搭載されており、他のPLUMシリーズと連携させることでスタッフマネジメントにも活用できます。

価格:要問い合わせ

PLUM STAND(プラムスタンド)の比較ポイント

  • 現役の歯科医師が開発・監修
  • 受付機能と自動精算機能を搭載しており、一台で二役の活用が可能
  • お口の満足度を調査する機能を搭載

製品情報

サイズ W350×D205×H600mm
重量
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣 紙幣1,000円(還流方式) 硬貨500円・100円・50円・10円
対応キャッシュレス決済方法
価格 要お問い合わせ

株式会社ユー・エス・ケイ

株式会社ユー・エス・ケイ

出典:株式会社ユー・エス・ケイ https://www.usk-i.com/product/smart/index.html

株式会社ユー・エス・ケイの自立型自動精算機「Smart!」は、幅約54cmのコンパクトなサイズでありながら、優れた機能を持ちあわせています。

自動調整金機能を搭載しており、あらかじめ決められた準備金の枚数を指定できるため、過不足を自動調整することが可能です。

兄弟や夫婦など家族のお支払いをまとめてできる「ご家族まとめ払い機能」を搭載しています。これにより、混雑時でもスピーディーな精算を可能にし、待ち時間を短縮することができます。

価格:要問い合わせ

株式会社ユー・エス・ケイの比較ポイント

  • 幅約54cmのコンパクトサイズ
  • 過不足を自動調整できる自動調整金機能を搭載
  • 兄弟、夫婦など家族の支払いをまとめてできる

製品情報

サイズ W536×D490×H1400mm ※突起部:D120mm
重量 約89.8kg
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法
価格 要お問い合わせ

omron(オムロン)

omron(オムロン)

出典:omron(オムロン) https://socialsolution.omron.com/jp/ja/products_service/automation/smare/index.html

オムロンのスマーレは、1台でフロント業務を自動化できる新しいホテル自動チェックイン機です。予約確認からチェックアウトまで、さらに日計作業もできるため、アサインミスや金銭トラブルを削減することができます。

また、画面表示や音声案内は5言語に対応しているため、外国人旅行者でも安心して利用することが可能です。

クレジットカード決済には、オートローディング式を採用しています。決済途中のカード引き抜きによる処理トラブルを防ぐことが可能です。

価格:要問い合わせ

omron(オムロン)の比較ポイント

  • フロント業務を1台で自動化が可能
  • 画面表示や音声案内は5言語対応
  • クレジットカード処理は、カード吸い込み式を採用

製品情報

サイズ
重量
レセコン・電カル連携
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法
価格 要お問い合わせ

NOMOCa-Stand (ノモカスタンド) by genova

NOMOCa-Stand (ノモカスタンド) by genova

出典:NOMOCa-Stand (ノモカスタンド) by genova https://nomoca.net/

業界最薄最小サイズを実現した簡易自動精算機で、多くのクリニックに導入実績があるのがノモカスタンドです。

再来・再診時の受付もノモカスタンド1台でできるため、患者様のコミュニケーションに時間を割け、患者様の満足度向上が期待できます。

また、17インチの大型タッチパネルを搭載しているため、高齢者の患者様でもスムーズに会計業務を進めることが可能です。

会計情報がデータとして残るので、会計業務の管理がしやすく締め作業の時間削減に繋がります。

価格:要問い合わせ

NOMOCa-Stand (ノモカスタンド)についてはノモカスタンドの評判は?|機能や導入に向いているクリニックなど詳しく解説でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

NOMOCa-Stand (ノモカスタンド) by genovaの比較ポイント

  • 再来・再診時の受付が1台で可能
  • 一括投入口を採用しているためスピーディに精算可能
  • 17インチの大型タッチパネルを採用で簡単操作

製品情報

サイズ W490×D295×H1460mm
重量
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法
価格 要お問い合わせ

株式会社ノーザ

株式会社ノーザ

出典:株式会社ノーザ https://www.nhosa.com/product/fita/

株式会社ノーザは、歯科医療情報システムのトップメーカーとして知られており、医療に携わる方、患者様に最適なサービスを提供しています。

中でも「FIT-A」は、歯科向けに開発された自動精算機でクリニックに必要な機能をパッケージ化しています。例えば、磁気カードリーダーやQRコードの読み取りが可能です。

また、紙幣と硬貨を一括入金することができるため、患者様がスムーズに会計を済ますことができます。

FIT-Aの導入によって、スタッフと患者様の金銭のやり取りを削減できるため、クリニック内の衛生面でも安心です。

価格:要問い合わせ

株式会社ノーザの比較ポイント

  • 奥行きわずか35cmで省スペースでも設置可能
  • 各種電子マネー決済対応
  • 紙幣と硬貨の一括入金でスムーズな会計を実現

製品情報

サイズ W650×D350mm×H1503mm※突起部は除く
重量 150kg
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣 紙幣:1万円、5千円、千円 硬貨500円、100円、50円、10円、5円、1円
対応キャッシュレス決済方法 レジット決済:VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover Card 電子マネー:交通系、流通系、クレジットカード系、QR決済系、銀行Pay
価格 要お問い合わせ

アルメックス(USENグループ)

アルメックス(USENグループ)

出典:アルメックス(USENグループ) https://www.almex.jp/mc/products/adjustment/th-x.html

アルメックス社の「TH-X」の特徴は、19インチの大型タッチパネルモニターを搭載し、患者様でも簡単に扱える操作性や機能性です。

LEDサイドパーテーションを採用し、エラー内容によってパーテーションの色を変更することが可能です。それにより、自動精算機の稼働状況が一目でわかるため、スタッフがすぐにエラーの対処をすることができます。

自動精算機には珍しい、フロントパネルカラーの色をカスタマイズすることが可能です。クリニックに合ったカラーのパネルを選ぶことができます。

価格:要問い合わせ

アルメックス(USENグループ)の比較ポイント

  • エラー内容が一目でわかるサイドパーテーション付き
  • サーマルプリンター2台を搭載。領収書・明細書の発行が可能
  • スマホに表示されるQRコードやバーコードの読み取りを搭載可能

製品情報

サイズ W650×D860×H1770mm ※突起部は除く
重量
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣 紙幣:1万円、5千円、千円 硬貨500円、100円、50円、10円、5円、1円
対応キャッシュレス決済方法 銀行Pay、クレジットカード、交通系ICカード(※今後対応予定)
価格 要お問い合わせ

システムギア株式会社

システムギア株式会社

出典:システムギア株式会社 https://www.systemgear.com/solutions/medical/desktop_reception.html

自動精算機を導入したいものの、設置できるスペースがなく、導入を諦めてしまうクリニックも多いです。その点、システムギア株式会社の卓上再来受付自動精算機は、カウンターなどの狭い場所でも設置できるコンパクトなサイズが特徴。

コンパクトなサイズながら、17インチの大型タッチパネルと大きく見やすいボタンで機器を扱い慣れていない患者様でも簡単に操作することができます。

また、再診の患者様が操作に迷わないように、音声ガイダンスに沿って案内されるので、予約確認から受付票の発行までがスムーズに行えます。

価格:要問い合わせ

システムギア株式会社の比較ポイント

  • カウンターのような省スペースにも設置できるコンパクト設計
  • 大きく文字を表示するので高齢者の方でもわかりやすい操作性
  • 入金されたお金を釣銭として再利用できる還流方式を採用

製品情報

サイズ W508mm×D691m×H645mm
重量 約60kg以下 (現金未装着時)
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法 クレジットカード、QRコード決済
価格 要お問い合わせ

Flexcom pay|日本金銭機械株式会社

日本金銭機械株式会社

出典:日本金銭機械株式会社 https://www.jcm-hq.co.jp/

Flexcom payは業界最小サイズの自動精算機です。自立タイプ・卓上タイプが選べるので設置スペースを抑えたい方には最もおすすめできる製品です。

さらに、現金・キャッシュレス決済にマルチ対応しており、そのうえで他社に比べて低コストで導入できることも魅力です。

連携に関しては電子カルテとのデータ連携前提の製品となります。多くのレセコン・電子カルテ電子カルテと連携可能です。

標準色のピンク以外に、オプションで5色から選ぶことができます。

Flexcom pay|日本金銭機械株式会社の比較ポイント

  • 業界最小のコンパクトサイズ、卓上設置も可能
  • 導入しやすいローコスト設計
  • 英語対応・充実の全国サポート体制で運用も安心!

製品情報

サイズ 自立型:W360×D250×H1525mm
卓上型:W360×D250×H798mm
重量 自立型:約49kg /卓上型:約30.4kg
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法 クレジットカード、電子マネー、コード支払い
価格 要お問い合わせ

クリニックキオスク

クリニックキオスク

出典:クリニックキオスク https://clinickiosk.biz/service/clinickiosk/

クリニックキオスクは、約1,000件の導入実績を誇るクリニック専門の自動精算機です。小規模なクリニックでも導入できるように奥行きが30cmあれば設置可能で、床の増強工事なども必要ありません。

操作性に優れており、画面に操作説明が表示されるため、初めて自動精算機を操作する方でも安心して利用できます。

また、スマホアプリ、診察券、チケットなどのQRコードやバーコード読み取りによる患者様の識別が可能です。

価格:要問い合わせ

クリニックキオスクの比較ポイント

  • 95%以上の電子カルテ・レセコン標準連携
  • その日の入金確認が可能
  • 領収書、明細書の印刷・発行機能が搭載

製品情報

サイズ
重量
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法 クレジットカード
価格 要お問い合わせ

ハヤレジ株式会社

ハヤレジ株式会社

出典:ハヤレジ株式会社 https://clinics-cloud.com/karte/cooperation/33

ハヤレジスタンドを導入することで、請求情報の読み込みや釣銭の計算を自動で行うため、違算による会計ミスを防止することが可能です。

そのため、スタッフと患者様の間で金銭トラブルがなくなり、レジ締め作業の負担軽減にも繋がります。

また、準備金の計数を自動化しているため、スタッフは紙幣と硬貨を投入するだけでレジ立ち上げが可能になり、日々のストレスから解放されます。

価格:要問い合わせ

ハヤレジ株式会社の比較ポイント

  • 準備金の計数を自動化してレジの立ち上げ負担を軽減
  • 金銭管理を自動化してレジ締めの負担を軽減
  • 両替機能を搭載

製品情報

サイズ W536×D490×H1400mm ※突起部:約120(D)mm
重量 約89.8kg
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法 クレジットカード
価格 要お問い合わせ

株式会社BeOPT

株式会社BeOPT

出典:株式会社BeOPT https://pharmacube.jp/

ファーマキューブは、保険薬局運用に特化した自動精算機で、処方箋やOTCへの対応もしています。

また、OTCや物販の商品もバーコード読み取りで会計情報を反映させられるため、通常の保険の支払いと同時に会計することが可能です。

保険と自費と分けてデータを管理できるので、大幅な会計業務削減を実現しています。これにより、薬剤師が本来行うべき服薬指導に時間を割くことができます。

価格:要問い合わせ

株式会社BeOPTの比較ポイント

  • 電子薬歴システムと95%以上連携が可能
  • 締め作業削減による残業時間の縮小
  • 導入前に現場で運用フローの整理から充実したトレーニングで安心のサポート

製品情報

サイズ
重量
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法 クレジットカード
価格 要お問い合わせ

株式会社モリタ

株式会社モリタ

出典:株式会社モリタ https://www.dental-plaza.com/article/automatic_change_machine/features/

セルフレジ380シリーズの特徴は、駅の券売機や自動販売機などと同じ紙幣挿入方式を採用しているため、患者様が使いやすく馴染みのある入金が可能です。

突然のエラーにも、アニメーションでエラーの解除方法がわかりやすくガイダンスされるので、安心して対処することができます。

また、釣銭機の稼働履歴が確認できるため、万が一のトラブルにも状況確認を速やかに行うことが可能です。

価格:要問い合わせ

株式会社モリタの比較ポイント

  • 入出金ガイドランプを搭載で入手金部分がわかりやすい
  • エラー発生時でもアニメーションの解除方法に沿ってエラーに対処できる
  • 釣銭機の内部の装置監視機能を搭載

製品情報

サイズ W560×D600×H1240mm
重量
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法
価格 要お問い合わせ

株式会社インテクア

株式会社インテクア

出典:株式会社インテクア https://www.intequa.jp/smasel.html

インテクアのスマセルシリーズには、セルフ入金機と自動精算機があります。業務の状況、クリニックのスペースに合わせて選ぶことで、業務負担の軽減につながります。

中でもSMASEL R2は、大型タッチパネル搭載をしており、患者様が快適に利用できるように高い操作性を提供することが可能です。

また、自立式の自動精算機ながら、スリムなデザインで安全性に配慮した転倒防止板を設置しているので、患者様は安心して利用ができます。

価格:要問い合わせ

株式会社インテクアの比較ポイント

  • シンプルな画面構成と大きな画面で操作性に優れている
  • 釣銭機自体に金銭の計数をする機能が搭載
  • 防盗性の高いユニット

製品情報

サイズ
重量
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法 クレジットカード、電子マネー、QRコード決済
価格 要お問い合わせ

島津メディカルシステムズ

島津メディカルシステムズ

出典:島津メディカルシステムズ https://www.shimadzu.co.jp/ms/products/merc.html

島津メディカルシステムズのMer’C(メルシー)は、小規模なクリニックでもカウンターなどに設置できる幅46cm×高さ62.6cm×奥行32cmのコンパクトなサイズが特徴です。

機器の取り扱いに慣れていない患者様でも操作しやすいように、画面表示と音声案内に従って操作するだけで簡単に会計を済ませることができます。

また、会計システムや電子カルテなどの上位システムと連携することで、請求金額を正確に表示することも可能です。

価格:要問い合わせ

島津メディカルシステムズの比較ポイント

  • 省スペースでも設置可能
  • 画面表示と音声案内でスムーズな会計業務が可能
  • 会計システムや電子カルテと連携

製品情報

サイズ
重量
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法
価格 要お問い合わせ

オーミケンシ

オーミケンシ

出典:オーミケンシ http://www.omic-net.com/SI/hc.html

オーミケンシの自動精算機は自立式、卓上サイズとさまざまなタイプを取り扱っており、クリニック業務状況や規模に合わせて導入することが可能です。

再来受付機能と自動発行機能を1台に搭載しているため、患者様の来院から精算までの業務がスムーズに行え、スタッフの業務負担軽減につながります。

また、クリニックの環境に合わせたカラーコーディネイトが可能です。

価格:要問い合わせ

オーミケンシの比較ポイント

  • 再来受付機、自動発行機を搭載
  • クリニックに合わせたサイズの自動精算機の導入が可能
  • 環境に合わせたカラーコーディネイトが可能

製品情報

サイズ
重量
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法 クレジットカード
価格 要お問い合わせ

日立チャネルソリューションズ

日立チャネルソリューションズ

出典:日立チャネルソリューションズ https://www.hitachi-ch.co.jp/products/payment/001/index.html

自動精算機の導入にあたって、設置場所をどうするか迷う方もいらっしゃいますが、「卓上設置」「カウンター設置」「自立設置」の3タイプから選択できる点が魅力です。

高齢の患者様でも操作できるように分かりやすいボタンを表示し、大きな文字を配置することでスタッフの介在を減らすことができます。

また、感染症対策に力を入れており、タッチパネルに触れずに操作が可能な「空中入力装置」を搭載することが可能です。

価格:要問い合わせ

日立チャネルソリューションズの比較ポイント

  • レセプト、電子カルテと連携
  • アニメーションで案内してくれるため操作性が単純
  • お釣りとレシートの取り忘れ防止機能搭載

製品情報

サイズ W560×D659×H580mm
重量 約65kg(本体のみ)
レセコン・電カル連携 可能
対応貨幣 紙幣:1万円、5千円、千円 硬貨500円、100円、50円、10円、5円、1円
対応キャッシュレス決済方法 クレジットカード、電子マネー、QRコード決済
価格 要お問い合わせ

株式会社寺岡精工

株式会社寺岡精工

出典:株式会社寺岡精工 https://www.teraokaseiko.com/jp/products/PRD00374/

寺岡精工のHappySelfは、対面セルフレジ、フルセルフレジ、セルフ精算機の機能が1台に集約されているのが特徴です。

混雑状況やスタッフの配置に応じて機能を変えることができます。例えば、混雑時や繁忙期は対面セルフレジとして稼働させることで精算をスピーディに行うことができます。

他にも、人手不足の時にはフルセルフレジとして稼働することで、少ないスタッフで対応することができ、状況に合わせて柔軟に対応できるのが魅力です。

価格:要問い合わせ

株式会社寺岡精工の比較ポイント

  • 対面セルフレジ、フルセルフレジ、セルフ精算機の機能が1台で使える
  • セルフチェックアウト機能によって混雑時でも少ないスタッフで対応可能
  • レジ操作が直感的で、初めての方でも扱える

製品情報

サイズ
重量
レセコン・電カル連携
対応貨幣
対応キャッシュレス決済方法
価格 要お問い合わせ

おすすめ自動精算機の比較一覧表

メーカー キャッシュレス決済の有無 連携 電子カルテ連携 サイズ
プラムスタンド レセコン - 440×500×1780
株式会社ユー・エス・ケイ レセコン 536×490×1400
オムロン - - - -
ノモカスタンドbygenova レセコン 卓上型
ノーザ(歯科向け) バーコード - 650×350×1503
アルメックス(USENグループ) レセコン&バーコード - 650×860×1770
システムギア 530×720×1550
クリニックキオスク レセコン&バーコード スタンド型or卓上型
ハヤレジ レセコン&バーコード 495×595×436
株式会社BeOPT レセコン&バーコード スタンド型
モリタ - - - 560×600×1240
インテクア レセコン 550×330×1505
島津メディカルシステムズ バーコード 460×626×320
オーミケンシ レセコン 卓上型
日立チャネルソリューションズ レセコン&バーコード 560×659×580
寺岡精工 340×760×1900

自動精算機の基礎知識

改めて自動精算機について解説します。自動精算機とは、物を買ったりサービスを受けたりして対価を支払うときに、人の手を介さずに会計を行える設備のことです。

いわゆるフルセルフレジと同様の運用方法になり、例えばクリニックの場合ですと、電子カルテやレセコンで診療の情報を入力すると支払い情報が送信され、診察券や受付票のバーコードをかざすだけで支払金額が表示されます。患者様がお金を投入すると、領収書や医療明細書を発行し、おつりがある場合は自動計算してお釣りを吐き出してくれます。

レジ関連は言葉が似ていて、自動釣銭機やPOSレジなど意味の違いが分かりづらいかと思います。それぞれの違いについていかにまとめました。

「自動釣銭機」「POSレジ」とはどう違う?

レジ関連の言葉には、「自動釣銭機」と「POSレジ」などがあります。それぞれの特徴をまとめたのが次の表です。

自動精算機 診察券を読み取るなどして自動で会計情報を取得してお客様に金額を提示し、投入された金額と照合するもの。
自動釣銭機 POSレジから受け取った会計情報を元に、おつりを自動計算しお客様に渡すもの。
POSレジ 商品情報をバーコードなどで読み取り、会計金額に反映させるもの

わかりやすく言えば、自動精算機はPOSレジと自動釣銭機の機能を兼ね備えた設備と言えます。

自動精算機と混同しやすい「自動釣銭機」は、【2022年版】自動釣銭機メーカー11社比較|価格や機能、運用方法を解説でも詳しく取り上げています。参考にしてください。

POSレジについてはPOSレジとは|仕組みや種類、おすすめメーカーまでわかりやすく解説でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

自動精算機の導入メリット

早速、自動精算機の導入メリットを中心に概要を紹介します。

自動精算機は、購入者側でバーコードのスキャンからお会計まで済ませられる仕組みです。 購入者側は、従業員と一度も接さずにお会計まで済ませることができます。

大型スーパーマーケットなどでよく見かける「商品のバーコードを自分(購入者)でスキャンしてかごに入れ、お金の支払いまで自分(購入者)で済ませる」タイプです。

最近では通常のレジか、フルセルフレジかを選べるような場所も増えています。 店員さんと接さずにお会計ができるシステムなため、コロナウイルス蔓延の影響で、今後さらなる広がりを見せるかもしれません。

主な導入メリットとして、以下3つがあげられます。

  1. 会計時の待ち時間が減り、患者満足度アップ
  2. 医療事務の業務負担軽減/人件費の削減
  3. 金銭授受のミスが減少

導入時は、キャッシュレス決済に対応可能かどうか、自院に設置できるサイズかどうか、電子カルテとの連携の有無などの確認が必要になります。

気になる価格相場は、150万円〜400万円が目安です。多くのサイトが公表している価格から、この幅くらいに収まると考えられます。

自動精算機のメリットについては、「クリニックで自動精算機を導入するメリットを解説|4種類の運用方法も紹介」でも詳しく取り上げています。参考にしてください。

自動精算機の価格相場や安く導入する方法は?

自動精算機の本体価格の相場は200万円~450万円と幅があります。初期費用には本体価格に加えて導入時のデータ連携手数料やオプション費用が発生します。ランニングコストとしては月額の保守メンテナンス費用が発生します。

その他、キャッシュレス決済を導入した場合は、決済ごとに1.5%~3.5%程度の手数料が発生します。また、高機能なPOS機能搭載の自動精算機を導入した場合はPOSの月額が発生します。

自動精算機の相場や価格については、「自動精算機の価格はいくら?|コストを抑える方法や選び方まで」でも詳しく取り上げています。参考にしてください。

コストをおさえて導入する方法は?

コストをおさえて導入する方法として、レンタル・リースや補助金を活用する手段があります。それぞれ解説していきます。

自動精算機のレンタル・リースについて

まずはレンタルとリースの違いについて解説していきます。主な違いは次の表のとおりです。

会計上の資産計上、減価償却 途中解約
リース 借り受け側 不可
レンタル レンタル会社 可能

両方とも導入時に多額の現金持ち出しをしなくて済むので、資金繰りの面では一括購入に比べてメリットがあります。

ただし、リースやレンタルの費用を長期間支払うと、最初に購入した金額を越えてしまうこともあります。初期費用を安く抑えるか、新しく購入するか、資金の状況とあわせてよく比較検討しましょう。

その他初期費用無料で月額25,000円~30,000円程度を支払うサブスクプランもあります。

自動精算機のリースやレンタルについては、自動釣銭機のレンタル・リースについてわかりやすく解説|サブスクも紹介」でも詳しく取り上げています。参考にしてください。

自動精算機の導入に活用できる補助金

自動精算機を導入するための助成金や補助金には次のようなものがあります。

  1. 働き方改革推進支援助成金
  2. 医療機関・薬局における感染対策補助金
  3. 事業再構築助成金
  4. ものづくり補助金

それぞれうまく活用することができれば、コストを大幅に抑えることができるのでチェックしておきましょう。

自動精算機の補助金・助成金について詳しくは、自動精算機・釣銭機導入時に利用したい補助金7選|申請フローも解説」で取り上げています。ぜひチェックしてみてください。

施設別のおすすめ自動精算機もチェック

セカンドラボでは、施設形態別でもおすすめの自動精算機を紹介しています。施設毎に選ぶ際に見るべきポイントが細かく違ってくるのでぜひチェックしてみてください。

病院におすすめの自動精算機

ある程度大型で高機能な自動精算機が人気です。また病院の再来受付機や案内表示システム、オンライン資格確認端末など各受付ソリューションと一体となっているもしくは連携するような機器の導入がおすすめです。

病院におすすめの自動精算機ついては、【2022】病院におすすめの自動精算機4選|選び方まで【徹底比較】」で詳しく取り上げています。ぜひチェックしてみてください。

クリニック・歯科におすすめの自動精算機

設置スペースが限られているクリニックや歯科においては、小型サイズの製品がおすすめです。床置き型と卓上型の2種類があるので自院の設置スペースに合わせて選択しましょう。

クリニック・歯科におすすめの自動精算機ついては、【2022】クリニック・歯科におすすめの自動精算機8選|選び方まで【徹底比較】」で詳しく取り上げています。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

最後に本記事のまとめです。

この記事では、自動精算機についてや選び方について解説しました。

自動精算機を導入するメリットとしては、手動を自動化することによって生じるメリットが多いでしょう。人がやっていたことを機械に置き換える訳ですから、当然のこととも言えます。

上記内容を踏まえた上で、自動精算機を選ぶ時に見るべきポイントも解説しました。

キャッシュレス決済対応の可否、レセコン連携なのかバーコード連携なのか、電子カルテ連携の有無、本体サイズなどが挙げられます。コストという点で考えれば、減価償却という形で経費として落とせます。耐用年数としては5年なため、大きな節税効果が見込めるでしょう。

最後には、実際の自動精算機のメーカーも列挙し、キャッシュレス決済の有無やレセコン連携、電子カルテ連携の有無、サイズなどの観点で比較しました。

クリニックや病院に訪れる患者様の層などによっても、導入すべき自動精算機の機種は変わってくるかと思いますので、自動精算機選択の際は是非表を参考にしてください。

今後、コロナウイルス蔓延による社会全体での変革やZ世代の増加によって、従来人力で行われていた部分の機械化が必要とされていくことが予想されます。

自動精算機に関してはもちろん、その他の部分に関しても自動化や機械化の流れは避けられないのではないでしょうか。

もちろん、病院やクリニックにとって向き不向きはあると思います。機械化するメリットやデメリットを熟考し、導入を進めていくことを強くおすすめします。本記事が検討の際の一助となることを願っております。

自動精算機選びの専門知識・時間がない方

コンシェルジュが代わりに探してご案内します!

業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

よくある質問

自動精算機の導入メリットは何ですか?
自動精算機の代表的な導入メリットは以下の3つです。 ・会計待ち時間短縮 ・医療事務の業務負担軽減 ・金銭授受のミスが減少
自動精算機を選ぶときに見るべきポイントは何ですか?
自動精算機を選ぶときに大事なのは以下の2点です。 ・電子カルテとの連携はできるか? ・サイズは?


セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.

URL:https://twitter.com/toyoda_2ndLabo

セカンドラボ株式会社の社員。病院・介護施設のDX&業務効率化オタク。実は中小企業診断士です。毎日医療福祉施設向けの製品やサービス、企業の調査研究を行っています。


フリーランスWEBライター

URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事