【2024最新】訪問診療・在宅医療でおすすめの電子カルテ10選|価格や選び方まで

更新日 2024.05.10
投稿者:豊田 裕史

在宅医療向け電子カルテの比較・選定で以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

「製品が色々あるが、どれを選んだらいいのかわからない」「多くの施設がおすすめする電子カルテを知りたい」「自院に最適な電子カルテを手っ取り早く知りたい」

こうした施設の悩み・ニーズを解決するために、本記事では「在宅医療におすすめの電子カルテの特徴や価格」をわかりやすく紹介します。

  • 価格
  • 使いやすさ
  • 訪問診療に必要な機能が搭載されているか
  • 保守・サポート力

訪問診療(在宅医療)向け電子カルテを選ぶのに大切な上記の5項目を軸におすすめの電子カルテを選定しました。訪問診療への新規参入・開業で電子カルテ選びに悩まれている先生であっても「自院に合った電子カルテ」を選んでいただけるように作成したので、ぜひご一読ください。

訪問診療向けおすすめ電子カルテの比較一覧表
製品名 モバカルネット セコムOWEL 在宅医療用クラウド型電子カルテ homis セコム・ユビキタス電子カルテ
初期費用 300,000円 500,000円~ 約300,000円(ORCA導入費用込み) 要問合せ
月額費用 50,000円 35,000円~ 算定患者数の従量課金制 要問合せ
導入形態 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型
導入実績 要お問い合わせ 要お問い合わせ 中・大規模の在宅医療クリニックを中心に150以上のクリニック 100床以上の病院での導入実績
タブレット対応
特徴 診療レポート自動作成機能、タブレット端末でも見やすい 多様な機能、1ヶ月無料 医師目線でつくられている、医療と介護の算定・保険請求をワンストップで行える アップデート不要、柔軟な連携が可能
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
\ご希望条件に合う電子カルテを手っ取り早く知りたい方は、お気軽にお問合せください/
電子カルテ選びの専門知識・時間がない方
コンシェルジュが代わりに探してご案内します!
業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

訪問診療・在宅医療向けの電子カルテとは?

はじめに、訪問診療・在宅医療向け電子カルテとはなにか、定義や主な機能、導入するメリットを解説します。

訪問診療・在宅医療向け電子カルテとは、在宅医療専門のクリニックおよび、外来と訪問診療を行うクリニック向けの機能を備えた電子カルテを指します。

訪問診療・在宅医療を標榜するクリニックが電子カルテを導入する際、通常の製品ですと「訪問先で記録ができない」という課題が発生します。

そこで、訪問診療・在宅医療向けの電子カルテでは、外出先での診療情報の記録やタブレット入力に対応しており、訪問先でいつでもカルテを確認・入力することが可能です。

また、カルテ機能以外にも、訪問スケジュールの管理や、レセプトとの連携、オーダーシステムとの連携といった各種機能を搭載しているので訪問診療・在宅医療クリニックの業務効率を向上させます。

訪問診療・在宅医療におすすめの電子カルテ11選

ここからは、訪問診療・在宅医療におすすめの電子カルテ11選を比較紹介していきます。各製品の特徴を見比べながら、自院に適したものを探してみてください。

製品は訪問診療・在宅医療クリニックの電子カルテ選定時に重要な以下の4項目を軸に、各製品を評価し11選まで絞り込みを行いました。

訪問診療・在宅医療におすすめの電子カルテ11選の評価観点

選定ポイント 具体的な内容
①価格
  • 導入価格
  • 導入後の月額利用料
  • その他保守費用・オプション料金
②使いやすさ
  • スムーズな操作が可能か
  • 直感的に操作できる画面設計になっているか
  • ITが苦手なスタッフでも操作可能か
③訪問診療に必要な機能が搭載されているか
  • 外出先でのカルテ閲覧・入力は可能か(クラウド型かどうか)
  • タブレットでの入力に対応しているか
  • 訪問スケジュール作成・ルート設計を支援する機能が備わっているか
④保守・サポート力
  • 導入前後の保守・サポート内容
  • 拠点数やサポートに対する評判

上記の観点を軸に電子カルテを以下の11選まで厳選いたしました。

モバカルネット|NTTエレクトロニクステクノ株式会社

NTTエレクトロニクステクノ株式会社

出典:モバカルネット https://movacal.net/

モバカルネットは在宅医療専門クリニックと共同開発された、在宅医療に特化したクラウド型電子カルテです。カルテや医事文書の作成を簡単に行なえるのが特徴で、電子カルテに入力するだけで同時に診療レポート(居宅療養管理指導書)が自動作成されるようになっています。また、医事文書はインターネットFAXに連携してボタンを押せば、ケアマネージャーなどにFAX送信が可能です。タブレット端末でも見やすい画面構成になっているため、出先でのカルテ作成も手軽に行なえます。

ORCA、給官鳥と連携しており請求書の一括作成も可能となっており、事務の手間を大きく削減することが可能です。未収金管理用の管理表も機能として搭載しており、各種収納代行サービスのフォーマットも搭載しており、医師だけでなく事務の側にも立った電子カルテとなっています。

モバカルネットの比較ポイント

  • カルテや医事文書の作成が簡単
  • 医事文書はFAX送信が可能
  • タブレット端末でも見やすい
  • 在宅医療クリニックの声から生まれた電子カルテ
  • 外来+在宅医療のクリニックでも活用可能

製品情報

価格 初期費用200,000円・月額50,000円
※基本5ユーザー
※アカウント追加:1ユーザー2,000円/月
導入形態 クラウド型
導入実績 要お問い合わせ
タブレット対応
訪問スケジュール作成
医療文書作成
請求書作成
特徴 診療レポート自動作成機能、タブレット端末でも見やすい

セコムOWEL|セコム医療システム株式会社

セコム医療システム株式会社

出典:セコムOWEL https://medical.secom.co.jp/it/karte/secomowel/

セコムOWELは、在宅クリニックと無床診療所に特化した電子カルテシステムです。訪問診療向けの機能が充実しており、往診スケジュールが簡単に作成できたり介護費用も含めた請求書を発行することが可能です。シンプルな画面構成になっており、簡単な操作であることを重視しています。

病院、薬局への診療情報提供書や処方箋のFAXをPC上からボタン一つで送信ができ、これまでいちいちFAXで送信していた手間を削減することができます。在宅医療に必要な文書の作成が可能です。

同社のユビキタス電子カルテに比べると、機能を制限し在宅医療を重視した電子カルテとなっています。

セコムOWELの比較ポイント

  • 訪問診療向けの機能が充実。外来+在宅医療のクリニックにおすすめ!
  • データセンター・通信・外部攻撃に対する高いセキュリティレベルを実現
  • 外出先でも利用可能!
  • 幅広いOSに対応!Windows、macOS、iPad、Androidタブレットで使える
  • 操作性がシンプルかつ直感的で使いやすいと評判

製品情報

価格 要お問い合わせ
導入形態 クラウド型
導入実績 要お問い合わせ
タブレット対応
訪問スケジュール作成
医療文書作成
請求書作成
特徴 要お問い合わせ

在宅医療用クラウド型電子カルテhomis|メディカルインフォマティクス株式会社

メディカルインフォマティクス株式会社

出典:在宅医療用クラウド型電子カルテ homis https://homis-mics.jp/

在宅医療用クラウド型電子カルテhomisは、首都圏最大級の在宅医療専門のクリニック「医療法人社団悠翔会」の医師チームとともに開発された製品です。診療現場での課題や気づきを、実際の業務にあたっている医師の目線でシステムにフィードバックしているのが特徴です。

在宅医にとって使いやすい作りになっているほか、介護保険の算定が可能で、医療と介護の算定・保険請求をワンストップで行えます。また、開発元のメディカルインフォマティクス株式会社は日医IT認定サポート事業所でもあります。レセコン「ORCA」の導入からサポートまでをワンストップで対応可能な点も、homisが支持される理由の一つです。

在宅医療用クラウド型電子カルテ homisの比較ポイント

  • 在宅医療専門のクリニック「医療法人社団悠翔会」の医師チームとともに開発
  • 介護保険の算定が可能
  • 日本全国約150以上のクリニックで利用されている

製品情報

特徴 医師目線でつくられている、医療と介護の算定・保険請求をワンストップで行える
価格
  • 初期費用:約300,000円(ORCA導入費用込み)
  • 月額:算定患者数の従量課金制
導入形態 クラウド型
導入実績 中・大規模の在宅医療クリニックを中心に150以上のクリニック
タブレット対応
訪問スケジュール作成 要お問い合わせ
医療文書作成
請求書作成

セコム・ユビキタス電子カルテ|セコム医療システム株式会社

セコム医療システム株式会社

出典:セコム・ユビキタス電子カルテ https://medical.secom.co.jp/it/karte/ubiquitous/

セコム・ユビキタス電子カルテは、セコムOWELと同じセコム医療システム株式会社が提供している製品です。セコムOWELと違い、有床の中小規模病院にも導入できます。法令改正の際、院内でのアップデート作業の必要がないため、職員の方々の負担が軽減されます。診察券発行機や予約システムなど、院内の各種システムと連携が可能です。外来、入院に関係する各種機能も取り揃えており、様々な運用方法に対応できる柔軟な電子カルテとなっています。

複数の医療機関、施設を運営している場合法人内で患者に統一IDを付与することでカルテ共有が容易に行えるようになります。データの集中管理に非常に役立つ機能となっています。

セコム・ユビキタス電子カルテの比較ポイント

  • 有床の中小規模病院にも導入可能
  • 法令改正があった場合の自動アップデート
  • さまざまな院内システムと連携可能

製品情報

価格 要問合せ
導入形態 クラウド型
導入実績 100床以上の病院での導入実績
タブレット対応
訪問スケジュール作成
医療文書作成
請求書作成 要お問い合わせ
特徴 アップデート不要、柔軟な連携が可能

エムスリーデジカル|エムスリーデジカル株式会社

エムスリーデジカル株式会社

出典:エムスリーデジカル https://digikar.co.jp/

エムスリーデジカルは、クラウド電子カルテ5年連続シェアNo.1で豊富な導入実績があります。最新AIによる自動学習機能が備わっており、シンプルな画面設計なのでカルテ記入時間を大幅に削減可能です。いままで1000施設以上、90以上のサービスや機器と連携した実績があるため、さまざまなシステムへ柔軟に連携できます。

エムスリーデジカルの比較ポイント

  • クラウド電子カルテ6年連続シェアNo.1/新規電子カルテ3年連続シェアNO.1の大人気製品
  • 初期費用無料・月額11,800円~と圧倒的低価格で導入可能
  • 最新AIによる文書入力自動学習機能が備わっており、使えば使うほど入力作業が楽になる
  • 90以上の各種サービス・機器と連携可能
  • 利用者の声を反映したアップデートをリリース以来100回以上実施。どんどん使いやすく進化する電子カルテ

製品情報

価格 初期費用0円・月額9,800円~
導入形態 クラウド型
導入実績 要お問い合わせ
タブレット対応
訪問スケジュール作成 要お問い合わせ
医療文書作成 要お問い合わせ
請求書作成 要お問い合わせ
特徴 クラウド電子カルテ5年連続シェアNo.1(m3.com調査2022年1月)、最新AIによる自動学習機能

CLIUS|株式会社Donuts

株式会社Donuts

出典:CLIUS https://clius.jp/

CLIUS(クリアス)は、約17万人の医師会員を持つ『日経メディカル開業/経営サポート』内の、電子カルテ・ICTカテゴリにて2019年の問い合わせ・資料請求数1位を獲得しています。事前カルテの記入や訪問スケジュールの管理が可能です。訪問診療に必要な機能だけでなく、有料オプションでは後払い会計機能が利用可能です。個人情報の管理は徹底されており「ISO27001」の認証取得した情報保護管理体制が整っています。そのため、患者の大切な個人情報を入念な保護のもと管理可能です。

CLIUSの比較ポイント

  • 問い合わせ・資料請求数1位
  • 有料オプションでは後払い会計機能がある
  • 情報保護管理体制が整っている

製品情報

価格 初期費用200,000円~・基本月額12,000円~(※ID数が6つ以降は別途料金発生)
導入形態 クラウド型
導入実績 要お問い合わせ
タブレット対応
訪問スケジュール作成
医療文書作成
請求書作成 要お問い合わせ
特徴 多くのクリニックに興味を持たれている、情報管理を徹底している

blanc|JBCC株式会社

JBCC株式会社

出典:blanc https://healthcare.jbcc.co.jp/product/blanc.html

クラウドカルテblancは、全国200施設以上の医療機関で導入されている、Web電子カルテ「エクリュ」の機能をベースにしています。blancでは、従来の製品よりもシンプルなデザインで、操作性の高さが魅力です。携帯電話などの回線を利用することで、場所を問わず使用できるため、訪問診療で活躍します。また、カルテ内の情報をもとに文書を自動作成する機能が備わっているため、業務効率アップを期待できます。blancでは、データを東日本と西日本に保管しており、バックアップ体制も万全です。

blancの比較ポイント

  • デザインがシンプルで操作性が高い
  • 文書作成の自動化ができる
  • 万全なバックアップ体制

製品情報

価格 要問合せ
導入形態 クラウド型
導入実績 要お問い合わせ
タブレット対応 要お問い合わせ
訪問スケジュール作成 要お問い合わせ
医療文書作成
請求書作成 要お問い合わせ
特徴 シンプルなデザイン、万全なバックアップ体制

Medicom-SK|東京メディコムホールディングス株式会社

東京メディコムホールディングス株式会社

出典:Medicom-SK https://www.tokyo-medicom.co.jp/sk.html

Medicom-SKは操作の速さが魅力の電子カルテで、30台同時接続にも耐えられるプログラムが組まれています。患者データが増えても、接続速度は遅くなりません。レセコンは、同社が提供しているシェアNo.1のMedicomが内蔵されているため、非常に利便性が高いです。

Medicom-SKの比較ポイント

  • 30台同時接続にも耐えられるプログラム
  • 患者データが増えても変わらない接続スピード
  • レセコンはシェアNo.1のMedicomが内蔵

製品情報

価格 要問合せ
導入形態 クラウド型
導入実績 要お問い合わせ
タブレット対応
訪問スケジュール作成 要お問い合わせ
医療文書作成 要お問い合わせ
請求書作成 要お問い合わせ
特徴 シェアNo.1のMedicomが内蔵、データが増えても接続速度は遅くならない

きりんカルテ|ウィーメックス株式会社

ウィーメックス株式会社

出典:きりんカルテ https://xirapha.jp/

きりんカルテは、外来にも在宅にも対応しているクラウド型電子カルテです。在宅機能はもちろん、予約機能なども標準搭載しているためさまざまな業務の効率化が可能です。在宅機能には「訪問スケジュール作成」「診療予約 カレンダー表示」「訪問施設 診療予定一括作成」「在宅医療文書」が備わっており、訪問診療に必要な機能をしっかりとおさえています。

きりんカルテの比較ポイント

  • 外来にも在宅にも対応
  • 在宅機能標準搭載
  • 予約機能もあり

製品情報

価格 初期費用330,000円・月額25,300円~・利用料0円
導入形態 クラウド型
導入実績 要お問い合わせ
タブレット対応
訪問スケジュール作成
医療文書作成
請求書作成
特徴 外来在宅に対応、在宅機能標準搭載

Zaitak Karte|株式会社アイソル

株式会社アイソル

出典:Zaitak Karte http://teamkarte.net/for-orca.html

Zaitak Karteは在宅医療・外来診療に対応したクラウド型の電子カルテです。在宅医療専門のクリニックはもちろん外来診療も合わせて電子カルテ化したい方にもおすすめです。インターネット環境があれば時間と場所を問わずさまざまなデバイスから操作が可能です。紹介状や処方箋、緊急を要する文書などをインターネットFAXで送信できます。

Zaitak Karteの比較ポイント

  • 在宅医療・外来診療どちらにも対応
  • 紹介状や処方箋をインターネットFAXで送信可能
  • 在宅医療関係の文書作成機能が充実

製品情報

価格 要お問い合わせ
導入形態 クラウド型
導入実績 要お問い合わせ
タブレット対応
訪問スケジュール作成 要お問い合わせ
医療文書作成
請求書作成 要お問い合わせ
特徴 在宅医療・外来診療どちらにも対応

CLINICSカルテ|株式会社メドレー

株式会社メドレー

出典:CLINICSカルテ https://clinics-cloud.com/

CLINICSカルテは、「患者とつながる」を目的とし、多彩な機能で患者さんの利便性を向上させるクラウド型電子カルテです。クラウド型であり、在宅医療でも有効に活用できます。

CLINICSカルテの比較ポイント

  • SSL暗号化通信+証明書認証により安心のセキュリティ
  • さまざまな機器とシームレスに接続可能
  • 経営分析機能を標準搭載

製品情報

価格 初期費用:要問い合わせ
月額:40,000円
導入形態 クラウド型
導入実績 利用医療機関数約3,000件
タブレット対応 要お問い合わせ
訪問スケジュール作成
医療文書作成
請求書作成
特徴 安心のセキュリティ
\ご希望条件に合う電子カルテを手っ取り早く知りたい方は、お気軽にお問合せください/
電子カルテ選びの専門知識・時間がない方
コンシェルジュが代わりに探してご案内します!
業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

訪問診療・在宅医療におすすめの電子カルテ一覧表

製品名 モバカルネット セコムOWEL セコム・ユビキタス電子カルテ 在宅医療用クラウド型電子カルテ homis CLIUS エムスリーデジカル blanc Medicom-SK きりんカルテ Zaitak Karte CLINICS
初期費用 300,000円 500,000円~ 要問合せ 要問合せ 200,000円~ 0円 要お問い合わせ 要お問い合わせ 330,000円 要お問い合わせ 要お問い合わせ
月額費用 50,000円 35,000円~ 要問合せ 要問合せ 12,000円 9,800円~ 要お問い合わせ 要お問い合わせ 25,300円~ 要お問い合わせ 40,000円
導入形態 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型 クラウド型
導入実績 要お問い合わせ 要お問い合わせ 100床以上の病院での導入実績 中・大規模の在宅医療クリニックを中心におよそ60のクリニック 要お問い合わせ 9,800円~ 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ 利用医療機関数約3,000件
タブレット対応 要お問い合わせ 要お問い合わせ
訪問スケジュール作成 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ
医療文書作成 要お問い合わせ 要お問い合わせ
請求書作成 要問合せ 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ
特徴 診療レポート自動作成機能、タブレット端末でも見やすい 多様な機能、1ヶ月無料 アップデート不要、柔軟な連携が可能 医師目線でつくられている、医療と介護の算定・保険請求をワンストップで行える 問い合わせ・資料請求数1位、情報管理を徹底している クラウド電子カルテ5年連続シェアNo.1、最新AIによる自動学習機能 シンプルなデザイン、万全なバックアップ体制 シェアNo.1のMedicomが内蔵、データが増えても接続速度は遅くならない 外来在宅に対応、在宅機能標準搭載 在宅医療・外来診療どちらにも対応 安心のセキュリティ

訪問診療・在宅医療向け電子カルテ選び方のポイント

ここでは、訪問診療・在宅医療向け電子カルテを選ぶ際に気を付けるべきポイントを説明します。導入を検討する際は、以下の点を注意して見るようにしてください。

  • クラウド型であること
  • タブレット対応していること
  • 価格
  • レセコンとの連携
  • 記録入力のしやすさや文書入力支援機能はどうか

クラウド型であること

訪問診療において、出先での記録は必須です。

導入する際は、インターネット環境さえあればどこでもアクセス可能なクラウド型のものを選びましょう。訪問診療向け電子カルテは、サーバーやパソコンの専門知識がなくても簡単に導入できます。

なお、今回紹介する製品はすべてクラウド型です。

タブレット対応していること

ほとんどの訪問診療向け電子カルテは、タブレット記入に対応しています。

ノートパソコンを訪問先に持っていく運用でも訪問診療は可能ですが、利便性を考えればタブレットが望ましいでしょう。たとえば、モバカルネット(NTTエレクトロニクステクノ株式会社) は、タブレット端末に適した画面設計を実現しています。訪問先に紙カルテを持参し、院内に戻って電子カルテに記入する手間から解放されます。

タブレット対応の電子カルテについてはiPadで使える電子カルテメーカー5選|導入メリットも解説 でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

価格

電子カルテの導入費用は、初期費用+月額費用の料金体系が一般的です。クラウド型の電子カルテは初期費用が抑えられる傾向にありますが、使用ID数に応じて月額料金が変わる製品もあり、外部機器との連携費用やカスタマイズなどにより、導入時の費用は変動します。

導入する際は、自院の予算と相談して必要な機能をはっきりさせた上で検討するようにしましょう。

電子カルテの価格については電子カルテ導入費用の相場はいくら?運用コストを抑える方法もでも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

レセコンとの連携

電子カルテは、自院で利用しているレセコンと連携させればより便利になります。受付や会計作業の時間短縮も期待できるので、活かさない手はありません。

しかし、メーカーのホームページを見ても自院で利用しているレセコンと連携できるかわからないケースもあります。その場合は、導入後のトラブルを避けるためにも、レセコン連携の有無を問い合わせて詳細を確認しておきましょう。

記録入力のしやすさや文書入力支援機能はどうか

訪問診療・在宅医療向け電子カルテの選び方で重要なポイントの最後は、訪問記録入力のしやすさや文書入力支援機能の使いやすさです。

訪問記録入力はPCで入力しやすいかだけでなくタブレットで利用した際にも入力しやすいかどうかという観点でチェックしてみてください。文書入力支援機能では、文章テンプレート登録やオーダーテンプレート登録機能に加えて、AI自動学習機能が搭載されている製品もあります。

AI自動学習機能では、良く入力する文書をAIが学習し、文書を提案してくれるので大幅に入力時間が削減可能です。本記事で紹介している製品ですと「エムスリーデジカル」にはAI自動学習機能が備わっています。

電子カルテ選びに迷われている方へ

コンシェルジュが無料希望条件に合う製品・メーカーを代わりに探します

訪問診療・在宅医療クリニックが電子カルテを導入するメリット

訪問診療において、電子カルテの導入はさまざまなメリットがあります。以下で紹介する4つのメリットが現実になれば、きっと今よりも働きやすい環境になるでしょう。

記録・請求業務の負担軽減

訪問先で電子カルテに入力した内容は、自動で請求書類に反映されます。そのため、転記の手間がかかりません。

また、カルテや各種文書の作成が簡単に行えるようになるため、大幅な時間短縮が可能です。月末の業務も軽減されて、院内全体の業務効率アップを期待できます。

院内外での情報共有が簡単に

電子カルテには、チャット機能が備わっているものが多いです。院内の事務から、訪問に出ている医師に連絡する際はチャット機能が役立ちます。

クラウド上で入力内容がすぐに反映されるため、迅速な情報共有が可能です。正確かつ速やかな情報伝達は、業務効率アップを図る上でも欠かせません。

画像データの取り込み

訪問診療の際、タブレットやスマートフォンで撮影した画像データは、電子カルテシステムへ取り込み可能です。

そのため、医師や他のスタッフとスムーズに画像データを共有できます。紙カルテや口頭での報告と比べて、床ずれや治療の様子などが鮮明に分かるのでより的確な診療ができるようになるでしょう。

データのバックアップ

クラウド型電子カルテは、クラウド上で顧客データを管理できます。

インターネット環境さえあれば、いつでも患者情報を確認できるため災害時でも安心して利用可能です。電子カルテのデータは、国内の拠点に保存されるのでバックアップ体制も整っています。

バックアップ等の情報セキュリティ対策については電子カルテの情報セキュリティを解説|情報漏洩の原因や対策まで でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

訪問診療・在宅医療クリニックが電子カルテを導入するデメリット

訪問診療・在宅医療クリニックにとってメリットの多い電子カルテですが、デメリットはないのでしょうか。主な導入デメリット以下が挙げられます。

  • コストがかかる
  • 電子カルテの導入に合わせて業務フローや利用するツールの調整が必要
  • 紙カルテデータの移行など導入までが大変

コストがかかる

電子カルテの導入には、導入費用・導入後の月額利用料、保守費用など、何かとコストがかかります。製品選定を間違えるとコストに見合った効果を享受できないので、慎重に検討しましょう。

電子カルテの導入に合わせて業務フローや利用するツールの調整が必要

電子カルテは訪問診療・在宅医療クリニックに限らず、医療機関におけるシステムの中心に位置します。ほとんどのツールは電子カルテと連携しして利用することになるので、電子カルテを新規導入・入れ替え導入することにより業務フローの変更や連携ツールの調整が必要になります。

紙カルテデータの移行など導入までが大変

現在、紙カルテを利用していて新たに電子カルテを導入する場合、紙カルテデータの電子カルテへの移行作業が必要です。電子カルテをリプレイスする場合でも移行作業は必要になります。その他、自院の利用方法に合わせたテンプレートの設定、製品選定など、導入までそれなりにて手間がかかり大変です。

訪問診療(在宅医療)の特徴

訪問診療や在宅医療という言葉は、よく耳にすると思いますが、概要をここで復習しておきましょう。

訪問診療(在宅医療)とは

訪問診療(在宅医療、在宅診療)とは、医療機関に通うことが難しい患者に対し、医師が定期的に自宅を訪問して経過観察や治療を行う医療行為のことです。在宅医療と訪問診療は同じ意味で使われることも多いです。正確に分類すると、訪問診療や訪問看護、訪問リハビリの総称を在宅医療と呼びます。

なお、計画的に訪問スケジュールを立てて診察しており、突発的な事態に対応する「往診」とは意味が異なります。

訪問看護でおすすめの電子カルテについては【2024最新】電子カルテ徹底比較|選び方やおすすめメーカーまで でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

高まり続ける訪問診療(在宅医療)のニーズ

国内で少子高齢化が急激に進む中、訪問診療のニーズは高まっています。以下のグラフは、厚生労働省が公表しているものです。

在宅医療患者数

出典:平成29年(2017)患者調査の概況

在宅医療を受けた外来患者数の推計値は、2017年(H29年)で約180万人。1996年(H8年)と比べると、2倍以上になっていることがわかります。

高齢者の数が増え続け、身体に不調を抱える高齢者が増えても、その全員が病院で診察を受けられるわけではありません。病床数にも限りがあります。 そのため、医療機関に行くことなく診療を受けられる在宅医療のニーズは、今後も高まることが予想されます。

まとめ

訪問診療向け電子カルテを導入すれば、大幅に業務を効率化できるでしょう。

クラウド型電子カルテの最大の魅力は、スマートフォンやタブレットを持っていくだけでどこでも簡単に記録ができる点です。導入のメリットや電子カルテを選ぶポイントをおさえた上で、それぞれの訪問診療向け電子カルテを比較してみてください。

きっと自院に適した訪問診療向け電子カルテが見つかるでしょう。

クラウド型電子カルテについては【2024最新】電子カルテ徹底比較|選び方やおすすめメーカーまで でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

\ご希望条件に合う電子カルテを手っ取り早く知りたい方は、お気軽にお問合せください/
電子カルテ選びの専門知識・時間がない方
コンシェルジュが代わりに探してご案内します!
業界に精通したコンシェルジュが、希望条件をお伺いし、ピッタリなメーカー・製品をご案内。時短&手間ナシで情報収集が可能です。相場観や補助金情報などのご質問にもお答えします。

中小企業診断士
セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.
URL:https://note.com/2ndlabo/n/n949eaa3e9d69

北海道大学を卒業後、医療機器の営業として6年間勤務。外科、整形外科、泌尿器科領域を中心に民間・国公立の病院を担当。2020年よりセカンドラボ株式会社に入社。医療福祉施設の課題解決プラットフォーム「2ndLabo」にて各種ITツール、医療機器の導入支援、クリニック開業支援に従事。

2ndLaboのサービスを通じて、これまで1,000件を超えるサービス導入支援・開業支援を担当。得意分野は、電子カルテ、介護ソフト、各種医療機器。

関連記事

PAGE TOP