開業医(クリニック経営)の悩みを解決するには?よくある事例も紹介

更新日 2023.11.16
投稿者:豊田 裕史

開業医は、多くの悩みを抱えています。これは避けられないことであり、悩みに直面したとき、その都度対応していかなければなりません。

今回の記事では、開業医の悩みに関して深堀し、どのように解決するかを解説していきますので、参考にしてみてください。

クリニック開業のご相談はこちら
  • 「勤務医として働きながら膨大な準備や情報収集、情報の精査をするのは大変」
  • 「そもそも何から手を付ければいいのかわからない」
  • 「大きな決断となる医院開業。信頼できる企業にコンサルティングを依頼したい」

現在、上記のようなお悩みをお持ちでしたら、ぜひとも私たち「2ndLabo」にご相談ください。開業に必要な情報をまとめた業界最大級の独自データベースとコンシェルジュの知見で開業準備、そして開業成功に向け伴走いたします。

相談は無料です。コンサルティング会社を複数比較したい、開業準備や計画に対するアドバイスが欲しいなど、何でもお気軽にお問い合わせください。
特典資料「時期別!クリニック開業までのやることリスト全まとめ」もプレゼント中です。

無料相談はこちら
目次

開業医の悩みとは

開業医になると、勤務医時代にはなかった問題に直面することがあります。開業医の悩みの多くは、ヒト・モノ・カネのいずれかです。優秀な人材を確保できなかったり、離職率が高かったりと、ヒトに関する悩みは多いです。

また、集患が上手くいかない場合もあり、日々多忙の中、経営状況をしっかりと把握できていない開業医は少なくありません。自身ですべての問題を抱えて疲弊している方も多いでしょう。

開業医が抱える悩みの種類

ここでは、開業医が抱える悩みの種類を解説していきます。

【ヒト】スタッフや患者との人間関係に関する悩み

ヒトに関しては、スタッフの採用や教育、人事評価や労務管理・患者のクレームや信頼関係などです。たとえば、採用したスタッフが短期間で辞めてしまうことは珍しくありません。

しかし、それでは一向に業務効率は上がらないです。また、医師が患者を大切にしていたとしても、スタッフの対応が悪く、クレームを受けることもあります。

このように、開業医のヒトに関する悩みは尽きません。

【カネ・モノ】経営や診療に関する悩み

カネ・モノに関する悩みでは、売上・利益の低下や競合との差別化、診療報酬制度の変更・医療事故や訴訟などがあります。想定していた売上・利益を得られないことは珍しくありません。患者満足度が低く、集患が上手くいかないと、売上は増えていかないでしょう。

また、競合との差別化をしようにもアイデアがないという方も多いです。モノに関しては、機材トラブルやIT化に対応できていないなど、悩みをあげたらきりがないという開業医も少なくありません。

自分自身に関する悩み

その他、メンタルヘルス・ストレスやキャリア・将来設計、ライフワークバランス・家族関係など、自分自身に関わる悩みを抱える開業医も多いでしょう。

仕事とプライベートのバランスをとるために開業医になったものの、理想とのギャップに悩んでいる方も少なくありません。

集患・経営に関する悩み

ここでは、ヒト・モノ・カネの中で、多くの開業医が直面するカネの問題を深掘りしていきます。

立地が悪い場合

クリニックの集患において、立地は非常に重要です。たとえば、駅から近かったり、競合が少なかったりする場合は、立地がいいと言えるでしょう。逆に、駅から遠く、近隣に競合が多い場合は立地が悪く、集患が難しくなります。また、近隣に競合が少なくても、目立たない場所にあったり、人通りが少ない場所にあるクリニックも集患は容易ではありません。

webでの情報発信が少ない

多くの患者は、来院前にホームページを確認します。そのとき、ホームページが整えられていなかったり、ほとんど更新されていなかったりすると、良さや魅力を感じてもらえません。

また、最近では集患にSNSを活用するクリニックも多く、院内の様子や臨時休診などの情報をリアルタイムで更新しています。

患者が来なくて暇なとき、バイトしても良いの?

開業直後、患者が来ないからといって、アルバイトで収入を確保しようとするのは、かえって事態の悪化を招く可能性があります。休診の間に、新規の患者様が訪ねてくる可能性はゼロではありません。アルバイトにより一時的な収入は手にすることが出来ますが、新規の患者様獲得の機会損失となってしまいます。収入に関して不安な気持ちになるのは分かりますが、いつ患者様が訪ねてきても、対応可能な状態であることが大切です。

開業医の悩みに伴うリスク

開業医が抱える悩みは、自分だけで抱え込んだり、解決策が見つからなかったりすると、深刻な問題に発展する可能性があります。自分の健康・幸福感や経営・診療の質、スタッフや患者との関係性などに悪影響を及ぼすことも少なくありません。

最悪の場合、開業医を辞めたくなることもあり、うつ病・自殺などの危険な状況に陥ることもあるので注意しなければなりません。

開業医の悩みを解決するための5ステップ

ここでは、開業医の悩みを解決するための5ステップを順番に解説していきます。

  • ステップ1:自分の悩みを整理する
  • ステップ2:信頼できる相談相手や支援サービスを探す
  • ステップ3:自分のメンタルケアや自己管理を徹底する
  • ステップ4:経営や診療に関する改善策や学習方法を見つける
  • ステップ5:自分の目標や価値観に沿った開業医ライフを実現する

ステップ1:自分の悩みを整理する

まずは、自分が何に対して、どんな感情や思考を持っているかを明確にしましょう。その上で、自分が抱えている問題を具体的に定義し、優先順位をつけていきます。解決したい目標や期待する結果を明確にすることで、行動が変わっていくのです。

ステップ2:信頼できる相談相手や支援サービスを探す

自分の悩みを整理したら、理解や共感を示してくれる人や、専門的な知識・経験を持っている人に相談するのがいいでしょう。

開業医向けのコンサルタントやコーチ・メンター・カウンセラーなどのプロフェッショナルによる支援サービスを利用するのが有効です。開業医同士の交流会や勉強会、セミナーや研修などのネットワーキングの機会を活用するのもいいかもしれません。

ステップ3:自分のメンタルケアや自己管理を徹底する

自分の感情やストレスを適切にコントロールし、ポジティブな気持ちを保てるようにしましょう。体調や健康に気を配り、十分な睡眠・休息、適度な運動や栄養をとることが大切です。

また、自分の時間やクリニックの予算を管理し、効率的に仕事をこなせるように工夫しなければなりません。自分の趣味や楽しみ、家族や友人との時間を大切にできるように考える必要があります。

ステップ4:経営や診療に関する改善策や学習方法を見つける

  • 自分の経営や診療の現状を客観的に評価し、強みや弱み、問題点や改善点を把握する
  • 自分の経営や診療の目標や戦略、計画や予算を明確に設定し、実行する
  • 自分の経営や診療に関する知識やスキル、ノウハウを学ぶために、書籍や雑誌、ウェブサイトや動画などの情報源を活用する
  • 自分の経営や診療に関する成果や効果、反応やフィードバックを測定し、分析し、改善する

ステップ5:自分の目標や価値観に沿った開業医ライフを実現する

開業医としてどんな役割や責任、使命やビジョンを持っているかを明確にすることが重要です。価値観・信念・理念・哲学などをはっきりさせるといいでしょう。

また、目標・夢・希望・野望を整理して、どのようなライフスタイルやキャリアパス、将来像を抱いているか紙に書きだしてみることで、イメージが具体的になり、やるべき行動が見えてきます。

クリニック経営に関する本を読む

解決策を本に求めるのも健全な考え方です。クリニック開業に関する本は複数あり、悩みを解決してくれることも書いてあるので、有効に活用してみましょう。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

開業医の悩みを予防するための対策

ここでは、開業医の悩みを予防するための対策について解説していきます。

開業前にしっかりと準備や計画をする

まず、開業前に先を見据えた準備や計画を立てるようにしましょう。コンセプトや方針を明確にし、集患対策や人材確保を行っていきます。

最初の段階で準備や計画を疎かにしてしまうと、開業後の経営は難しくなってしまうでしょう。逆に言えば、開業前にいかに入念に準備や計画を立てるかで、開業後の状況は変わってきます。

開業後も学び続ける姿勢をもつ

開業前は多くのことを学んでインプットしていても、開業後は日々の業務に追われて学ぶ姿勢が失われていくことは少なくありません。

しかし、それでは最新の情報を得ることができず、成長が止まってしまいます。開業前だけではなく、開業後も継続的に学ぶ姿勢が、クリニック経営においては重要です。

開業後にスタッフと積極的にコミュニケーションをとる

開業後は、スタッフと積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。仕事を覚えてもらい、丁寧な対応をしてもらうには、スタッフのモチベーション管理が大切になってきます。

なかには、業務の中で悩みを抱えていたり、プライベートのことで悩んでいるスタッフがいるかもしれません。そのような変化を察して、声をかけてあげることも院長の仕事です。

まとめ

ここまで解説してきたように、開業医の悩みはヒト・モノ・カネに集約されており、その種類は様々で複雑です。しかし、開業前の準備や計画をしっかりと行い、開業後も学ぶ姿勢を失わなければ、多くの問題は解決できるでしょう。

簡単ではないかもしれませんが、院長であり経営者でもある以上、開業医は悩みを抱えなければなりません。どうにもならない時は、思い切って周りに相談したりして頼るのもいいでしょう。

悩みを抱えている開業医の方は、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

クリニック開業関連コンテンツ一覧

クリニック開業のご相談はこちら
  • 「勤務医として働きながら膨大な準備や情報収集、情報の精査をするのは大変」
  • 「そもそも何から手を付ければいいのかわからない」
  • 「大きな決断となる医院開業。信頼できる企業にコンサルティングを依頼したい」

現在、上記のようなお悩みをお持ちでしたら、ぜひとも私たち「2ndLabo」にご相談ください。開業に必要な情報をまとめた業界最大級の独自データベースとコンシェルジュの知見で開業準備、そして開業成功に向け伴走いたします。

相談は無料です。コンサルティング会社を複数比較したい、開業準備や計画に対するアドバイスが欲しいなど、何でもお気軽にお問い合わせください。
特典資料「時期別!クリニック開業までのやることリスト全まとめ」もプレゼント中です。

無料相談はこちら

中小企業診断士
セカンドラボ株式会社 PR Solution Div.
URL:https://note.com/2ndlabo/n/n949eaa3e9d69

北海道大学を卒業後、医療機器の営業として6年間勤務。外科、整形外科、泌尿器科領域を中心に民間・国公立の病院を担当。2020年よりセカンドラボ株式会社に入社。医療福祉施設の課題解決プラットフォーム「2ndLabo」にて各種ITツール、医療機器の導入支援、クリニック開業支援に従事。

2ndLaboのサービスを通じて、これまで1,000件を超えるサービス導入支援・開業支援を担当。得意分野は、電子カルテ、介護ソフト、各種医療機器。


フリーランスWEBライター
URL:https://twitter.com/kakeru5152

元高校国語教師。3年ほど教育現場で働き、フリーランスWEBライターとして独立。様々なメディアで記事を制作。ディレクターとしても活動。個人でブログも運営しており、情報発信も行なっています。

関連記事

PAGE TOP